1日1旅

バラナシで見かけた少年の僧侶

ガンジス川沿いには、朝早くから多くの人が集まっていた。聖地と呼ばれるだけあり、ヒンドゥー教、仏教、シーク教、キリスト教など、様々な宗教の信者が訪れている。少年の僧侶も見かけた。北インドの冬は冷え込み、丸坊主の頭が寒そうだ。平気そうな子もいるが、頭から袈裟(けさ)をかぶっている子もちらほら。これからこの冷たい川で沐浴(もくよく)をするのだろうか。想像するだけで身震いしてしまう。

(インド・バラナシ)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

アメリカの容赦なきボリューム満点スイーツ

一覧へ戻る

老若男女が集まるシェムリアップのパブストリート

RECOMMENDおすすめの記事