クリックディープ旅

13路線ある石垣島の総仕上げ 沖縄の離島路線バスの旅9

下川裕治さんが沖縄の離島の路線バスを乗り尽くす旅。前回に続いて、13路線ある石垣島。3回に渡る記録の最終回です。バスに毎日乗り続けた下川さんは、不思議な感覚を体験したそうです。

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと、相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。

(写真:中田浩資)

沖縄の離島旅・石垣島3

石垣島バス系統図

主に文章に登場する停留所名を記載するなど、簡略化しています

今回は石垣島のバス旅の3回目。石垣島の路線バスをすべて走破するまでを紹介する。沖縄の離島を走る路線バスをすべて乗り尽くそうという酔狂な旅。久米島、宮古島とその周辺の島をまず乗り終えた。続いて八重山諸島に渡り、竹富島、西表島、そして与那国島のバスを乗り切り、石垣島に。13路線もある島のバスを根気よく乗り続ける。しだいに飽きてくるが、最後は忍耐力の勝負? 

この後、東京と沖縄で新型コロナウイルスの感染が拡大。バス旅はいったん中断。感染が収束に向かうのを待って、沖縄本島周辺の離島のバスに乗ることになる。

長編動画

新石垣空港から石垣島の路線バスの北端、平野バス停までの車窓風景を。観光客の多くは、空港から石垣市街に向けて南下するバスに乗る。乗客の少ないローカル区間だ。

短編動画

石垣島のバスに乗っている間、ずっと聞き続けていた英語(?)案内。外国人観光客はこのほうがわかりやすいのだろうか。根本的な疑問ですが。

今回の旅のデータ

石垣島のバスは13路線。そのうち12路線は東運輸の運行。この会社のバスに乗るなら、フリーパスが得。1日フリーパスは1000円。みちくさフリーパスという5日間のフリーパスは2000円。運賃をみると、バスターミナルと空港は片道540円、川平リゾート線はバスターミナルから終点のシーサイドホテルまで乗ると片道730円。平野線は終点の平野まで乗ると片道1300円。1日フリーパスでも、片道や往復した時点で元がとれる。石垣島の人々もよく使っている。バスターミナルのほか、車内でも買うことができる。5日間のフリーパスはバス乗り尽くし派用の超お得パス?

沖縄の離島旅「旅のフォト物語」

Scene01

バス

毎日、コツコツと路線バスを乗り尽くしていく修業のような旅が続く。今日は石垣島の北端まで走る平野線。石垣島では長い路線で、片道1時間25分も乗る。途中、新石垣空港(バス停名は石垣空港)にも止まるので、そこまでは乗客もいるが、それ以北になると、車内は閑散。のんびりバス旅です。

Scene02

フリーパス

みちくさフリーパスという5日間のパスを使っていたが、前日、そのパスが期限切れ。新しく1日フリーパスを買った。旅のデータでも伝えたが、このフリーパスは安い。平野線の終点の平野までの運賃は片道1300円。しかし1日フリーパスは1000円。終点まで乗る人で、いったい誰が通常の運賃を払うのだろう? ちょっと安すぎない?

Scene03

牛の群れ

空港をすぎると、家が減って動物が多くなる。牧場が広がり、そこには牛の群れ。昔は子牛を石垣島で育て、成長すると本土に送り、本土のブランド牛に姿を変えることが多かった。その流れを止めて、石垣牛というブランドをつくっていった。そして地産地消。それが石垣島に焼き肉店が多い理由。ちょっと多すぎるが。

Scene04

ヤギと犬

終点の平野に着いた。ここで50分ほど停車してバスターミナルに戻る。ちょうど昼どき。近くに食堂でもと探し歩くと、目が合ったのは犬とヤギでした。犬が小屋に隠れたが、ヤギは体勢ひとつ変えず、「なにをしにきたの?」といった顔。しかしこのヤギ、やけに大きい。石垣島で育つとこうなる?

Scene05

畑

しかたないので海でも見ようと、サトウキビ畑のなかを進む。正面の林の向こうが海のはずなのだが道は行き止まり。石垣島も北端近くになるとビーチに行く人もいなくなる。遠くからアニメの主題歌が流れてきた。車を使った移動スーパーかも。パンか弁当がある? 急いで集落に戻ったのだが……。

Scene06

平野のバス停

移動スーパーは次の集落に移動してしまっていました。することがないので、平野のバス停にぽつん。なぜかこのバス停にはソファセットまであって、涼しくなると、集落の人が集まって世間話の場になりそうな雰囲気。売店1軒もない平野。バス停が皆の憩いの場になる。なんとなくわかります。

Scene07

売店

バスターミナルから平野まで行った同じバスに乗ってバスターミナルに戻る。運転手さんは僕らの存在がわかっている雰囲気で、無言でパスをチェック。途中で共同売店が見えた。沖縄本島などから移り住んだ人が多い石垣島。彼らが出資し、共同売店をつくった。つけで買い、収穫時に返済する。共同売店は開拓を支えた。いまはただの売店ですが。

Scene08

海

川平リゾート線に乗る。石垣島の南西海岸を走る。ここにはリゾートホテルが集まっていて、フサキビーチリゾート、クラブメッドなどカタカナのバス停名が多くなる。海岸に沿ってマングローブが続く一帯でもある。石垣島のなかでは華やいだ路線なのだが、乗客はわずか。高級リゾートの客は路線バス……乗らないよなぁ。

Scene09

車窓の風景

川平リゾート線が走る一帯は、山が海に迫り、平地が少ない。右手に緑の濃い山々、左手に海という石垣島らしい風景が広がる。これだけ毎日、バスに乗り続けていると、ときどきエアポケットに入ったような、ぼーっとしてしまう一瞬がある。眠さとは違うある種の恍惚(こうこつ)感。ランナーが快感を味わうというランナーズハイに似ている?

Scene10

川平公園前

バスは川平公園前に止まった。もう何回も通ったバス停だ。この川平リゾート線以外に、西回り一周線、米原キャンプ場線、吉原線。路線によっては、このバス停に2回止まるため、6回通ったことになる。石垣島の路線バスを乗り尽くすうちに、こういうことになってしまった。その効率の悪さにため息をつく。

Scene11

マルハ鮮魚

石垣島の路線バスをほぼ乗り終えた。残るのはカリー観光が運行する空港直行バスだけだ。ほっとひと息。そんなときは、石垣港離島ターミナルに足が向いてしまう。そこにある「マルハ鮮魚」というさしみ屋でオリオンビールを1杯。翌日は石垣島を去る儀式のように、潮風に吹かれる。

Scene12

さしみ

「マルハ鮮魚」ではビールと、500円のキハダマグロのさしみをひとつ。僕にとって、この店は靴下をはく店だった。離島で履いていたビーチサンダルを脱いで靴に。ここからバスに乗って空港、そして東京に戻る。今回の沖縄は終わり……と自分にいい聞かせてビールを飲む。いつもこの店で。

Scene13

カリー観光のバス

翌日、カリー観光の直行バスで空港に向かう。石垣港離島ターミナルと空港を結んでいる。東運輸のフリーパスを使うことができないので、運賃の500円を料金箱へ。バスは東運輸の空港路線とは少し違う道を通って空港へ。ノンストップなので30分ほどで着いてしまう。

Scene14

サトウキビ畑

カリー観光のバスは、はじめ東運輸と違う道を走るが、途中から東運輸の空港線と同じ国道390号で空港に向かう。石垣島の路線バス制覇の旅では何回も走った道。市街を抜けると、サトウキビ畑に囲まれた道になる。バス停の名前ももう半分ぐらいは覚えてしまった。ちょっと切ない。

Scene15

そば

新石垣空港。1階のカフェテラス式の食堂で八重山そばでも……とメニューをみると、島野菜そば、650円。沖縄のそばは肉が多く、何回も食べていると胃にこたえる。で、野菜そばを頼むのだが、これがたっぷりの油で炒めた野菜が載ってきて後悔する。しかし島野菜そばは違いました。野菜を湯がいている。沖縄の人たちもカロリーを気にするようになった。

※取材期間:2020年6月27日~7月3日
※価格等はすべて取材時のものです。

【次号予告】次回は本島周辺の島のバス旅を。

■「台湾の超秘湯旅」バックナンバーはこちら
■「玄奘三蔵の旅」バックナンバーはこちら
■ 再び「12万円で世界を歩く」バックナンバーはこちら

13路線ある石垣島の総仕上げ 沖縄の離島路線バスの旅9
下川さんによるクラウドファンディング 
【コロナ禍】国からの援助がないバングラデシュの小学校で働く先生たちを応援したい~休校中の生活支援プロジェクト~
くわしくはこちら
下川さんのブログ
12万円で世界を歩くバングラデシュ編はこちら

BOOK

13路線ある石垣島の総仕上げ 沖縄の離島路線バスの旅9
12万円で世界を歩くリターンズ
[タイ・北極圏・長江・サハリン編] (朝日文庫)
リターンズ第二弾では、タイと隣国の国境をめぐり、北極圏を北上し、長江をさかのぼる旅へ、予算12万円で約30年前に旅したルートをたどる。さらに「12万円でサハリンに暮らす」ことにも挑戦。旅は、世界はどう変わったか?
朝日文庫
3月6日発売
定価:770円(税込み)

PROFILE

  • 下川裕治

    1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「週末ちょっとディープなベトナム旅」(朝日文庫)、「ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅」(中経の文庫)、「世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア大陸横断2万キロ」(朝日文庫)など。最新刊は、「台湾の秘湯迷走旅」(双葉文庫)。

  • 中田浩資

    1975年、徳島県徳島市生まれ。フォトグラファー。大学休学中の1997年に渡中。1999年までの北京滞在中、通信社にて報道写真に携わる。帰国後、会社員を経て2004年よりフリー。旅写真を中心に雑誌、書籍等で活動中。

本腰入れて石垣島の路線迷路へ 沖縄の離島路線バスの旅8

一覧へ戻る

制限時間は2時間! 座間味島乗り尽くしに挑む 沖縄の離島路線バスの旅10

RECOMMENDおすすめの記事