城旅へようこそ

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載「城旅へようこそ」。今回は静岡県島田市の諏訪原城です。戦国大名・武田氏の城によくみられる「丸馬出」(まるうまだし)を持つ代表格として名高いのですが、近年の調査でわかったことは、この城の丸馬出の多くが、武田氏の建造ではないらしいのです。
(トップ写真は諏訪原城の二の曲輪<くるわ>中馬出)

【動画】諏訪原城を歩いてみた

「丸馬出とは何か」が一目瞭然

諏訪原城は「丸馬出」の城だ。丸馬出を見たければ諏訪原城へ、と城ファンの間で暗黙の了解があるほど、諏訪原城には教科書的といえる丸馬出の典型例が存在し、丸馬出の代名詞にもなっている。諏訪原城を訪れれば、丸馬出が何かは一目瞭然(りょうぜん)。どんなに丁寧な解説よりも理解しやすい。

「馬出」とは、虎口(こぐち=出入り口)の前に置かれた、前線基地にも防御拠点にもなる空間のことだ。方形のものを角馬出、諏訪原城のような半円型を丸馬出と呼ぶ。馬出は堀で囲まれるのが一般的で、諏訪原城の丸馬出も、三日月堀と呼ばれる半円型の空堀でぐるりと囲まれている。

角馬出は北条の城、丸馬出は武田の城でよく見られるため、これまで「丸馬出=武田の城」という暗黙の了解が定着していた。そのため、丸馬出の代名詞でもある諏訪原城は武田の城の代表例として名を馳(は)せてきた。とりわけ、二の曲輪中馬出や二の曲輪大手馬出などは、かなり大きく見ごたえがある。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

ニの曲輪中馬出

ところが近年、諏訪原城の丸馬出を築いたのは武田氏ではなく徳川氏だった可能性が濃厚になった。徳川家康が武田信玄・勝頼との遠江をめぐる攻防の中で、改修した可能性が高まったのだ。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

諏訪原城ビジターセンターにある模型

武田方の遠江攻めの橋頭堡

諏訪原城は、駿河と遠江の国境にあたる大井川の西岸にある。1573(天正元)年、家康領であった遠江へ駿河から侵攻した勝頼が、家臣の馬場信春に設計を命じて築かせた城だ。築城の目的は、大井川沿いの防衛線、徳川方が遠江の拠点とする掛川城(静岡県掛川市)や久野城(静岡県袋井市)の牽制(けんせい)、そして高天神城(掛川市)攻めの前線基地としての機能だ。諏訪原城は武田方にとって、極めて重要な遠江攻めの橋頭堡(きょうとうほ)だった。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

二の曲輪の虎口へは、薬医門を折り返して細い通路を進む

駿河から遠江に入る交通・軍事上の要所にあるこの場所の掌握は、双方にとって戦いの行方を左右するほど重要だったはずだ。1574(天正2)年に勝頼が高天神城を攻略すると、諏訪原城は兵站(へいたん)基地としての役割を担った。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

二の曲輪と二の曲輪中馬出との間の外堀。かなり大きい

ところが、1575(天正3)年の長篠・設楽原の戦いで武田方が大敗を喫すると、形勢は逆転した。家康は三河・遠江の勢力奪還に乗り出し、すぐさま諏訪原城を攻略。すると諏訪原城は、徳川方の駿河攻めの最前線基地へと一変した。1581(天正9)年には、家康がついに高天神城を奪還。この勝利が武田方を遠江から撤退させる決定打となるが、諏訪原城を奪って大井川沿いの補給路を封じたことが、高天神城攻めの勝利に大きく影響したのはいうまでもない。

それだけ重要な地にあるため、家康も諏訪原城をかなり強化したようだ。『当代記』によれば牧野城と改め、駿河と遠江の国境を制圧するための徳川方の陣城として、松平家忠、松平康親、牧野康成らに在番させている。松平家忠が記した『家忠日記』には1578〜1581(天正6〜9)年までの長期的な築城の記述があり、松平家忠らによるかなりの大改修がうかがえる。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

二の曲輪側から見た外堀とニの曲輪中馬出方面

大井川を背にした、扇のような形

諏訪原城は、大井川下流域と菊川に挟まれた、牧之原台地の北端近くに築かれている。当時の大井川は牧之原台地に沿って流れており、城の背後は河川と断崖に守られていた。牧之原台地の先端を空堀で分断し、空堀の内側を本曲輪、外側を二の曲輪としている。地形の使い方は、武田の城を思わせる。

二の曲輪の外側にも巨大な外堀をめぐらせた諏訪原城は、扇のような形をしている。外堀には三つの虎口を設けて土橋でつなぎ、前面に丸馬出を配置。二の曲輪中馬出と二の曲輪北馬出、二の曲輪南馬出と二の曲輪東馬出は、それぞれ土橋でつながれてセットで機能する「重ね馬出」になっており、大小五つの丸馬出を駆使して虎口を複雑化した巧妙な設計になっている。どうやらこの外堀と丸馬出の多くが、徳川方による改修らしい。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

本曲輪から北西を見渡す。かつては大井川が迫っていた

台地上の平坦面(へいたんめん)にあるため、城内に傾斜があまりなく平城のように思えるが、諏訪原城は川が浸食した台地上に築かれているため、横堀も駆使されている。丸馬出ばかりに気を取られがちだが、たとえば本曲輪東側の搦手(からめて=裏側)も、曲輪直下が断崖として削り込まれた上、変則的な折れを伴う横堀と土塁で東山腹を強固に防備している。これも、徳川方による強化なのだろうか。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

大手付近から見渡す西側

二の曲輪より外側は徳川氏が拡張・改修か

考古学的にも、徳川方による改修の可能性が立証された。近年の発掘調査で、本曲輪からは2層(下層は武田時代、上層は徳川時代)と推定される遺構面が確認されたが、二の曲輪東内馬出と二の曲輪東馬出を除く二の曲輪より外側では、一面のみしか見つからなかった。

二の曲輪中馬出に重なる二の曲輪北馬出も、遺構は一面だった。となると、同時期につくられたと考えられる二の曲輪中馬出と外堀、外堀と連携する二の曲輪大手馬出も徳川の拡張となる。また、二の曲輪東内馬出からは武田段階の薬研堀(やげんぼり)を拡張した徳川時代の箱堀が見つかっており、二の曲輪東馬出の武田時代の地層からは激しい戦闘の証しである鉄砲玉が出土した一方で、二の曲輪中馬出および大手馬出の周辺では戦いの痕跡はなかったという。これらの調査結果から推察すると、武田時代の諏訪原城は本曲輪及び二の曲輪東内馬出や二の曲輪東馬出などの狭い範囲で、それ以外はすべて徳川によって改修・拡張されたと考えられる。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

二の曲輪を取り巻く長大な横堀

丸馬出の巨大さも、気になるところだ。この地域で武田方が同じ時期に手を入れた城を訪ね歩いても、諏訪原城ほどの巨大な丸馬出は造られていないのだ。どうも家康は、武田との戦いを通じて、武田の築城技術を取り入れた傾向がありそうだ。

堀切で外部から遮断し曲輪を土塁で囲むだけだった城が、長篠・設楽原の戦い以降、長大な横堀を多用したり、虎口を複雑化したりと、武田の城を接収したことで様変わりしていくように思われる。その技術は、やがて1584(天正12)年の小牧・長久手の戦いに備えて強化した城にも投じられているように感じられる。

武田の城か徳川の城か 教科書的な「丸馬出」が残る名城 諏訪原城

二の曲輪東内馬出。ここもかなり大規模

「これまで感激していた“武田の丸馬出”が“徳川の丸馬出”だったとは!」と、裏切られた気にもなるが、そんな改変と解明があるからこそ、城はミステリアスでおもしろい。さらなる発見があるかもしれないが、いずれにしても、丸馬出を多用したダイナミックかつ技巧的な縄張がよく残る、戦国時代の山城を代表する名城であることは間違いない。

(この項おわり。次回は6月1日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト

■諏訪原城
https://www.city.shimada.shizuoka.jp/shimahaku/docs/kuni-01.html(島田市博物館)

>> 連載一覧へ

PROFILE

萩原さちこ

小学2年生のとき城に魅了される。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座などをこなす。著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、『日本100名城めぐりの旅』(学研プラス)、『お城へ行こう!』(岩波ジュニア新書)、『図説・戦う城の科学』(サイエンス・アイ新書)など。webや雑誌の連載多数。

河川と街道の交差点を押さえる、南北朝時代発祥の城 小瀬戸城

一覧へ戻る

山麓まで続く竪堀 緻密でダイナミックな設計に悶絶! 静岡市・丸子城

RECOMMENDおすすめの記事