楽園ビーチ探訪

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

日本で最初にして最大の国立公園、瀬戸内海国立公園。1934年に国立公園として指定され、海も含めた面積は90万ヘクタールにも及びます。その西部の、広島県と愛媛県の間に芸予諸島が位置しています。
(トップ写真は空から見た瀬戸内海と芸予諸島 Photo/Tetsuya Ito ©SETOUCHI SEAPLANES)

連載「楽園ビーチ探訪」は、リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信するビーチライターの古関千恵子さんが訪れた、世界各地の美しいビーチや、海のある街や島を紹介いたします。

織田信長を破った海の支配者

芸予諸島は、地理的に関係する、かつての安芸国と伊予国から1文字ずつ取って、合体させた名前。約50の有人島に加え、大小無数の島々が浮かび、島影が折り重なる景色を、山並みならぬ、“島なみ”と呼ぶそうです。

いくつもの島々が潮流を複雑にし、一日の中でも、この海は表情をくるくると変えます。激しい渦潮もあれば、波のヨレが一筋もない鏡のような水面が広がっていることも。

戦国時代、この海域を仕切っていた一群がいました。村上海賊。「海賊」と聞くと、強奪などの蛮行を繰り返す、ならず者の集団というイメージがありますが、村上海賊は真逆の存在のようです。

この海域の複雑な海流を知り尽くしていた彼らは、水先案内人の手配や海上警護を行い、ここを行き来する船舶の安全を確保し、海の秩序を守る役割を担っていました。毛利輝元サイドについて織田信長との「第一次木津川口の戦い」に勝利を収めたことで、歴史にもその名が刻まれています。

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

島々を結ぶ、瀬戸内しまなみ海道

広島県の尾道市と愛媛県の今治市の間に浮かぶ芸予諸島の島々は、全長約60キロの瀬戸内しまなみ海道で結ばれています。瀬戸内の海と島々、そして規模やスタイルが異なる七つの立派な橋も見どころ。このルートはサイクリングコースとして有名ですが、ドライブも、ごきげんで楽しめます。

水陸両用機で空から眺める

そして、この村上海賊たちが活躍した瀬戸内の島なみを、空から眺めることもできます。

「せとうちSEAPLANES」が運航する遊覧飛行を体験しました。穏やかな瀬戸内海は水陸両用機の離着水に向いているのだそうです。1回約30分、1日3~4便のフライトがあります。

私が体験したのは「せとうちディスカバリーフライト(しまなみコース)」。村上海賊が拠点とした島々を上空からめぐるコースです。ちょうど和田竜の歴史小説『村上海賊の娘』を読んだ後だったので、搭乗前からテンションが上がり気味です。

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

オノミチフローティングポートのチェックインカウンター

機体はアメリカ製の「コディアック100」機。パイロットを含めても10席の小型機です。尾道のベラビスタマリーナ内にあるオノミチフローティングポートで、手荷物検査や注意点のショートムービーを見たら、さぁ出発です。

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

海面を走行し、エンジンの回転音が高音に変わった瞬間、空中へ Photo/Tetsuya Ito ©SETOUCHI SEAPLANES

海上を、スピードを上げて走行したのち、ふわりと離水。上空750メートルまで上昇します。水陸両用機は、高度が高すぎず、速度が速すぎず、ゆっくりと遊覧飛行が楽しめます。

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

高度750メートルで飛行する水陸両用機。大きな島には山並みもあります

まず、因島大橋や生口島の瀬戸田サンセットビーチ、そして「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったとも言われる瓢箪島(ひょうたんじま)の上空を通過します。装着しているヘッドホンから、眼下の風景を案内する、機長の声が聞こえてきます。

やがて『村上海賊の娘』の景(きょう)姫ゆかりの能島(のしま)を見下ろした時には、ストーリーを思い浮かべて、テンションもMAX。感激です。

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

手前右の手裏剣のような形をしているのが能島。中央の大きな島が鵜島(うしま)

が、後になって知ったのですが、能島はあまりに小さく、機内で私は隣にある鵜島を能島と勘違いしていたようです。ちなみに、能島は春には桜が咲き誇り、一面ピンク色に染まるそうです。このあたりは渦潮が生じるので、運がよければ豪快な自然現象を目の当たりにできるかもしれません。

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

瀬戸内を案内してくれた機長さん

水陸両用機のフライトは地上が比較的近くに見えるので、みかん畑のあぜ道を走る小型トラック、穏やかな水面に引き波を伸ばす漁船など、人々の暮らしも垣間見ることができます。

村上海賊が活躍した海を、空から、リゾートから! 瀬戸内海・芸予諸島

「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」のラウンジ前からの眺め

また、丘の上のリゾートホテルから、瀬戸内の島なみを眺めるのも優雅です。イタリア語で「美しい眺め」という意味の言葉を冠した「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」は全室オーシャンビュー。ラウンジやレストランなど、滞在中、あらゆる場所から海の眺望を満喫できます。

取材協力
せとうちSEAPLANES
https://setouchi-seaplanes.com/

ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道
http://www.bella-vista.jp/

PROFILE

古関千恵子

ビーチライター。リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信する。ダイビング雑誌の編集者を経てフリーとなり、“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”を繰りかえすこと四半世紀以上。『世界のビーチ BEST100』(ダイヤモンド・ビッグ社)の企画・執筆、『奇跡のリゾート 星のや 竹富島』(河出書房新社)の共著のほか、ファッション誌(『Safari』『ELLE Japon』など)やウェブサイトに寄稿。ブログも配信中。

特別な波がやってくるハワイのノースショアで見た、神がかり的サーフィン

一覧へ戻る

光を閉じ込めたようなブルーの海 南伊豆町・ヒリゾ浜

RECOMMENDおすすめの記事