1日1旅

ホージア・レーンで出会ったバックパッカー

「ここは若者に人気の場所だけど、僕も見に来たかったんだよ」。ウォールアートで有名な“Hosier Lane(ホージア・レーン)”という通りで、その男性は照れ笑いしながら話してくれた。確かに、周りを見渡せば“写真映え“する壁を前にはしゃいでいる若い人は多い。大きなバックパックを背負いながら、スタスタと歩く彼も旅人らしかった。しばらくその場を楽しんだようで、別れ際、ウィンクしてその場を去っていった。

(オーストラリア・メルボルン)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

雲の中にそびえ立つ台北101

一覧へ戻る

真っ白な大地がつづく乾いたウユニ塩湖

RECOMMENDおすすめの記事