1日1旅

南インド 炭のアイロン専門店

「鉄製のアイロンに炭が!」。道ばたで見かけたテーブルと日傘だけのアイロン店。男性はアイロンの上部を開け、真っ赤に熱くなった炭を選別して中に入れていく。クリーニング店ではなく、アイロン専門店だから面白い。自分で洗濯したものを持ち込む仕組み。ワイシャツ1枚が5ルピー(約7円)と、その安さにこれまた驚く。日本でも昔使われていたよう。インドの電気が安定しない場所では、いまも炭アイロンが使われているのだ。

(インド・チェンナイ)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

サンフランシスコの再開発地区 ドッグパッチエリア

一覧へ戻る

“ロバの道”が残る小さな村 ブリジゲッラ

RECOMMENDおすすめの記事