1日1旅

タイ北部プレーで見かけた干しビンロウ

軒先で不思議なものを見かけた。ドライフルーツのようにも見えるが、特に香りもない。通りすがりの人が「ビンロウだよ!」と教えてくれた。そういえば口を真っ赤にした老人をときどき見かける。タイに限らず、ビンロウをかむ習慣があるのは知っていたが、干されているのを初めて見た。かんでみたい気もしたが、歯の赤い自分を想像するとなんだか不気味。干しビンロウを写真におさめることで満足した。

(タイ・プレー)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

インド中世建築を一緒に見て回った現地の中学生

一覧へ戻る

真っ赤な2階建てバスが行き交うロンドンの街中

RECOMMENDおすすめの記事