&Discovery

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

スイスで5つ星ホテルを泊まり歩き、鉄道の1等車で国をぐるり1周する――。&TRAVEL副編集長が2019年8月から9月にかけて、そんな旅を体験しました。写真家の猪俣博史さんと二人三脚で巡った9日間の珍道中、第6回は世界遺産「ラヴォー地区のブドウ畑」へ。生産量の98%が自国で消費されるというスイスワインは、国外では幻の存在。本丸中の本丸でワイナリーを訪ねて神髄に触れたものの、またもや思わぬアクシデントに見舞われたのでした。
(文・動画:&TRAVEL副編集長・星野学 写真・猪俣博史、トップ写真は世界遺産のブドウ畑)

【動画】ラヴォー地区からモントルーへ戻る船で

第10回<最後の最後に派手な一撃>はこちら
第9回<気絶するほど悩ましいユングフラウ>はこちら
第8回<クラシカルな車両でゆったり>はこちら
第7回<クイーンゆかりの地をめぐる>はこちら
第5回<フレディ・マーキュリーの部屋に?!>から続く
第4回<涙して見上げたマッターホルン>はこちら
第3回<揺れる車内で酒を注ぐ神業>はこちら
第2回<世界遺産の360°ループ>はこちら
第1回<チューリヒ空港~ポントレジーナ>はこちら

朝ご飯もゴージャス

うん? ばかに大きな布団だな……。

2019年8月28日、ホテル「フェアモント・ル・モントルー・パレス」で目覚めた私は、寝ぼけた頭でぼんやり考えました。事の次第を思い出すにつれ、ああ、と、状況を飲み込んでいきます。取材のつもりで訪れた「フレディ・マーキュリー・スイート」に泊まっていたのでした。横たわっていたのは、大人3人が川の字に寝られそうなベッド。

朝一番にしなければならないことも思い出しました。扉の向こうの、空調をガンガンにかけてあるリビングルームに干した下着の取り込みです。換えがなくなり、昨夜洗面台で手洗いしたのでした。起き上がって確認すると、ばっちり乾いています。これで大丈夫。朝食会場のレストランに向かいます。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

よりどりみどりに並ぶ食べ物

フランス語圏なので、交わすあいさつは「Bonjour!」。案内された席に腰掛け、カフェオレを頼んでビュッフェの食べ物をとりに行きます。卵料理はその場で焼いてくれるので、「サニーサイドアップ(目玉焼き)二つお願いします」と頼んで、席へ。目玉焼きは後から持ってきてくれました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ヘルシーな食べ物が並ぶ

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

テラス席もあった

減量中のためヘルシーな食材を選び、ゆっくりと食べると、部屋に戻って旅支度。今日は、世界遺産「ラヴォー地区のブドウ畑」へ行き、ワイナリーでお酒を試飲させてもらうのです。酒好きの私にとっては、心弾む日になりそうです。ガイドの田口貴秀さんとロビーで待ち合わせて、いざ出発!

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

今日はいい天気だ

フォトギャラリーはこちら

こぢんまりとしたネスレの城下町

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

(帰路はレマン湖を船で戻りました)

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

この列車に乗って出発

モントルー駅を9時47分に出たローカル線は、8分後にヴヴェイ駅に到着。ヴヴェイは小さな街ですが、世界に名だたる食品企業ネスレの本社があります。ここで列車を乗り換えます。出発までまだ20分あるので、駅のそばにあるネスレの企業博物館「ネスト」へ行ってみたところ、開館時間前で入れず、開くのを待てるほどゆとりもないので、あきらめました。後で知ったのですが、2019年9月でネストは閉館したそうで、残念なことをしました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ネスレ発祥の地にある企業博物館「ネスト」

乗り換えた電車の中から、ネスレ本社が見えました。「このあたりの高地では、5月になると野生のナルシス(スイセン)が咲きます。『5月の雪』と呼ばれ、とてもきれいですよ」と田口さん。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ネスレ本社ビル

フォトギャラリーはこちら

世界遺産地区のワイナリーを訪ねて

10時23分、電車はラヴォー地区内のシェーブル村駅に到着しました。ピンク色の、小さなかわいい駅です。ここで降りて、ワイナリー「ドメーヌ・ボヴィ」を訪ねます。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

おとぎの国のような、かわいらしい駅舎

ラヴォー地区はおおざっぱにいうと、モントルーとローザンヌにはさまれたレマン湖北岸。ワイン造りはローマ帝国の時代にはじまり、カトリックの修道会が11世紀に本格化させました。およそ千年にわたる伝統的な生産方法の継承と発展を目に見える形で残していることなどが評価され、西はリュットリから東はコルシエ・シュル・ヴヴェイまで14自治体にまたがる898haが、2007年に世界文化遺産に登録されました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ブドウ畑を眺めつつ、緩やかな坂道を下る

ただ、ワイン生産地としてのラヴォーはもう少し広く、世界遺産からは外れているローザンヌやモントルーも含まれます。今回列車を降りたシェーブル村は、そのちょうど真ん中あたりです。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ワイナリー「ドメーヌ・ボヴィ」

駅から緩やかな坂道を下り、ドメーヌ・ボヴィに5分ほどで到着しました。こぢんまりとしたワイナリーです。経営者のエリック・ボヴィさんが迎えてくれました。ガイドの田口さんとは旧知の仲だそうで、「いらっしゃい」と片手を挙げてあいさつを交わしています。田口さんのフランス語通訳を介して取材開始です。「室内と屋外、どちらで試飲しますか」と聞かれたので、湖とブドウ畑が見渡せる屋外のテラスで、とお願いしました。せっかくの絶景ですから。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ワインを試飲したテラス

まず、エリックさんがワイナリーについて説明してくれます。
「ボヴィ家は1759年からこの地で暮らしています。かつては農業も手がけていましたが、祖父の代からワイン造りに専念するようになりました。今は11haの畑でブドウを栽培し、年間18万本を生産しています」

ワイン熟成用のオーク樽(たる)が並ぶ部屋に案内してくれました。一つ2500ℓ~5000ℓの容量があり、多くは100年以上使われているとのこと。別の場所にあるステンレスタンクは大きいもので2万ℓあるそうです。

この地域の主力ブドウ品種であるシャスラで醸した白ワインを、試飲用グラスでいただくことにしました。エリックさんがグラスを手に「なみなみ? ちょっと?」と日本語でたずねてきます。おや! 聞くと、スイス料理やワインのイベントで訪日を重ね、覚えたとのこと。「飲むまでの言葉を知っていれば、あとはワインがすべてを語ってくれます」。うーん、なるほど。

蛮勇は裏目に出た

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

試飲用の取り出し口からワインをグラスに注ぐエリックさん

樽の栓をひねると、小さな穴からワインが勢いよく飛び出し、エリックさんがグラスで上手に受け止めます。<揺れる車内で酒を注ぐ神業>で紹介した、グレッシャー・エクスプレス(氷河特急)内で曲芸のように蒸留酒をついでくれた客室乗務員を思い出しました。

グラスを受け取って、ぐいっ。軽くて爽やかですが、果実味はある。これまで、あちこちでいただいてきたスイスの白ワインを、さらに洗練させた味わいです。異なるヴィンテージを三つほどいただき、気分が盛り上がってきます。

「やってみますか?」。エリックさんにうながされ、自分でグラスに注いでみることにしました。試しに栓をひねるも、反応がありません。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

樽からグラスにワインを注ごうとする私。このあと、悲惨なことに

コツを教わって再度ひねると、猛烈な勢いでワインが噴き出してきました。あわててグラスで受けますが、勢い余ってほとんどは器の外。グラスを持つ右手をびしょびしょにしながらなんとか栓を閉じましたが、ボトル半分ぐらいはワインを無駄にした気配です。少量が手についた程度ならもったいないとなめてしまうところですが、いかんともしがたい状況に、ひどく落ち込みました。

フォトギャラリーはこちら

「三つの太陽」の恵みを堪能

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

レマン湖とブドウの段々畑にワイングラスをかざしてみる。至福のひととき

気を取り直して絶景テラスへ向かい、ワイングラスで本格的な試飲の開始です。ともにワイナリーを経営するエリックさんの兄、ベルトランさんらも加わってくれました。

このあたりは標高450mとスイスでは低い方。夏の日差しに照らされ体がほてってきます。そして気づいたのは、レマン湖からの照り返しが、意外に強いこと。エリックさんの説明に納得します。

「ラヴォーのワインは、『三つの太陽』で育まれています。日光と、レマン湖からの反射光と、段々畑の石壁に蓄えられた熱です。この三つが、繊細な味のワインを造り出すのです」。ラヴォーではおおむね13°から43°までのかなり急な斜面にブドウが植えられているので、石壁を巡らせ畑を支えているのです。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

白ワイン「デザレ・グラン・クリュ」

まずは、ワイナリーの看板である、シャスラ種100%の高級品「Dézaley Grand Cru」(デザレ・グラン・クリュ)です。先ほどと違いワイングラスで飲むと、馥郁(ふくいく)たる香りが存分に楽しめます。ああ幸せ。2017年は果実味が豊かで、2018年は軽やかさが前面に出ていました。

「どうです?」と尋ねるエリックさんに、「このワインは、ラヴォーの『四つ目の太陽』です」と伝えます。それを聞いたベルトランさんが「じゃあ、五つ目の太陽は僕らだね」と笑顔で返してきました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ドメーヌ・ボヴィのみなさん。中央がベルトランさん

そして赤ワインです。ピノ・ノワール100%の「サン・サフォラン」です。ピノ・ノワールといえばロマネ・コンティに代表されるフランスのブルゴーニュが代表的産地ですが、このピノはブルゴーニュに比べるとはるかに軽い。香りや味わいはピノ・ノワールですが、別物といっていいでしょう。もう一つもサン・サフォランで、ギャマレ、ギャラノワール、ディオリノワール、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンの5品種をブレンドした「ヴァルデンシス」と名付けられたボトルです。フランス・ボルドーの赤ワインに使われる品種もありますが、ボルドーのようなコクと重厚さとはまったく別の、独特の味わいでした。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

赤ワイン。右がサン・サフォラン(ピノ・ノワール)、左はヴァルデンシス

これら四つのワインをグラスで1杯ずつ、気に入ったものはおかわりをしたので合計6杯。ほぼボトル1本を1人で飲んでしまった勘定です。日本ではボトル半分が限界なのに、口当たりの軽やかさとまろやかさに導かれて、水のように飲んでしまいました。おみやげに、デザレ・グラン・クリュ2015年を22スイスフラン(約2460円)で購入し、ワイナリーを後にしました。

Domaine Bovy(ドメーヌ・ボヴィ)
http://www.domainebovy.ch/fr/
※スイス国外への配送はワイナリーに直接問い合わせを

絶景レストラン「Le Deck」の創意工夫

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

レストラン「Le Deck」

ドメーヌ・ボヴィから歩いて15分ほどのレストラン「Le Deck」(ル・デック)に着いたのは正午過ぎ。斜面から湖に突き出したようなこの絶景レストランで昼食です。予約してあったランチは、味も見た目も創意工夫に満ちていました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

前菜はスイカ料理

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

タラの料理。レストランから見えるレマン湖と対岸の景色を模したかのよう

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

豚肉料理。見た目も味も角煮を思わせた

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

オレンジ色を中心にまとめたデザート

ドメーヌ・ボヴィであんなに飲んだのに、ここでも赤白1杯ずつ飲んでしまいました。一体、どうしたことでしょう。

Le Deck(ル・デック)
https://www.barontavernier.ch/fr-13-le-deck.html

フォトギャラリーはこちら

ブドウ畑を散策したものの……

さて、ここからは、リヴァ・サン・サフォラン船着き場まで、1時間強のハイキングです。世界遺産のブドウ畑の間を縫うようにして、湖畔(こはん)まで少しずつ下っていきます。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

すさまじい急斜面

そもそも、こんな急斜面にブドウ畑を開こうという発想が、どこから生まれてきたのでしょう。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

石壁の構造がよくわかる。階段は使い込まれて、長い歴史を感じさせる

あれ……何だか、歩みが遅くなってきました。ワイナリーでの試飲も含めて、長時間夏の日差しにさらされていたことがこたえているようです。ふと気づきました。

帽子をかぶっていないじゃないか!

ワインヤードを散策することは、出かける前からわかっていました。しかし、こんなだだっ広い場所を延々歩くとは予想していなかったのです。登山の時には「帽子、帽子」と確認していたのに、この日は帽子が必要だという意識すらありませんでした。日程表を細かく確認しなかった自分のミスです。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

低い場所から見ると、段々畑であることがよくわかる

リュックサックを頭に載せて歩いてはどうか、と妙なことも考えましたが、重すぎて無理とわかりました。ああ、ちょっと休もう。道にへたりこんではみたものの、石が熱くて座っていられません。

ああ、私はどうして、同じことを繰り返すのだろう……。思いだしていたのは、6月のオランダ取材でしでかした失敗でした。国立ジュネバ博物館で蒸留酒をしたたか試飲し、真昼のロッテルダム沿岸部を歩き回るうちに日差しにやられたのでした。あの時は旅に帽子を持っていきませんでした。今回は持参しているのに持ってこなかった分タチが悪い。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

赤茶色の屋根と緑色の畑の対比が美しい

自分のダメさ加減をのろったところで、涼しくなるわけではありません。とにかく、船着き場へ行こう。その一念で自分を叱咤(しった)します。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

白ワイン用のブドウ

リヴァ・サン・サフォラン船着き場にたどりつくと、10分ほどで船がやってきました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

ようやく船に乗り込む

ここからモントルーまでは40分ほど。船内や船からの景観を取材するつもりでしたが、とても無理。出航するとカフェに座り込み、アイスコーヒーを頼みます。運ばれてくるとほおにあてて、「ああ冷たい」とひと言。そして目をつむりました。

少し眠ろう……。

寝台車ではない乗り物で寝ることは本来、置き引きの危険があるため御法度ですが、そんなことはいってられません。荷物がリュックしかないのを幸いに、抱え込むようにして前かがみになり、目をとじました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

私が気絶している間も、猪俣さんはしっかり撮影してくれていた

ひときわ大きく鳴る汽笛に目をさましました。振り仰ぐと、モントルーの街が見えます。30分以上が過ぎていました。船上で風に吹かれながら休憩したのがよかったのか、ずいぶん回復していました。

絶景ワインヤードでクラクラ 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(6) モントルー~ラヴォー

モントルーの街。中央は泊まっていたホテル

記事冒頭の動画は、それから撮影したものです。(つづく)

フォトギャラリーはこちら

【取材協力】

スイス政府観光局

スイス インターナショナル エアラインズ

スイストラベルシステム

スイス・デラックス・ホテルズ

スイス1周鉄道旅

PROFILE

&編集部員

国内で、海外で。&編集部員が話題の旅先の新たな魅力を「発見」し最新情報をリポートします。

フレディ・マーキュリーの部屋に?! 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(5) ツェルマット~モントルー

一覧へ戻る

クイーンゆかりの地をめぐる 1等車と5つ星ホテルで巡るスイス1周鉄道旅(7) モントルー

RECOMMENDおすすめの記事