旅空子の日本列島「味」な旅

日本の産業の近代化を支えた日本一のシルクの町 長野・岡谷

長野県のほぼ中央部、諏訪湖の北西畔に位置する岡谷は人口4万8000人余の工業都市。明治初期から昭和初期にかけて、多くの製糸工場があり、日本一、世界のシルクの町として栄えた。

展示

機械・器具や資料で製糸の工程や歴史を解説

それも昭和初期の世界大恐慌や太平洋戦争、戦後のナイロンの進出などで絹織物が衰退。製糸業はすたれた。

岡谷市の街なかにある機械・器具類、記録・資料などを展示する「岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや)」。生糸製造を続ける「宮坂製糸所」を併設する希少なミュージアムで、高度化した機械群や繭から糸を引き出す手作業なども興味深く見学できる。

宮坂製糸所

併設の宮坂製糸所で製造工程が見学できる

この地で製糸業を興したのは明治初期に天竜川沿いの川岸村で座繰製糸(ざぐりせいし)工場の片倉組から始めた片倉製糸紡績や、諏訪湖畔近くで創業した林國蔵を初代とする製糸所などである。

片倉家はのちに、片倉財閥と称されるほど大発展。1939(昭和14)年に群馬県にある富岡製糸所(世界遺産)の経営にも当たった。

旧林家住宅

製糸家の林國蔵が建てた豪勢な旧林家住宅

林家は岡谷の発展の基を築いた家のひとつで、國蔵が建てた「旧林家住宅」は、主屋、離れ座敷、茶室、洋館、土蔵(繭倉庫)などそれぞれに凝った意匠もそのままに現存、公開。西洋建築の壁紙の金唐革紙を張り詰めた部屋など見るべきものが多く、国の重要文化財になっている。

和室

ぜいたくな意匠が施された林家の和室

こうした繁栄の底力には過酷な労働に耐えた若い糸引き工女たち。『あゝ野麦峠』などで知られる哀史も忘れられない。

かつてのシルク王国の長野県には、蚕糸にまつわる産業、文化、施設が各地に残る。これらが手を携えて、産業・文化遺産として伝えるために複数の団体で“信州シルクロード連携協議会”を結成している。

諏訪市には片倉財閥が地域住民へ厚生と社交の場を提供した洋風建築の「片倉館」、駒ケ根市には「駒ケ根シルクミュージアム」や明治後期創業の「久保田織染工業」が見学施設になっている。

記念碑

「寒の土用丑の日」記念碑

そういえば岡谷は“うなぎの町”。伝統を受け継ぎ、市内にうなぎ屋がのれんを下げている。

うな重

「うなぎの館 天龍」の味も香りもいいうな重

岡谷うなぎのさばきは関東流の背開き、焼きは関西風の蒸さずにじか焼きという東西折衷。夏の土用丑(うし)の日に対して、立春前の1月最終の丑の日を“寒の土用丑の日”として脂ののった”寒うなぎ“のうまさを喧伝(けんでん)。備長炭の炭火焼きにこだわる「うなぎの館 天龍」で食べたうな重は、濃厚で甘めのタレが印象的な美味だった。

〈交通〉
・JR中央線岡谷駅下車
〈問い合わせ〉
・岡谷市商業観光課 0266-23-4811
 (信州シルクロード連携協議会事務局)
・諏訪市観光課 0266-52-4141
・駒ヶ根市観光推進課 0265-96-724

※都道府県アンテナショップサイト「風土47」より転載。

■バックナンバーはこちら

PROFILE

中尾隆之

中尾隆之(なかお・たかゆき)ライター
高校教師、出版社を経てフリーの紀行文筆業。町並み、鉄道、温泉、味のコラム、エッセイ、ガイド文を新聞、雑誌等に執筆。著作は「町並み細見」「全国和菓子風土記」「日本の旅情60選」など多数。07年に全国銘菓「通」選手権・初代TVチャンピオン(テレビ東京系)。日本旅のペンクラブ代表・理事、北海道生まれ、早大卒。「風土47」でコラムを連載中。

都会化の中に息づく宿場町の名残 埼玉・春日部市

一覧へ戻る

雄大な自然景観と真田氏の歴史を秘めた町 群馬県・沼田

RECOMMENDおすすめの記事