おうちで作る旅先の味

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

イスラエルに行ってみたいと思ったのは、大学時代の友人、リーモアの影響だ。イスラエル系アメリカ人の彼女はニューヨーク育ちながら、大学に入る前の3年間をイスラエルで過ごしていた。彼女の語る現地の様子は、ニュースなどで見る紛争状態の国とは程遠く、聞いているだけで太陽と地中海のきらめきや生き生きとした街の様子が目に浮かぶようだった。

■連載「おうちで作る旅先の味」は、ライターの太田瑞穂さんが、旅の思い出をつづりつつ、心に残ったご当地料理を、現地の人に教わったレシピで作って紹介します。

>> 連載一覧へ

ゆっくりと、丁寧に素材を混ぜる友人の姿

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

イスラエル最大の都市テルアビブは、地中海に面したビーチタウンだ

今回紹介するシャクシューカは、大学時代、リーモアが週末のブランチによく作ってくれた料理だった。トマトをどっさりとフライパンで炒め煮したなかに卵を割り入れ、木ベラで混ぜ合わせる。普段活発な彼女からは想像もつかないほどゆっくりと、丁寧に混ぜる手元がいまでも目に浮かぶ。

週末の食卓に上るシャクシューカは、卵料理というよりはトマトソースの卵とじと言った感じで、寄せ豆腐のようにしっとりしている。滋味深い味わいと食感が絶妙で、遅くまで飲んだ次の朝(というよりはお昼頃)、ぼーっとする頭をかかえてコーヒーをすすり、ちぎったトーストにシャクシューカをのせて食べるのが、週末のみんなの楽しみだった。

開放的な地中海沿岸の街テルアビブ

イスラエルを初めて訪れたのは、大学を卒業してからのこと。当時、イスラエル最大の都市テルアビブに住んでいたリーモアのもとに遊びに行った時だ。イスタンブール経由で空港に到着したのは土曜日の早朝で、空港は閑散としていた。イスラエルでは、金曜日の日没から土曜日の日没までを「安息日」とするユダヤ教の教えを守り、交通機関をはじめ、あらゆるサービスがストップしてしまう。厳格なユダヤ教徒は電気のスイッチを入れることすら「仕事」とみなしてしないほど、ものすごく真面目に休むのだ。そんななか、彼女は眠い目をこすりながら車で迎えにきてくれていた。

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

道路脇に大きなテントが張られ、フリーマーケットが開催されていた

テルアビブは、聞いていた通り、活気のある魅力的な街だった。強い日差しでいい具合にあせた色の建物に、涼しい影をつくる大きな木々が寄り添い、どこか南欧の街のようだ。歩道にせり出したカフェのテラスはどこも人であふれ、それだけでも時間がゆったりと流れているように感じる。

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

晴れの日はテラス席が大人気。同じ店でも屋内はガラガラだった

日差しは強いものの、東京よりもカラッとしているからか、屋外の木陰の心地よさは格別だ。地中海に面したビーチや中心部にある半屋外のカルメル市場をはじめ、街中にはちょっとしたスペースに屋根をつけた本屋やフリーマーケットが点在していて、一日中外で過ごすことができる。テルアビブの街が開放的に感じるのは、このように、外と内の境界線があいまいだからかも知れない。

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

テルアビブ中心部にあるカルメル市場は、市民の台所

シャクシューカを作るたびに思い出すのは、こうしたテルアビブの街の風景だ。「シャクシューカ」というおまじないのような名前と、大学時代に聞いていたイスラエルのイメージ、そして実際に訪れたテルアビブの街が思いのほか強く結びついていたのかも知れない。実際は、北アフリカ発祥の料理で、地中海沿岸から中東のさまざまな地域で食べられていると知ったのは最近のことだ。この不思議な名前は、もともとベルベル語で「ごちゃまぜ」を意味するという。

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

心地よく風が抜けるビルとビルの間の空間を利用した本屋さん

そして、ここ数年、旅先でおしゃれなカフェに入ると、朝食のメニューの中に「シャクシューカ」を目にするようになった。「お!」と思うのもつかの間、運ばれてきたシャクシューカを見て驚いた。割り入れたまま調理された卵がトマトソースに浮かんでいる料理だったのだ。最初こそ、カフェ独自のスタイルなのだと思ったが、国や店が変わっても、私が慣れ親しんだ卵とじ状のシャクシューカが出てくることはなかった。

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

ジョージアの首都トビリシのカフェで出てきたシャクシューカ。トマトソースにポーチドエッグが浮かんでいる

友人の姉シャロンさんのレシピは

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

シャロンさん(左)はイエメンで代々銀細工職人だった家系出身で、現在、この伝統技術を生かしたジュエリー作家としてテルアビブで活躍している(https://chandally.com)。シャクシューカはシャロンさんの子供たちも大好物だそう=シャロンさん提供

そこで、今回紹介するレシピを教えてくれた、リーモアの姉でテルアビブ在住のシャロンさんに、シャクシューカの形状の謎についてたずねると、カフェで提供されていた、トマトソースに卵を割り入れたまま調理したものが一般的で、卵を混ぜ合わせるのは、実家でお母さんがやっていた作り方だと教えてくれた。この話をリーモアに伝えると、「実は、私もイスラエルのカフェで初めてシャクシューカを注文した時はびっくりして、シェフが卵を混ぜ忘れたのかと思った」と返ってきて、思わず笑ってしまった。

混ぜても混ぜなくても、どちらもおいしいが、大学以来、知らぬうちに友人のおふくろの味を作り続けていた私には、やっぱり、混ぜ合わせた方が親しみある味に感じてしまう。

<シャクシューカ>

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

シャクシューカの材料

【材料】
完熟トマト 2~3個
タマネギ(大) 1/2個
ニンニク 2片
卵 2〜3個
オリーブオイル 大さじ2
塩コショウ

【作り方】
1. 大きなフライパンを中火にかけ、オリーブオイルを入れる。
2. みじん切りにしたタマネギとニンニク、塩を入れ、5分ほど炒める。
3. みじん切りにしたトマトを入れ、水分が減るまで10~15分炒める。
4. トマトのソースに穴を作り、卵を割り入れ、ふたをして5分ほど火を通す(もしくはトマトソースと卵を混ぜ合わせてからふたをする)。

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

このままの状態でふたをすれば一般的なシャクシューカ、トマトと卵を混ぜ合わせると友人のおふくろの味となる。お好みで!

5. 出来上がり! パンと一緒にどうぞ。

シンプルだけど味わい深い おまじないのような名の「シャクシューカ」

一般的なシャクシューカ(皿の手前右)と、友人のお母さんオリジナル(同左)。付け合わせは、ラバネ(ヨーグルト200gに塩小さじ1/3を混ぜ、一晩水切りし、食べる前にオリーブオイルをまぶす)とサラダ(きゅうり1本と中サイズのトマト1個をさいの目に切り、塩小さじ1/2、レモン半個分のレモン汁、オリーブオイル大さじ2、コショウ少々を加えて混ぜる)

*「トマトを入れる前にゆでたビーツを入れたり、砕いた羊のチーズを最後に入れたり、コリアンダーを飾ったりしてもおいしいですよ」とシャロンさん
*卵は、形を残すなら1人1個、混ぜ合わせるなら2人分で3個がちょうどいい
*ニンニクを利かせた方がおいしいが、においが気になる方は1片に減らしてもOK

>> 連載一覧へ

PROFILE

太田瑞穂

ライター、翻訳&通訳。旅先でその土地の日常的な暮らしやそこに根付く文化を少しだけ体験するのが好き。

バリ島ジンバランの魚市場で感動した、焼きサバの「サンバル」添え

一覧へ戻る

サルサダンスの街で食べた、ホッとする味 コロンビアのタマル

RECOMMENDおすすめの記事