クリックディープ旅

時刻表を分析し、いざ宮古島へ 沖縄の離島路線バスの旅2

下川裕治さんが沖縄の離島の路線バスを乗り尽くす旅。前回は久米島を制覇しました。今回からはバス会社が複数あり、路線も多い宮古島。島入り前夜に練った作戦は、成功するのでしょうか?

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。

(写真:中田浩資)

沖縄の離島旅・宮古島1

宮古島バス系統図

※主に文章に登場するバス停を表記するなど簡略化。図はみやこ下地島エアポートライナーの路線を含んでいます

沖縄の離島の路線バスをすべて乗り尽くす……。久米島の路線バスを制覇し、いったん那覇に戻った。そこから飛行機で宮古島に向かった。その前夜、那覇の定宿に泊まった。離島の人たちがよく利用するホテルだった。改築がはじまっていた。聞くと改築後の宿代は3倍近くになるという。改築途中の配線がむき出しの部屋に安い料金で泊めてもらった。その部屋で、中田カメラマンと一緒に、宮古島の路線バスの時刻表と格闘していた。宮古島には、新里宮国線、与那覇嘉手苅線など9路線があった。本数は多くない。これらをどう組み合わせたら、効率よく路線バスを制覇できるか……そのパターンに悩んでいた。組み合わせは膨大になる。いくつかに絞り込み宮古島に渡ったのだが……。

※宮古島周辺の路線バスは、宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、共和バス、中央交通の4社が運行しています。そのうち宮古協栄バスは今年の4月にダイヤや運賃の改定が行われ、それに伴って路線やバス停、バス停名が一部変更されています。

長編動画


新里宮国線の路線バスからの車窓風景を約50分。サトウキビの畑が広がるのびやかな風景から平良(ひらら)港までを。

短編動画1


平良港から与那覇嘉手苅線の車内を。乗客は僕らだけ。

短編動画2


宮古島市内のバス停でバスを待つ。疲れがたまってますなぁ。路線バス疲れ?

今回の旅のデータ

沖縄本島と宮古島を結ぶフェリーはなく、飛行機のみ。那覇空港と宮古空港の間には、日本トランスオーシャン航空、全日空、琉球エアーコミューターが就航している。かつてはスカイマークが就航し、価格競争のなかで片道5千円を切ることもあった。しかしスカイマークは撤退。LCCも就航していないためやや高くなっている。直前に買ったため、片道1万円弱だった。宮古空港には、大阪や名古屋方面からの便も就航している。みやこ下地島空港ターミナルのある下地空港には、東京や大阪からLCCのジェットスター・ジャパンも。現在は新型コロナウイルスの影響でスケジュールが流動的。事前に確認を。

沖縄の離島旅・宮古島「旅のフォト物語」

Scene01

空港ターミナル前

がしがしと乗らないと、2~3日の日程では宮古島の路線バスは乗り尽くせない……。事前に時刻表を調べてわかっていた。まず、宮古空港の前にある空港ターミナル前というバス停から新里宮国線に乗ることにする。待つこと約30分。3分遅れでバスは姿を見せた。宮古島のバス旅がはじまる。

Scene02

バスの中

勢いよくバスに乗り込んだのだが、乗客は運転席の後ろに座るオバアひとり。オバアは沖縄方言でおばあさんのことだ。がらすき車内で、いきなり宮古島のゆるい空気に包まれる。新里宮国線は、宮古島南部をぐるりとまわる路線。所要時間は1時間ほどだ。

運賃は手渡し

運賃は運転手がわかっていた。なにしろ乗客が少ないですから。運賃箱はかつて、精算機になっていたようだが、それが壊れ、投入口は粘着テープでふさがれていた。運賃は手渡し。お釣りは運転手さんがまた手渡し。これから3日間、宮古島の路線バスに乗ったが、すべてこのシステムでした。

Scene04

平良港

バスは空港ターミナル前に戻り、そこから平良港(結節地点)のバス停へ。目の前には平良港。海の色が宮古島です。乗客のオバアは降り、途中からベトナム人風の若者がひとり乗ってきた。宮古島の路線バスは老人と高校生の乗り物かと思っていたが、最近はアジアからの研修生も。

Scene05

車内広告

新里宮国線をぐるりと一周して運賃は240円。車内で僕は大変なことに気づいてしまっていた。路線図を見てほしい。乗ったバスは東ツンマーの先から少し入った野原公民館前に寄らずに宮国方面へ向かった。そういうスケジュールになっていたのだ、この区間はどうしたら……。沖縄らしい車内広告を見ながらため息ひとつ。

Scene06

海

続いて来間島方面に向かう与那覇嘉手苅線に乗ることにした。乗車まで少し時間がある。平良港に沿った道で食堂を探した。ふっと右手を眺めると、この海。宮古島はミニバブルに揺れ、物価は高いが、海は一級だ。浜はパイナガマビーチ。宮古島市民は気軽にこの浜で遊ぶことができるぜいたく。

Scene07

宮古そば

ビーチ沿いに、「宮古そば」というのぼりを出した店があったので入ってみた。宮古そばの特徴は、具を麺の下に隠すことといわれるが……隠れていません。宮古島には数十回来ているが、いまだに具が隠れた宮古そばに出合ったことがない。昔はそうだった? 沖縄本島の宮古そばの店では、具を隠して出すことがあるらしいが。この店の宮古そばは770円でした。

Scene08

平良港(結節地点)のバス停

平良港(結節地点)のバス停に戻り、与那覇嘉手苅線のバスを待つことに。宮古島にはバスターミナルがない。このバス停が、なんとなくその役割を果たしていた。バス停は平良港ターミナルビルの裏手。伊良部大橋ができ、伊良部島と宮古島を結ぶフェリーや高速船も廃止。ターミナルビルは売店や食堂も閉店。ひっそりしていた。

Scene09

リゾート客

与那覇嘉手苅線は、宮古島の南にある小島、来間島に渡る。来間大橋を渡り、そして来間島を一周する。この道は、観光用のツアーバスやタクシーをチャーターした人がまわるコース。でも運賃は路線バス運賃。乗客はほとんどいないから貸し切り状態。すご~く得した気分で、来間島を自転車で走るリゾート客を眺めていました。

Scene10

来間大橋

来間島への往復で来間大橋を2回渡る。全長1690メートル。スケールでは追って渡る伊良部大橋に及ばない。しかし、与那覇前浜のビーチ、濃い緑で埋まる来間島、そしてその間の翡翠(ひすい)色の海……。それらを1枚の絵のように眺めることができる来間大橋からの眺めはやはりすごい。うっとりするような橋を渡る時間がすぎていく。

Scene11

運転手の奥濱克己さん

与那覇嘉手苅線は宮古協栄バスだった。終点は、平良港の先の平良。一周して920円。続いて八千代バス・タクシーが運行する池間一周線に乗るつもりだった。宮古島のバス会社はほかに共和バス、中央交通がある。運転手の奥濱克己さんに聞くと、「会社が違うから正確にわからないなぁ」。調べると同じバス停名がもうひとつ……。

Scene12

バス停へ急ぐ

宮古島には宮古協栄バスの平良、八千代バス・タクシーの平良のふたつのバス停。ややこしい。八千代バス・タクシーの平良に急ぐ。そこでまた問題が発覚。路線図を参照してほしいが、途中の成川に停車するバスがもうない。次に停車するのは、翌朝の6時半発の始発が折り返す1本。さてどうしよう……。

Scene13

バス停

急いで乗ることができるバスを探す。あった。友利線。平良港に戻り、息を弾ませながら乗り込んだ。友利線は宮古島の南東エリアを一周する。高校の下校時間だったが、乗ってきたのはふたりだけ。バスはサトウキビ畑のなかを進む。見ると「西西」というバス停。西という集落の西側の意味? 名前のつけ方、ちょっとおざなり?

Scene14

理髪店

バスは宮古島市街に戻ってきた。今日、乗ることができるバスはない。ぼんやりと車窓を眺めていると、「TOKOYA」という屋号の理髪店。安易というか、あまりに直球というか。沖縄では、この直球看板をときどき目にする。来間島には、「とうふ屋」という豆腐屋があった。那覇には「ゆびわ屋」という貴金属店も。

Scene15

宮古島まもる君と宮古島まる子ちゃん

宮古島といったら、右側の宮古島まもる君。これは宮古島警察が、島のなかの道路に設置している警察官型人形。ほぼ1日、宮古島の路線バスに乗っていたが、この日だけで3回ほどみかけた。すっかりサトウキビ畑が広がる風景に溶け込んでいる。10年ほど前に、宮古島まる子ちゃんも登場。2ショットが撮れるのは宮古島警察署前だけ。

※取材期間:2020年2月13日~2月15日
※価格等はすべて取材時のものです。

【次号予告】次回も宮古島のバス旅を。

■「台湾の超秘湯旅」バックナンバーはこちら
■「玄奘三蔵の旅」バックナンバーはこちら
■ 再び「12万円で世界を歩く」バックナンバーはこちら

BOOK

時刻表を分析し、いざ宮古島へ 沖縄の離島路線バスの旅2
12万円で世界を歩くリターンズ
[タイ・北極圏・長江・サハリン編] (朝日文庫)
リターンズ第二弾では、タイと隣国の国境をめぐり、北極圏を北上し、長江をさかのぼる旅へ、予算12万円で約30年前に旅したルートをたどる。さらに「12万円でサハリンに暮らす」ことにも挑戦。旅は、世界はどう変わったか?
朝日文庫
3月6日発売
定価:770円(税込み)

PROFILE

  • 下川裕治

    1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「一両列車のゆるり旅」(双葉社)、「週末ちょっとディープなベトナム旅」(朝日新聞出版)、「ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅」(中経の文庫)など。最新刊は、「12万円で世界を歩くリターンズ 【タイ・北極圏・長江・サハリン編】」 (朝日文庫)。

  • 中田浩資

    1975年、徳島県徳島市生まれ。フォトグラファー。大学休学中の1997年に渡中。1999年までの北京滞在中、通信社にて報道写真に携わる。帰国後、会社員を経て2004年よりフリー。旅写真を中心に雑誌、書籍等で活動中。

久米島からスタート 沖縄の離島路線バスの旅1

一覧へ戻る

宮古島の「盲腸路線」攻略に挑む 沖縄の離島路線バスの旅3

RECOMMENDおすすめの記事