1日1旅

タイ、ピンク一色のお屋敷「ウォンブリー・ハウス・ミュージアム」

ピンク一色の建物の外観や内装に思わず息をのんだ。100年ほど前、プレー県を統治した最後の王族が暮らした邸宅を博物館にした「ウォンブリー・ハウス・ミュージアム」。王妃が親族の結婚祝いのために邸宅をパステルピンクに塗らせたとか。細かい木彫り装飾、当時の家具や調度品が目を引く。ピンクの家に住むのは慣れるまで落ち着かなそうだ。

(タイ・プレー)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

飛行機から一望できる小さな村、ボリビア・コルチャニ村

一覧へ戻る

百面相のように表情を変えながらメイクする台湾の京劇

RECOMMENDおすすめの記事