1日1旅

ロンドンで見かけた“ハウスボート”の暮らし

ロンドンの運河で見かける“ハウスボート”。お金持ちのレジャー用かと思っていたら、住宅価格、光熱費や物価の高騰のために、最近ではここを住居にしている人が増えていると友人が話してくれた。興味深いことに住人は、医者、弁護士、高学歴な若者なども結構多いらしい。さすがロンドン、生活も多様なチョイスがあるのには驚いた。それにしても、いったいどうやって郵便物を受け取っているのだろう。

(イングランド・ロンドン)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

満開に咲いていたカリフォルニアの州花

一覧へ戻る

パリ ブーランジェリーで見かけた朝の日常

RECOMMENDおすすめの記事