海の見える駅 徒歩0分の絶景

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

2019年3月に全線開通した、三陸鉄道リアス線。岩手県大船渡市の盛(さかり)駅〜久慈市の久慈駅を結び、全長は163kmを誇る。第三セクターの中では日本最長の路線だ。三陸海岸の風光明媚(めいび)な景色で有名なだけあって、海の見える駅も数多い。

■連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

>> 連載一覧へ

その中でも特に開放的な眺めを楽しめるのが、岩手県北部にある野田玉川駅と堀内(ほりない)駅という、二つの無人駅。それぞれ、2013年に放送されたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」のロケに使われた駅でもある。

北三陸の絶景を求め、2016年2月のある朝、「三鉄」の北端・久慈駅を出発した。

朝日を見るならうってつけの、野田玉川駅

久慈駅を発ったのは、まだ空も暗い午前6時。なぜこんな早朝に乗り込んだかというと、一つ目の目的地、野田玉川駅で朝焼けを見るためだ。

久慈駅からおよそ20分で、野田玉川駅に到着。ドアが開くと同時に、まぶしい光の帯が目に入った。はるか先には、水平線と、上空を覆う厚い雲。ちょうど日の出を迎えた太陽が顔を出していた。

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

雲の影ができた黒い海を、昇りたての太陽がスポットライトのように照らす。雲のない朝焼け……ではないものの、かえって珍しい、幻想的な日の出に出会えた。野田玉川駅には海側と山側にホームがあるが、列車を降りた海側のホームが、幸いにもベストビュースポット。ほとんど移動せぬまま、海のほうをじっと見つめ続けた。

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

まもなく、太陽は雲の中に一度隠れてしまった。駅に着いてわずか5分ほど後のことだ。

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

三陸といえば、リアス式海岸の入り組んだ海岸線のイメージが強い。しかし、岩手県の北部の海岸線は比較的なだらかで、加えて陸地の標高も高いため、見晴らしがよい。野田玉川駅はそんな地形にある上、特に東側の視界が開けている。朝日を見るにはうってつけというわけだ。実際に、三陸鉄道で元旦に運行される「初日の出号」の中には、この駅で初日の出を迎える列車もあった。

撮影を終えて列車を待っていると、向かいのホームに久慈行きの列車が到着。いつの間にやってきたのか、学生さんがひとり、列車へと乗り込んでいった。

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

風光明媚な路線でも、その役目は何より地域の大切な足。久々に見た人の姿に、少しほっとした。

三陸屈指の絶景駅、堀内駅

続いて訪れたのは、野田玉川駅の隣にある、堀内駅。午前7時半を過ぎ、辺りはすっかり明るくなっていた。

ホームで列車を見送ると、小さな漁港と、太平洋の青い水平線が目に飛び込んだ。

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

堀内駅の特徴は、なんといってもこの開放的なロケーション。標高約30mにある単線のホームは海向きで、待合室からでも、いやおうなしに海が視界に入る。青森・岩手・宮城の3県にまたがる三陸海岸の中でも、屈指の眺望を誇る駅だ。この高い標高のおかげで、東日本大震災のときも、堀内駅は津波による浸水を免れた。

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

待合室から漁港を見下ろす

ホームやその周りで海を眺めているうちに、あっという間に1時間が経っていた。そして帰りの列車がホームに滑り込む。さっきまで頭上を覆っていた雲もいつしか消え、空はこのうえない青色を放っていた。

ちなみにこの堀内駅、「あまちゃん」では「袖が浜駅」という名前で登場した。ホームには堀内駅の駅名標とは別に、「袖が浜駅」の駅名標がさりげなく置かれている。

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅

絵に描いたような澄み切った情景と、空想の駅名標。まさにドラマの世界にいるような気分で、駅を後にした。

三陸鉄道久慈駅からリアス線で約20分(野田玉川駅)、約30分(堀内駅)。

三陸鉄道
https://www.sanrikutetsudou.com/

>> 連載一覧へ

BOOK

「あまちゃん」の舞台、北三陸の絶景駅へ 岩手県の野田玉川駅と堀内駅
海の見える駅
海の見える駅を巡る村松拓さんの旅をまとめたガイドブックです。これまでに訪問した約300駅の中から70カ所を選び、駅の写真、簡単な説明とともに紹介しています。
雷鳥社
定価:1500円(税別)

PROFILE

村松拓

アマチュア写真家
1991年1月生まれ。川崎市出身。
2004年の夏休み、初めての一人旅で見た常磐線の車窓が忘れられず、2005年に末続駅(福島県いわき市)を訪問。それから海の見える駅の旅を始め、これまでに約300駅を取材。2006年にWebサイト「海の見える駅」を開設。現在は東京・新橋で会社員として働く傍ら、余暇で旅を続ける。著書に『海の見える駅』(雷鳥社・2017年)。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

一覧へ戻る

ホームから見下ろす相模灘と湯けむり 静岡県の伊豆北川駅と伊豆熱川駅

RECOMMENDおすすめの記事