チャールズ皇太子が楽しんだ料理をもとに構成した「令和記念メニュー」を発表 ホテルニューオータニPR

開業55周年を迎えたホテルニューオータニ(東京都千代田区)は、来年4月1日から「令和記念メニュー」の提供を開始する。即位の礼に伴い開かれた晩餐(ばんさん)会のメニューを基本にしたもので、結婚式やパーティーなどでの利用を想定。同ホテルの幕張(千葉市美浜区)、大阪(大阪市中央区)でも販売する。

即位の礼に伴う晩餐会メニューを再現

「令和記念メニュー」は11月22日、ホテルニューオータニの「芙蓉(ふよう)の間」での発表会にて公開された。同ホテルでは10月23日、英国のチャールズ皇太子ら、即位の礼に出席した各国の王族や国内外の要人を招いた晩餐会が行われた。その時とほぼ同じ料理で構成されている。

コンセプトは、どこから見ても澄み切っていることを意味する「八面玲瓏(れいろう)」。清水肇総支配人は「料理が好評で、お祝いの席に向いているとのことで、ホテルのお客様にもお召しあがりいただけることになりました」と説明した。

メニューは4皿構成で、料金は1人2万3000円(税・サービス料別)を予定している。歴史や四季の自然を伝える和の食材に、洋の食材を取り入れ、ホテルの半世紀以上の伝統と、新しい時代に向けた先進的な精神を象徴。器にも、晩餐会と同様に特製の有田焼を使用している。

チャールズ皇太子が楽しんだ料理をもとに構成した「令和記念メニュー」を発表 ホテルニューオータニ

「珠玉の美味極み前菜 悠久の巌盛り」

始まりの一皿は「珠玉の美味極み前菜 悠久の巌盛り」。エビ、アワビ、タラなど縁起の良い和洋折衷の食材を華やかに仕上げた8品。夫婦円満を表すとされるハマグリをぜいたくに使った「プレミアム出汁(だし)スープ」が添えられている。

チャールズ皇太子が楽しんだ料理をもとに構成した「令和記念メニュー」を発表 ホテルニューオータニ

「仔羊(こひつじ)と黒トリュフの華麗なるパイ包み焼き Jシリアルリゾット添え 紫蘇香るソースとともに」

メインは、赤い皿が鮮やかな「仔羊(こひつじ)と黒トリュフの華麗なるパイ包み焼き Jシリアルリゾット添え 紫蘇香るソースとともに」。肉のうまみをパイで閉じ込め、付け合わせには栃木県の無農薬野菜を使い、リゾットは岩手県産の雑穀米をサフランで味付けした。(肉はビーフなどへの変更も可能)

続いて「海鮮バラちらし」は、シックな有田焼の器のふたを開けると、12種類のネタが宝石のようにきらめく。シジミのすまし汁との相性も抜群だ。

チャールズ皇太子が楽しんだ料理をもとに構成した「令和記念メニュー」を発表 ホテルニューオータニ

「和栗のモンブラン仕立て 八丈島ジャージーミルクジェラート添え」

秋のデザート「和栗のモンブラン仕立て 八丈島ジャージーミルクジェラート添え」は、同ホテルのパティスリーSATSUKIの人気スイーツと同じ国産和栗のマロンペーストを使用。春はマスクメロン、夏はマンゴー、冬はあまおうと、季節に合わせたデザートを提供する予定。

ホテルニューオータニは1964年、東京五輪開催に伴う宿泊施設不足を補うべく、国家の要請を受けて開業。世界初のユニットバスや、富士山を望む回転展望ラウンジなど、当時の最新技術が導入された。55周年を記念して「芙蓉の間」をリニューアルするなど、2度目の東京五輪を迎える準備を進めている。

チャールズ皇太子が楽しんだ料理をもとに構成した「令和記念メニュー」を発表 ホテルニューオータニ

芙蓉の間

あまおう尽くしのビュッフェを金曜夜も開催

同ホテルでは、来年3月末までの期間限定で、旬の福岡県産「博多あまおう」のスイーツとサンドイッチのビュッフェを開催する。ショートケーキやロールケーキ、ゼリーなどで、あまおうを思う存分堪能できる。

チャールズ皇太子が楽しんだ料理をもとに構成した「令和記念メニュー」を発表 ホテルニューオータニ

2020年1月15日からは「新・ホテルでいちご狩り」と題し、厳選したいちごのスイーツの食べ比べも

日本庭園を一望する「ガーデンラウンジ」で、11時30分から14時30分(土日祝は15時)まで実施する。こちらから予約も可能。

来年の1月10日からは、金曜日限定でナイトタイム(18時~21時)にもビュッフェを楽しめる。週替わりに登場するDJによる音楽のもと、ピエール・エルメ・パリがあまおうを使って手掛けた「ソフトクリームセレスト」などを提供。また、ロゼスパークリングワイン5種類を飲み比べできるプランも用意している。

幕張、大阪でも開催の予定。詳しくはニューオータニホテルズへ。

再び「12万円で世界を歩く」カナダ北極圏編5

TOPへ戻る

ポートランドから行く、「全米ロマンティックな海岸10選」のキャノンビーチ

RECOMMENDおすすめの記事