楽園ビーチ探訪

「加計呂麻ブルー」求め、入り江に散る「シマ」をさまよう

鹿児島県・奄美大島の南部と、大島海峡を挟んで対岸に浮かぶ加計呂麻島。奄美大島の古仁屋港から、加計呂麻島の二つの港、瀬相(せそう)と生間(いけんま)へは海上タクシーやフェリーが運航しています。島の周囲は、約150キロ。意外と大きな島で、海岸線は入り組み、山がちな起伏に富んだ地形をしており、無数の入り江に集落(シマ)が点在しています。
(トップ写真は映画「男はつらいよ」シリーズ最終作「寅次郎紅の花」のロケ地となった徳浜©寺本薫子)

連載「楽園ビーチ探訪」は、リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信するビーチライターの古関千恵子さんが訪れた、世界各地の美しいビーチや、海のある街や島を紹介いたします。

ラムネ色の海はお預け シマからシマへ「獣道」に迷い込む

生間でレンタカーを借りて、さぁ、どこに行こう。まずは、「実久(さねく)ブルー」と呼ばれるほど澄んだ海が広がる、西端の実久の集落を目指すことにしました。

ブルーのグラデーションが期待できそうな海

太陽光が降り注いだら、きれいなブルーのグラデーションが期待できそう

海岸線に沿った道路を、右に海を見ながら走ります。数軒のペンションが連なる、シュノーケリングが楽しいスリ浜で海を眺め、島の中心部である瀬相の土産物店「いっちゃむん市場」でお弁当を買い(島にはコンビニがないので、食料はこの付近で)、武名(たけな)でガジュマルの巨木を見上げ……と、寄り道ばかりしたくなるせいか、なかなか目的地に着けません。

しかも、特に名もない場所でも風景に惹(ひ)かれて、車を止めては写真に撮りたくなるのです。瀬戸内海や伊勢湾のような島が折り重なるような入り江、岬の合間の小さな集落、平らなテーブルサンゴをきっちりと積み重ねた石塀の民家、海を望む縁側でくつろぐ島の人……。のんびりとした島の時間が流れています。

武名のガジュマルの木©寺本薫子

幹線道路から少し内陸に入った武名のガジュマルの木©寺本薫子

実久にたどり着いた頃には、もう夕方近く。有名な「実久ブルー」の海を見ることはできませんでした。それでも太陽光が差し込んだら、美しいラムネ色のような海になりそうだと予想ができる、ポテンシャルの高さを感じます。

実久ビーチの巨岩

沖縄などで見られる琉球石灰岩とは異なる、実久ビーチのチャートの巨岩

晴れた日の実久ビーチ

晴れた日の実久ビーチ。これが、一度は見てみたい「実久ブルー」©crossisland-kakeroma

西部にある実久から東部へ戻る際、道に迷って、あろうことか、獣道のような林道へ。細い山道を右に左にハンドルを切り、両側から迫る藪(やぶ)に視界を遮られて、車のスピードも時速15キロくらい。頭上を木々が覆う山中では、夜が駆け足で迫ってくる気配が、心細さを倍増させます。そんな山道を1時間ほど走り、東側の集落の明かりが見えた時の、安心したこと!

島が折り重なるように連なる、リアス式海岸

島が折り重なるように連なる、リアス式海岸。どことなく瀬戸内海のよう。ちなみに加計呂麻島は瀬戸内町に属する

奄美大島から「かき取られて」できた島

その夜、加計呂麻島でガイドをしている寺本薫子さんとお会いし、島についてお話を聞くことができました。東京生まれながら、島に魅了されて2000年に移住。島の魅力をウェブやラジオなどを通して発信している方です。

まずは、島の名前について。
沖縄にも末尾に「ま」が付く島が多くあり、「ま」はおそらく「島」のこと。そして、琉球・奄美の方言には「あいうえお」の「え」段がなく、かわりに「い」段で発音するので、昔は「かきろま」と呼ばれていたそう。「ろ」は語呂合わせ。まとめると、「カキの島」。

海と山に囲まれた、小宇宙のような集落

海と山に囲まれた、小宇宙のような集落

そこから、「奄美大島が欠けた島」、「匙(さじ)でかきとった島」、「影の島」、「垣根の島」など、正解はわからないけれど、このあたりのどれかではないでしょうか、とのこと。もともとは奄美大島の一部だった加計呂麻島。地図を見ると、あちこちをスプーンでかきとったような、ギザギザとした島の形をしています。ドライブ中に見た、沖の小さな島々もスプーンからこぼれたかけらのように思えてきます。

加計呂麻島は島の東西で、地質も異なります。東側は泥岩、西側はチャート(かつて放散虫の死骸が深海の底に堆積=たいせき=してできた岩)。西側の方が、湾が緩やかな弧を描き、アップダウンも激しくないので、ドライブに適しているとのこと(ただし山道以外!)。そのため加計呂麻島ハーフマラソンのコースも西側に設定されているそうです。

ニライカナイに通じる立神さま

テーブルサンゴを積み重ねた石垣

テーブルサンゴを積み重ねた石垣。平らな積み方、杉の葉のようなヘリンボーン模様の積み方など、家々の個性が出ます。大きなサンゴを切り出して積む亀甲相方積みの石垣は、ぶぎんしゃ(分限者=富豪)の象徴だとか

島内には30の集落があります。「前は海、後にはハブがすむ山が迫り、集落はいい意味で孤立をしていて、小さな島に30の小宇宙があるようなもの。日が暮れて、人工的な光が見えなくなると、昔から変わらぬ人の営みが感じられる気がするんです」と寺本さん。

シマの神様がネリヤ(神の国)から戻る時に、第一歩をしるす小島

シマの神様がネリヤ(神の国)から戻る時に、第一歩をしるす小島です©寺本薫子

シマによっては岬の先に立神(たちがみ)さまと呼ばれる三角錐(すい)の小島があります。これは、シマの神様が「竜宮城」(ニライカナイのような理想郷。奄美ではネリヤという)からシマに戻ってくる時に最初に降り立つところ。そこで神様は身だしなみを整え忘れ物がないかチェックなさるのよ、と寺本さんが笑う。翌朝、東端に近い渡連(どれん)の浜から立神さまを眺めました。自分の家に戻る前に、神様が背筋をしゃきっとさせる姿が、思い浮かんできます。

加計呂麻島は美しい自然のみならず、伝説や慣習、人々との触れ合いなど、魅力が多面的。「かめばかむほど味が出る島」という寺本さんの言葉に、再訪を誓いました。

【取材協力】

カケロマ・ドット・コム
http://kakeroma.com/

>> 連載一覧へ

PROFILE

古関千恵子

ビーチライター。リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信する。ダイビング雑誌の編集者を経てフリーとなり、“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”を繰り返すこと四半世紀以上。『世界のビーチ BEST100』(ダイヤモンド・ビッグ社)の企画・執筆、『奇跡のリゾート 星のや 竹富島』(河出書房新社)の共著のほか、ファッション誌(『Safari』『ELLE Japon』など)やウェブサイトに寄稿。ブログも配信中。

ハンマーヘッドが来る海を見守る、伊豆・神子元島の歴史的灯台

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事