魅せられて 必見のヨーロッパ

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

ツアーの行き先としてはあまりメジャーでないけれど、足を運べばとりこになる。ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんがそんな街を訪ねる「魅せられて 必見のヨーロッパ」。今回は、スペイン・トレドの街で遭遇した、聖母マリア像の行列。その迫力に圧倒されたそうです。

>> 連載一覧へ

「行列がある」の声にひかれて

前回に続きスペインの春の旅。今回はトレドの「セマナ・サンタ(イースター=復活祭)」にまつわる美しく厳かな聖母像の行列についてです。今も目に浮かぶほど美しく印象的でした。

聖金曜日のちょうど1週間前に、トレドに到着しました。まだ行事はないだろうと思っていたら、トレド駅で偶然にスペイン人から「今日は行列があるよ」と声を掛けられました。私がカメラバッグを持っていたからかもしれません。
「ならばホテルへチェックインする前にぜひ見よう!」と、すでに夜の9時半を過ぎていましたが、駅前でタクシーを拾いました。運転手さんは場所を知っていて、すぐに到着。

皆が黒衣に身を包んでいる

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

すでに地元の人たちが集まっています

誰もが黒い衣装に身を包み、狭い路地はものものしい雰囲気です。
いつ行列が始まるのかしらと、カタコトのスペイン語で聞いてみると、午後11時からだと言います。まだ1時間以上もあります。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

ローソク型の明かりを持った人々

子供からお年寄りまでローソク型の明かりを持っています。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

ここでは礼拝が行われているようです

小さなお堂では、礼拝が行われているようでした。でも、とてもよそ者の私が入れるような雰囲気ではありません。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

行列の始まり

近づいてくる厳粛な行列

待ちくたびれたころ、いよいよ人混みの中へ分け入るかのように行列がやってきました。路地は人だらけになり、どこが行列の先頭なのかわからないまま、まずはシャッターを切りました。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

聖母が描かれたタペストリーも登場

周囲は厳粛な雰囲気。白いハンカチを持って、涙をぬぐうおばあさんもいます。ここで遠慮していては撮影できないと、勇気を出して私は路地の真ん中を歩いて、最初の撮影場所を確保しました。ここなら何とか撮れます。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

(左)よろいをまとった少年。(右)カラフルな衣装も

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

(左)白衣は聖職の方でしょうか。(右)待ちに待った聖母像の登場

美しい聖母像にため息の渦

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

どんどん近づいてくる聖母に信者でない私も圧倒されます

周囲からため息が漏れました。私も思わず、息をのむような美しい聖母像に見とれました。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

(左)悲しく何かに耐えるかのような表情です。(右)生き生きとしたオーラを感じます

地元の人たちの厳粛な表情から、信仰心が伝わってきます。
聖母像は本当に美しく、あたかも生きているかのようです。

ヨーロッパの各地でイースターの行列を見ましたが、最も印象的だったのはこのトレドの行列と、シチリア島のパレルモで見た行列です。信者でなくても、不思議に胸が熱くなってきます。

気が付くと、午前2時。日付が変わっていました。

一夜明け、ホテルのテラスから絶景を満喫

さて、一夜明けたトレド。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

ホテルのテラスから旧市街を眺める

歴史的建物と自然の調和がみごとです。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

ホテルのテラスから眺めた旧市街(望遠レンズを使用)

爽やかな朝の風景。遠くの丘陵地帯が見えます。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

朝の街なか

街中へ散歩に出かけたら、観光客の多さにびっくり。

すごいオーラ! 「孤独の聖母の行列」 スペイン・トレド

イースターを彩るマルチパン

マルチパンは、アーモンドの粉とお砂糖が主な原料。色も形もカラフルで、クリスマス期間はもちろん、イースターの時期にも人気のお菓子です。

さて、あれはどんな行列だったのか、後日調べてみました。
「孤独の聖母の行列」(Procesión de Nuestra Señora de la Soledad)と呼ばれる行事でした。当地で「悲しみの金曜日」(Viernes de Dolores)と呼ばれる聖金曜日の1週間前に開かれ、場所はトレドのモサラベ教区にあるサンタス・フスタ・イ・ルフィーナ教会のあたり。

2020年は4月3日に行われます。
https://www.leyendasdetoledo.com/semana-santa-toledo-2020-programa/

同じカトリックでも、国や地域により行事はさまざま。行列も1度とは限らず、期間中に何度か行われる場合がほとんどです。

ヨーロッパ人にとってイースターとは、まさに春の訪れです。私もこの旅では、明るい光の中で新たな始まりとしての「復活祭」を実感しました。
春を求めて、また旅に出たくなりました。

>> 連載一覧へ

PROFILE

相原恭子(文・写真)

慶應大学卒業。ドイツ政府観光局勤務を経て、作家&写真家。「ドイツ地ビール夢の旅」(東京書籍)、「ドイツビールの愉しみ」(岩波書店)、「ベルギー美味しい旅」(小学館)、「京都 舞妓と芸妓の奥座敷」(文春新書)、「京都 花街ファッションの美と心」(淡交社)、英語の著書「Geisha – A living tradition」(フランス語、ハンガリー語、ポーランド語版も各国で刊行)など著書多数。国内はもちろん、国際交流基金・日本大使館の主催でスペイン、ハンガリー、エストニアで講演会や写真展多数。NHK「知る楽」「美の壺」、ラジオ深夜便「明日へのことば」「ないとエッセー」、ハンガリーTV2、エストニア国営放送など出演多数。
https://blog.goo.ne.jp/goethekyoko

これ、「亀の手」ですか? マドリードのサンミゲル市場で珍味発見

一覧へ戻る

-27℃ ガラスのように凍ったバイカル湖を歩く ロシアの旅(1)

RECOMMENDおすすめの記事