1日1旅

タイ北部の伝統楽器 「サロー」

少数民族、タイ・ルー族の村に行くと、「サロー」と呼ばれる伝統楽器で奏でる古典音楽で迎えてくれた。タイは大きく分けて四つの地方に分類され、地方独特の音楽文化が伝承されている。タイ北部には「サロー」と「スン」という伝統楽器が受け継がれてきた。ステージや音楽ホールではなく、その土地で生まれた楽器で奏でる音楽をその場所の風に吹かれながら聞くと、体全体に音楽が染みわたっていく。

(タイ・ナーン)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

タ・プローム遺跡で出合ったトカゲ

一覧へ戻る

お気に入りのスポットに寝転ぶ? エディンバラの公園

RECOMMENDおすすめの記事