クリックディープ旅

再び「12万円で世界を歩く」中国・長江編2

日本から中国の長江がはじまる宜賓(イーピン)まで、約30年前の船旅のルートを辿(たど)る、再び「12万円で世界を歩く」中国・長江編の2回目です。前回は大阪から日中国際フェリー「新鑑真」に乗って上海まできました。今回は武漢(ウーハン)を目指します。しかし、早くも船が……。

(*本記事は、約3カ月前の旅の記録です)

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。
現在、約30年前に発刊された『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)と同じルートを再び辿(たど)る旅を紹介しています。

(写真:阿部稔哉)

上海から武漢へ

上海から武漢へ。再び「12万円で世界を歩く」中国・長江編2。

日本から延々と船に乗り、中国の長江がはじまる宜賓をめざす。1990年に発刊された『12万円で世界を歩く』では、そのルートを旅している。そしてすべて船を使い宜賓に到達している。そのルートを約30年後のいま、辿ってみる旅がはじまった。1回目は大阪から上海まで。当時は鑑真という船だったが、いまは新鑑真。約30年前と同じ運賃で運航していた。海も荒れず、順調な航海。大阪を発ってから3日目に上海に着いた。ここから長江をさかのぼることになるが、約30年前に乗った武漢行きは、すでに運航をとりやめていた。しかたなく武漢まで列車で進むことになった。

今回の旅のデータ

中国の列車の切符は、駅や市内の販売所で買うことができる。しかし日本語はもちろん、英語もあまり通じないと思ったほうがいい。日本人ならメモに書き込む筆談がスムーズ。たとえば、武漢に行きたいときは、日付、目的地、クラス、席数の順に「〇月〇日 至武漢 硬臥 2張」と書く。中国の列車の座席は4クラスに分かれている。1等寝台が軟臥、1等座席が軟座、2等寝台が硬臥、2等座席が硬座。事前にネットで買うこともできる。今回はTrip.com(トリップドットコム)というサイトで買った。ネットで送られてくるのは引き換え証。それを持参し、駅の窓口で切符を発券してもらう。

長編動画

上海南駅を列車が発車してからの1時間を。しだいに日が落ちていく夜行列車旅。物売りの声も味わい深い。

短編動画

発車前の上海南駅周辺や待合室を。そして列車でのひと晩が明けた朝の車内を。

上海から武漢へ「旅のフォト物語」

Scene01

外白渡(ワイバイドゥ)橋。上海

上海で日本人バックパッカー御用達宿だった浦江(プージャン)飯店の手前が外白渡(ワイバイドゥ)橋。1856年にできたウィルズ橋が前身。欧米列強の租界をつなぐ橋だったが、いまの上海っ子にとってはただのレトロな橋? 結婚式の前撮り組が集まっていた。しかしこの衣装、とっても高そう。

Scene02

上海。外白渡橋

上海は中国人にとって、観光で訪れたい街の上位にランクされる。外白渡橋を手前に入れて、バックに高層ビル群というアングルがお気に入りらしい。この近辺には、租界時代の建物もいくつか残っている。観光客はスマホでの撮影に忙しい。ライトアップされる夜は、上海おのぼりさんがもっと増えるとか。

Scene03

地下鉄に乗って上海南駅へ

約30年前は、黄浦(ファンプー)江に沿った十六鋪(シーリウプー)から武漢行きの船に乗った。しかしその船はすでになかった。上海在住の日本人が教えてくれた。で、地下鉄に乗って上海南駅へ。武漢までは中国の新幹線もあったが、その日の夜に着いてしまう。夜行列車なら翌朝。ホテル代が浮く。今回も予算は12万円です。

Scene04

上海南駅を前に

列車はどこから出るのだろう。そもそも線路はどう敷かれている? 上海南駅を前に首をかしげる。駅舎が円形なのだ。はじめはサッカースタジアムかと思った。鉄道職員はその使い勝手の悪さに嘆いているんじゃない? 斬新な設計を前に悩んでしまう。切符売り場は奥なのか右なのか。表示も難しい。とにかく円形ですから。

Scene05

上海南駅から武昌駅までの切符

中国の駅で切符を買うとき、腹に力を入れるのが常だった。筆談で切符を買う僕は時間がかかる。列の後ろからは、「早くしろ!」と声がかかり、切符を売る職員は中国語攻勢。そのプレッシャーに耐えなくてはならないからだ。そこで今回はネットで切符を買った。長い列に並び、引き換え証を切符に換えなければならないが、発券はスムーズ。心穏やかに切符を手にした。

Scene06

上海南駅の外国人用通路

いまの中国はどこに行ってもIDカード。切符の購入、待合室への入場……。IDカードをかざさないとゲートが開かない。カードをなくしたら、もうお手あげのシステムだ。その流れからはじかれるのがパスポートしかない僕ら。外国人用通路を探すのに時間がかかる。駅舎内も円形ですから。

Scene07

上海南駅のセキュリティーチェック

上海南駅のセキュリティーチェックは、飛行機より厳しかった。ライター没収は当然。軒並み引っかかっていたのが女性の化粧品。成分までチェックする。半数近くが没収されていた。見かけた中国人女性は高額化粧品を持っていたよう。悔しそうに公安の指示に従っていた。化粧品爆弾が中国にはあるんだろうか。

Scene08

上海南駅のカップ麺立ち食いコーナー

中国人の国民食といったら、豆乳やおかゆではなくカップ麺といってもいいほど。列車に乗るときは、カップ麺スイッチが入ってしまうのか、多くの客が持参する。発車を待ちきれなくなった男性は、待合室のトイレ脇につくられたカップ麺立ち食いコーナーへ。中国で1日に消費されるカップ麺は億単位のはず、と心の中でつぶやく。僕らの食料は次の写真で。

Scene09

中国人大好きセット

僕らの食料もカップ麺。列車には必ず給湯器があるので、高い駅弁を買わずにすむ。カップ麺といえば、ソーセージと一緒に食べるのが中国人大好きセット。それにビールとつまみがあれば、中国の列車旅は充実する……と思ってしまう僕は、中国列車にかなり染まっていますなぁ。反省はするのですが、買うものはいつも同じ。

Scene10

襄阳東(シャンヤントン)行きの列車

乗り込んだ列車は湖北省の襄阳東(シャンヤントン)行きだった。その途中の武昌(ウーチャン)駅で降りる。武漢は1000万都市。武昌、漢口(ハンコウ)という大きな駅と、高速鉄道専用の武漢駅がある。到着は朝の7時。乗りすごす? 心配ありません。中国の列車は車掌がやや手荒ですが、起こしてくれます。

Scene11

乗車した硬臥という2等寝台

乗ったのは硬臥という2等寝台。3段ベッド3床がひとつのユニットになっている。運賃は約3930円だった。僕らが寝たのは中段だった。反対側の窓際の壁に沿って椅子がふたつ。ここが硬臥車両の特等席だと思っている。車窓風景を眺めながらぼんやりできる。そこに座ってベッド側を見ると、こんな感じです。

Scene12

武昌駅構内にて。中国のファストフード

武昌駅に着いた。駅構内のファストフードチェーンで朝食。これは阿部カメラマンが食べた豆乳と中国式ラップ、目玉焼きで17元、約277円。急激に増えた中国のファストフード。価格競争が激しい。味も進化している。約3カ月前の武漢は、新型コロナウイルスが原因の肺炎をまだ知らない。穏やかでした。

Scene13

横浜正金銀行があった建物

武昌駅から地下鉄で長江に沿った武漢港に向かう。ターミナルめざして沿江大道(イエンジャンダーダオ)を歩いていると、一対のライオン像。見あげるほど立派な石づくりの建物。その脇に、プレートが。現在の三菱UFJ銀行の前身、横浜正金銀行の建物でした。かつて武漢の中心はこのあたりだったらしい。

Scene14

武漢港ターミナルの入り口

ここが武漢港ターミナルの入り口。人がほとんどいない。長江に沿った公園では家族連れが遊んでいる。なんだか拍子抜け。約30年前、このターミナルの記憶はないが、周辺は人であふれていた。切符を手に入れようと、人々は殺気だっていた。この港から重慶までの船はなくなってしまったんだろうか。不安が膨らむ。

Scene15

武漢港ターミナル内のカウンターにて

ターミナルのなかは閑散としていた。カウンターがいくつかあり、重慶までの船を聞くと、「ありません」との答え。別のカウンターへ行くと、このふたりが親切に教えてくれた。やはり船はなかった。ここで扱うのは、長江の観光船だけだった。「でも、宜昌(イーチャン)からはあります」「確実に?」「確実にあります」。宜昌に向かうことになった。

【次号予告】次回、武漢から宜昌、太平渓村へ。(長江編3以降は、しばらく配信を見合わせます。中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が集団発生している問題で、日本政府が「感染症危険情報」を、1月23日には武漢市に限定して不要不急の渡航をやめるよう求める「レベル2」に、24日には湖北省を「レベル3」とし渡航中止を勧告するなど影響が大きくなっているためです。次回の連載「クリックディープ旅」は、筆者の下川さんと協議中です。1月29日時点。&TRAVEL編集部)。
※取材期間:2019年10月17日~18日
※価格等はすべて取材時のものです。

■「台湾の超秘湯旅」バックナンバーはこちら
■「玄奘三蔵の旅」バックナンバーはこちら
■ 再び「12万円で世界を歩く」バックナンバーはこちら

BOOK

再び「12万円で世界を歩く」中国・長江編2
12万円で世界を歩くリターンズ
[タイ・北極圏・長江・サハリン編] (朝日文庫)

リターンズ第二弾では、タイと隣国の国境をめぐり、北極圏を北上し、長江をさかのぼる旅へ、予算12万円で約30年前に旅したルートをたどる。さらに「12万円でサハリンに暮らす」ことにも挑戦。旅は、世界はどう変わったか?

朝日文庫
3月6日発売
価格未定

PROFILE

  • 下川裕治

    1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「一両列車のゆるり旅」(双葉社)、「週末ちょっとディープなベトナム旅」(朝日新聞出版)、「ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅」(中経の文庫)など。最新刊は、「12万円で世界を歩くリターンズ 【赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編】」 (朝日文庫)。

  • 阿部稔哉

    1965年岩手県生まれ。「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーランス。旅、人物、料理、など雑誌、新聞、広告等で幅広く活動中。最近は自らの頭皮で育毛剤を臨床試験中。

再び「12万円で世界を歩く」中国・長江編1

一覧へ戻る

再び「12万円で世界を歩く」ロシア・サハリン編1

RECOMMENDおすすめの記事