太公望のわくわく 釣ってきました

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

西へ東へ、海へ川へと旅して釣りする太公望たちの奮闘記です。魚との知恵比べ、釣った魚で一杯……。目的は人それぞれながら、闘いの後の心地よい疲労と旅情は格別。今回は、釣りライターの安田明彦さんが、滋賀県高島市の安曇川(あどがわ)で、アユの友釣りに挑みました。例年になく大物が釣れているとの情報に駆けつけると……。

>>連載一覧へ

例年になく大きなアユが釣れている

今年はおかしい、今年はおかしいと、毎年のように言っている気がしてなりません。
潮がおかしい、気温がおかしい、雨の降りようがおかしい、釣れる魚が釣れないなどなど、おかしいことは、いっぱいです。

かつて河川に放流されるアユ種苗のほとんどは、琵琶湖産のコアユが占めていました。
が、冷水病なる病気がアユに広がり、放流しても、病にかかってしまうと、そのほとんどが、死んでしまうという事態になり、次第に使われなくなってきました。現在は、処理されたアユ種苗になってきています。
その、琵琶湖のコアユも、今年は増えていると聞きますし、サイズも良いとのこと。

成長しても10センチ程度のコアユですが、河口近くで行われている釣りでは、15、16センチという、類をみない大きさのものが釣れたりしていました。
これも、おかしい現象の一つです。

例年になく大きなアユが釣れているというニュースが、滋賀県高島市を流れる安曇川の朽木(くつき)地区から入ってきました。6月の中旬の時点で、20センチ級が上がっているというのです。ひと月、いや、ひと月半は早いような気が……。

アユ放流量も通常より0.7トンも多い、約2.7トン。しかも、放流時期もほぼひと月は、早かったと、村上おとり店の村上さんは言います。魚影が濃く、しかもサイズも良いという、釣り師にとっては、願ってもない好条件です。

梅雨のなか休みとなった7月2日、オトリアユを使う「友釣り」をしに突撃してきました。

まずは支流の麻生川を攻める

増水からの引き水状態。本流は釣りづらいので支流に行かれたらどうですか?と村上さん。大きいのが釣れると聞き、胸躍らせて支流の麻生川へ。

車を走らせながら、好場を探し、小さな瀬を見つけて入ります。石色、つまり、コケの付き具合も良さそう。アユがいたら、一発で掛かるはずです。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

小さな瀬だが、けっこうアユは潜んでいた

しかし、運悪く、すぐに根掛かり。ハリが外れないので川に入って取りに行きますと、アユが右往左往しています。
「ワッ、ポイントつぶしてしまったかなー」と思いましたが、少し上流からなら、釣れるのでは。そこへオトリを誘導すると、ギュギュッ、ガツンときました。ものの5秒。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

麻生川のアユはよく肥えて、キレイな魚体だった

しっかり竿(さお)をためて引き抜くと、これがまた、大きい! 20センチ級です。増水しても川幅9メートルあるかどうかの小さな川で釣れるサイズとしては、びっくりです。しかも、でっぷりと肥えています。エサのコケがたっぷりとある証拠でしょう。

2尾目はすぐに掛かったのですが、3尾目は苦労しました。下流の瀬を狙ってもポツンと来ただけ。
気温が低く、オトリアユを追い払おうとする「追い」が悪いのかもしれません。上流を探索しますが、1尾追加しただけ。

本流・安曇川では小物続き

元の場所に戻り、オトリを入れると、水温が上がって活性が上がったのか、5尾連続の入れ掛かり。追いがなくなったので本流に戻り、さきほどの村上おとり店前で狙うことに。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

麻生川での釣果は、サイズはよいものの、数が出なかった

店の駐車場には、数台の車が。ということは、釣りができているし、釣れているということでしょう。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

右端に見える赤と白の棒は、水位計。オトリ店のまん前で人気のポイントだ

麻生川で釣った天然の元気なオトリをセットして、石裏のヨレ(流れが乱れている場所)へ。待つこと数分。ギュンとアタリがきて、針が「背掛かり」しましたが、麻生川と比べ、ひと回りもふた回りも小さいのです。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

追って掛かるのは、ほとんど背掛かりだった

文句を言わず、数を増やそう!と考えますが、ポツンポツンと釣れる程度。
それまで上流にいた釣り人が帰ったので、移動します。
手前のコケが付いた石をめがけてオトリを送り込むと、待ったなしで掛かります。
放流量が多いと、こんな感じで釣れるんですよね。

手前の筋を狙うも、ポツンポツンなので、お尻まで立ち込み、川の中央部分にある黒い石を狙うと、これまでとは違うアタリが。
ガツン!ギューンと背掛かりばかり。しかも18センチ級の真っ黄色い、縄張りを持ったアユばかり。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

麻生川と村上おとり店前の安曇川の2カ所での釣果

バタバタっと追加して、合計23尾に。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

釣りをしたあたりは鯖(さば)街道が通っている。帰路、地元スーパーで買った、普通のサバずしと焼きサバずし。安くておいしかった

梅雨の合間に楽しい友釣りが出来ました。竹串に刺してアユは炭焼きで。たまりませんねー。

アユの友釣りで大物を狙え! 滋賀県高島市の安曇川

炭火で焼くと、見た目もさらにおいしそうになる

今年は楽しみな安曇川朽木地区ですね。

■村上おとり店
https://murakami-ayu.jimdofree.com/

PROFILE

  • 釣り大好きライター陣

    安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

  • 安田明彦

    釣りライター
    1959年大阪市生まれ。父親の影響で子供のときから釣りが大好き。大学卒業後、釣り週刊誌の記者、テレビの釣り番組解説者などを務め、「やっさん」の愛称で親しまれる。あらゆる釣りを経験するが、近年は釣って楽しく、食べてもおいしい魚だけを求めて行くことが多い。釣り好き、魚好きが高じて、大阪市内で居酒屋「旬魚旬菜 つり宿」を営んでいる。

クーラー満タンを目指し梅雨イサキを狙え 千葉県いすみ市・大原港

一覧へ戻る

2年連続の爆釣なるか 東京湾のマダコ 伝統の手釣り 指先で乗りを察知せよ

RECOMMENDおすすめの記事