永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(81) ハロウィーン用のカボチャに思案? 永瀬正敏が撮ったニューヨーク

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回は、ハロウィーンの時期に訪れた米国ニューヨーク。男性が、カボチャの山を前に思案を巡らせているようですが……。

(81) ハロウィーン用のカボチャに思案? 永瀬正敏が撮ったニューヨーク

©Masatoshi Nagase

いつからだろう?
こんなに日本でハロウィーンがメジャーになったのは。

ついこの前まで洋画や海外ドラマの中だけで、その世界観を楽しんでいたような気がするのだが。
とにもかくにも、家族や友人たちで楽しめるイベントが増えるのはいいことだと思う。

ケルト民族の宗教的な儀式が起源とも言われるが、今は少し変化している。
子供たちがそれぞれ趣向を凝らしてコスプレし、近所の家を訪ね歩く姿はとてもキュートだ。

2015年、ちょうどハロウィーンの時期にアメリカに滞在していた。
いたるところがハロウィーン仕様にディスプレーされ、
このあと訪れる感謝祭や、クリスマスホリデーとはまた違った華やかさだった。

ここはニューヨークのユニオンスクエア。
この日は市場が開かれ、たくさんの食材と共に様々な種類の“カボチャ”も並んでいた。
それをジッと眺めている男性がいる。
どれで「ジャック・オー・ランタン」を作ろうか?と考えているのだろうか?
それともパーティーへどんなコスプレで行こうか?と考えているのか?
もしくは過去のハロウィーンでの切ない出来事を思い返しているのだろうか?
それとも……。

普段なら、売られているカボチャを見てもそこまで考えなかったと思う。
この時期だからこそいろいろな考えが頭の中を巡った。

明日、皆さんはどんなハロウィーンを過ごされますか?

“Happy Halloween!! Trick or treat!”

バックナンバー

>>連載一覧へ

PROFILE

永瀬正敏

1966年宮崎県生まれ。1983年、映画「ションベン・ライダー」(相米慎二監督)でデビュー。ジム・ジャームッシュ監督「ミステリー・トレイン」(89年)、山田洋次監督「息子」(91年)など国内外の約100本の作品に出演し、数々の賞を受賞。カンヌ映画祭では、河瀬直美監督「あん」(2015年)、ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」(16年)、河瀬直美監督「光」(17年)と、出演作が3年連続で出品された。近年の出演作に常盤司郎監督「最初の晩餐」、オダギリジョー監督「ある船頭の話」、周防正行監督「カツベン!」、甲斐さやか監督「赤い雪」など。写真家としても多くの個展を開き、20年以上のキャリアを持つ。2018年、芸術選奨・文部科学大臣賞を受賞。

(80) 今度は堂々とした立ち姿、そして…… 永瀬正敏が撮った台湾

一覧へ戻る

(82) 蛍光灯が照らす熟練のハサミ 永瀬正敏が撮った台湾

RECOMMENDおすすめの記事