クリックディープ旅

再び「12万円で世界を歩く」ロシア・サハリン編1

今回から、再び「12万円で世界を歩く」の番外編。12万円の総予算で海外に1週間暮らす、ロシア・サハリン編がはじまります。サハリンときいても、あまりピンと来ない方もおられるかもしれません。『週刊ヤングジャンプ』に連載されている野田サトルの人気漫画『ゴールデンカムイ』(集英社)の舞台としても登場します。漫画は日露戦争後の設定ですが、いま行ってみると、サハリンはどうなっているのでしょう。約30年以上バックパッカースタイルの旅を生業とする旅行作家・下川裕治さんの珍道中、温かいまなざしでご覧ください。

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。
現在、約30年前に発刊された『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)と同じルートを再び辿(たど)る旅を紹介しています。ロシア・サハリン編はその番外編。「12万円の総予算で海外に1週間暮らす」をテーマにしています。

(写真:阿部稔哉)

東京からユジノサハリンスクへ

東京からユジノサハリンスクへ

12万円の総予算で、海外に1週間暮らす。かつて樺太(からふと)と呼ばれたサハリンのユジノサハリンスクを選んだ。

以前紹介したこの企画では、バングラデシュ南部の小さな村を選んだ。竹を編んだ壁の家で暮らした。そこで教えられたのは、僕らはなにもできないということだった。村で鶏肉を食べるには、生きた鶏を絞めることからはじまった。僕らにそんな経験はなかった。

そこでロシアを選んだ。スーパーや雑貨屋の総菜コーナーが充実していることを知っていたからだ。ロシア人はそこでおかずを買い、家で食べることが多い。阿部稔哉カメラマンと暮らす旅。料理はつくるが、総菜が充実していると心強い。

しかし暮らす旅は最初からトラブルに見舞われる。飛行機に預けた荷物を受けとることができなかったのだ。

*下川さんのロストバゲージのエピソードは過去のインタビューにも

今回の旅のデータ

ユジノサハリンスクまでは、成田空港からオーロラ航空の直行便が週2便ある。ウラジオストク空港経由は毎日、何便かある。運航しているのは、アエロフロート・ロシア航空、S7航空、オーロラ航空。この3社はロシアの航空会社。S7航空は旧シベリア航空、オーロラ航空はサハリン航空とウラジオストク航空が合併した航空会社だ。現在、この3社は資本提携し、共同運航便を就航させている。S7航空で予約を入れたのに、乗るのはアエロフロート・ロシア航空の飛行機ということは珍しくない。

僕らもS7航空のウラジオストク経由ユジノサハリンスク行きで予約したが、経由地で乗ったのはオーロラ航空だった。そのあたりはあまり気にしないことだ。ウラジオストクまでは日本航空、全日空も就航している。

長編動画

借りたアパートの部屋から眺めるユジノサハリンスク。静かです。雪がしだいに大粒になっていく天候をじっくりと。

短編動画

アパートを出て、通りの公園へ。ロシアの若者は元気です。

東京からユジノサハリンスクへ「旅のフォト物語」

Scene01

眼下にシベリアが

選んだのはS7航空、ウラジオストク経由のユジノサハリンスク行き。往復で4万7278円だった。ウラジオストクは大使館に出向く必要がない電子ビザで渡航できるようになり、ウラジオストク行きの便には日本人の乗客も10人ほどいた。飛行機は日本海を越え、眼下にシベリアが見えてきた。寒そう。

Scene02

ウラジオストク空港内のレストラン

ウラジオストク空港。日本の旅行会社が販売するウラジオストクツアーのキャッチフレーズは、「日本からいちばん近いヨーロッパ」。この写真を見れば納得します? 外の気温はマイナス5度だったが、空港内のレストランで働くスタッフは半袖。ターミナルは観光客の増加を見込んで改装中。

Scene03

オーロラ航空の飛行機に乗ることに

簡単な電子ビザはウラジオストクのある沿海地方限定。サハリンに行くため、通常のビザをとった。入国審査はウラジオストクで。空港での乗り換え時間は2時間ほどだった。ユジノサハリンスクまでS7航空と思っていたが、オーロラ航空の飛行機に乗ることに。それが原因のトラブル? Scene05で詳しく。

Scene04

オーロラ航空の機内食

ウラジオストクからユジノサハリンスクまでの便では、簡単な機内食。オーロラ航空はLCCではない。荷物も無料で預けることができます。しかし年を追って、座席の幅は狭くなり、機内食は、「エッ、これだけ?」というボリュームになってきている。これはロシアの航空会社に共通していえること。ちょっと鼻白む

Scene05

ユジノサハリンスクの空港でロストバゲージ

オーロラ航空は予定通りユジノサハリンスクの空港に着いた。しかし荷物が出てくるターンテーブルに、僕と阿部カメラマンの荷物はなかった。ロストバゲージ。僕は年1回ぐらいこのトラブルに遭う。慣れたもの? 荷物はだいたい翌日に届くことになる。コツは担当スタッフの携帯電話の番号を聞き出すこと。書類に書かれたオフィスの電話は誰も出ないことが多いからだ。

Scene06

ユジノサハリンスク空港からタクシー

ロストバゲージの書類づくりに時間がかかり、市内行きのバスが出てしまった。悪いと思ったのか、スタッフがタクシーを呼んでくれた。乗るしかなかった。荷物は翌日の便。しかし確約はない。「たぶんウラジオストク空港での、積み忘れ」とスタッフ。「よくあるんですか」と聞くと、返事をしなかった。よくあるらしい。

Scene07

ロストバゲージ。こういうときに見る景色はなぜか美しい

マイナス12度。タクシーのなかで、外気温についての機内放送を思い出した。荷物のなかに僕はダウンジャケット、阿部カメラマンはセーターを入れていた。厳冬の戸外に放り出されたら防寒具が足りない。はたして借りたアパートにすぐ入れるだろうか。不安は募る。こういうときに眺める風景がやけに美しいのはなぜ?

Scene08

借りたアパートに到着

事前にアパートを借りていた。オーナーが部屋で待つ段取り。連絡はメール。しかし日本で借りたモバイルWi-Fiルーターがつながらない。アパートの前でタクシーを降りたが……。マイナス12度の屋外でアパートの窓に向かって「おーい」と声をかけること30分。やっと部屋に。凍死するかと思った。

Scene09

ビールを求めて極寒のユジノサハリンスクの街を歩く

部屋はとろけるほど暖かかった。夜の11時。やっと落ち着いた。アパート近くの24時間営業のスーパーへ。この時間でも50種を超える総菜が並んでいた。食事が調達できると欲が出てくる。そう、ビール。少し先に「BEER LINE」という看板。あそこか……。しかしすでに店は閉まっていた。ここで諦める? 次の写真で。

Scene10

マイナス12度のユジノサハリンスクの街を歩く

まだ探そうか……。冷え込む路上で尻込みする。じゃあ、あの角のネオンのある店までいってみるか。こういうことをするのがビール好きかもしれない。しかし寒い。マイナス12度。僕はダウンジャケットがなく、阿部カメラマンはセーターがない。手や足は痛く、歩くことがつらくなってくる。ビールは寒さのなかで夢と消えるのだろうか……。

Scene11

酒飲みのレーダーが反応する

寒さに負けた。アパートへの雪道をとぼとぼ歩く。と、雑貨屋の前に男たちの列。酒飲みのレーダーが反応する。言葉が通じないので、指で2本立てた。店の女性が売ってくれたのは、1.5リットルビール2本。モスクワなどでは、11時以降は酒類の販売が禁止だという。地方ではまだ大丈夫?

Scene12

豪華な夕食になった

深夜に街に出たというのに、こんなに豪華な夕食になった。スーパーでは、サケのムニエル、ハンバーグにパン。これでひとり250ルーブル、約428円。1.5リットルのビールは1本150ルーブル、約257円。サハリンの物価は安い。着替えもないのに、浮かれた深夜の夕食でした。しかしビールひとり1.5リットルは多すぎ。

Scene13

翌朝の散歩。気温はマイナス8度

翌朝はマイナス8度。荷物が届かないので身動きがとれない。部屋にいるのも……と、ユジノサハリンスク市内を少し歩いてみた。皆、寒さや雪など物ともしない風情で街に出ている。しかし僕らは早々にアパートに戻った。防寒具がない状態での外出は、1時間が限界でした。

Scene14

荷物が届いた

夕方5時、受けとることができなかった荷物が届いた。アパートのオーナーのオレシャさんが空港との連絡役を買って出てくれた。助かりました。というのも、僕らが借りたのはアパート。ホテルのようにフロントがない。トラックが着いたら、直接、受けとらないといけなかったのだ。旅の宿泊先にアパートを借りると、そんな欠点もあった。

Scene15

荷物の開け口は、強いプラスチックひもで閉じられていた

届いた荷物の開け口は、強いプラスチックひもで閉じられていた。トラックまで出向き、そこでサインをしたとき、その荷台にはざっと見ただけで8個の荷物が積まれていた。最初に僕らに届けたのかはわからない。つまり前日は8個以上のロストバゲージ。これが毎日とは思いたくないが。

【次号予告】次回、ユジノサハリンスクからホルムスクへ。
※取材期間:2019年11月25日~26日
※価格等はすべて取材時のものです。

*前シリーズの中国・長江編は、2019年10月の旅の記録ではありますが、新型コロナウイルスの影響が大きくなっているため、2020年1月22日に2を配信後、筆者の下川裕治さんと協議の上、3の配信を見合わせています(経緯は2の記事末、【次号予告】に追記)。一日も早い沈静化を願っています。&TRAVEL編集部

■「台湾の超秘湯旅」バックナンバーはこちら
■「玄奘三蔵の旅」バックナンバーはこちら
■ 再び「12万円で世界を歩く」バックナンバーはこちら

BOOK

再び「12万円で世界を歩く」ロシア・サハリン編1
12万円で世界を歩くリターンズ
[タイ・北極圏・長江・サハリン編] (朝日文庫)
リターンズ第二弾では、タイと隣国の国境をめぐり、北極圏を北上し、長江をさかのぼる旅へ、予算12万円で約30年前に旅したルートをたどる。さらに「12万円でサハリンに暮らす」ことにも挑戦。旅は、世界はどう変わったか?

朝日文庫
3月6日発売
価格未定

PROFILE

  • 下川裕治

    1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「一両列車のゆるり旅」(双葉社)、「週末ちょっとディープなベトナム旅」(朝日新聞出版)、「ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅」(中経の文庫)など。最新刊は、「12万円で世界を歩くリターンズ 【タイ・北極圏・長江・サハリン編】」 (朝日文庫)。

  • 阿部稔哉

    1965年岩手県生まれ。「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーランス。旅、人物、料理、など雑誌、新聞、広告等で幅広く活動中。最近は自らの頭皮で育毛剤を臨床試験中。

再び「12万円で世界を歩く」中国・長江編2

一覧へ戻る

再び「12万円で世界を歩く」ロシア・サハリン編2

RECOMMENDおすすめの記事