1日1旅

サンディエゴで出会った小さな野花

青空の下、芝生に寝転がって日なたぼっこをしていた。横を見ると、小花が天に向かっていっせいに花びらを広げ、気持ちよさそうに咲いている。“マツバギク”という花に似ているが、色が濃い気がする。そういえば、さっき見た桜も日本のソメイヨシノよりもかなり濃いピンクだった。同じ品種でも土地や気候で色が違うのかもしれない……と納得することにした。

(アメリカ・サンディエゴ)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

ガンジス川のほとりに集まる人々

一覧へ戻る

キューバの配給制度、長蛇の列に並ぶと

RECOMMENDおすすめの記事