太公望のわくわく 釣ってきました

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

西へ東へ、海へ川へと旅して釣りする太公望たちの奮闘記です。魚との知恵比べ、釣った魚で一杯……。目的は人それぞれながら、闘いの後の心地よい疲労と旅情は格別。今回は、朝日新聞の西田健作記者が、神奈川県の三浦半島沖でブリの若魚、ワラサ釣りに挑みます。釣果は好調との情報に勇んで出かけてみると……。

【動画】三浦半島沖でワラサ釣り

<ヒラメ釣り全面解禁 鮮烈ライトで竿頭めざせ>はこちら
<東京湾でドラゴン捕獲 タチウオのテンヤ釣り大ブーム>はこちら

三浦半島沿岸で10月から 恒例の「ワラサ祭り」

釣りの世界で「祭り」といえば、一つの魚が釣れ盛ること。初秋の東京湾は、横須賀沖でドラゴン級(1.2メートル超)が次々と釣れた「タチウオ祭り」に沸きました。でも、三浦半島沿岸で伝統のある「祭り」といえば、なんといっても「ワラサ祭り」です。

ワラサは、ブリになる一歩手前の若魚の呼び名で、だいたい60センチ~80センチぐらい。出世魚と呼ばれ、関東ではおおむねワカシ(35センチ未満)→イナダ(35~60センチ)→ワラサ(60~80センチ)→ブリ(80センチ超)と呼び名が変わります。毎年秋になると、黒潮に乗ってやってきたワラサの群れが三浦半島の先端近くを通過。それが「祭り」の始まりです。

ワラサのような「青物」の引きは強烈で、針がかりすると、竿(さお)先がズドンと曲がって海中に突き刺さるほど。釣り人たちは年に一度の「ズドン」を心待ちにしているんです。

ワラサ船の主要な漁港は、三浦半島の先端近くにある松輪港(神奈川県三浦市)。船宿さんの釣果欄を眺めていると、今年も10月に入って、ズドンが始まったみたい。こうしてはいられない。10月末、釣友の和田翼さんを誘って、行ってきました。

夜明けとともに、いざ沖へ!

毎年、毎年、この釣りが気になるのは、港が活気に満ちあふれるからです。私もですが、釣り人というのは面白いもので、狙う魚によって、振る舞い方が変わってしまうことがあるんです。ワラサの時は、太い竿と大きなリール、でかいクーラーを持参して港に集合。それに合わせて、なぜか、声が荒々しくなったり、歩幅も大きくなったりするんです。家族と行くマアジ釣りの時と比べたら別人のよう。眼光もちょっと鋭くなっているかもしれません。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

ワラサ狙いの釣り人で活気に満ちた松輪港

出船時間は午前6時30分。1時間前になると、松輪港に釣り人が集まってきました。今回お世話になったのは成銀丸さん。港にはほかにも大きな遊漁船が並び、続々と釣り人が乗り込んでいきました。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

三浦半島の南端近くから日の出とともに出船

ワラサ祭りは、松輪港から釣り場に向けて、遊漁船が一斉にスタートするところから始まります。この日は強い北東風。その風を受けながら、大船団が南東に進みます。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

遠くに富士山が見えた

朝一番が勝負のコマセ釣り しかし……

釣り方は、オキアミを使ったコマセ釣りです。錘(おもり)と一体になったプラスチックのビシカゴにコマセを詰めて、ワラサが泳いでいる深さまで沈めてからコマセをまきます。針を刺す餌も同じオキアミで、コマセに突っ込んできたワラサが餌を吸い込めば、針が口元にかかるという仕組みです。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

オキアミを赤いプラスチックのビシカゴに詰め、海中でまいてワラサを寄せる

ワラサ釣りはいい日に当たればクーラー満タンも夢ではない魚です。しかも、直前までよく釣れていたので、悪くても3匹は釣れるはず。「どこに配ろうか? 釣れすぎると困るかも」。深夜の往路では、和田さんとそんな話で盛り上がっていました。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

針にも同じオキアミを刺す。上側は人工の偽オキアミ。ワラサをだませるか?

この釣りは朝一番が勝負となります。大船団の釣り人がコマセを一斉にまくので、ワラサがすぐにおなか一杯になってしまうからだと思います。朝イチに盛り上がり、その後、ぽつり、ぽつりの釣れ具合になって、お昼近くにもう一度盛り上がる、というのが、だいたいのパターンです。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

松輪沖にはワラサ狙いの遊漁船が集まった

この日、ワラサが泳いでいたのは水深50メートルほどの位置。ビシをそこまで落とし、竿を大きくしゃくってコマセを巻いて、2分ほどズドンを待ちます。でも、この日は渋かった。モーニングサービスがほとんどありません。

ハリスを8号から6号へ細く そして……

アタリが無ければ、針を結んだハリスを細くするのが釣りの常道です。ハリスが目立ちにくくなり、えさが自然に漂いやすくなるからです。ハリスが切れるリスクは高くなりますが、背に腹は代えられません。私も8号から6号へと細くすることにしました。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

釣友の和田翼さん

釣り開始から1時間30分ほど経ったでしょうか。突然、私の竿が満月のように曲がりました。「食った!」。電動リールのスイッチを入れると、ウイーン、ウイーンと大きな音をたてるものの、なかなか糸が巻き取れません。どうやら良型のようです。

すぐに上へ上へと巻き上げないと、乗り合い船では、隣の人と糸が絡んでしまいます。何とかしようと竿を起こすと、ふっと竿先が軽くなってしまいました。痛恨のバラシ。巻き上げると、ハリスの結び目が切れていました。こんなことがあるなんて。逃した魚は大きかった。以後、さっぱり当たりがなくなってしまいました。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

和田さんの竿が大きく曲がる

今日はダメかも。諦めかけた昼近く、隣の和田さんの竿がぐっと曲がり、海中にズドンと突き刺さりました。ウイーン、ウイーン。電動リールが順調に糸を巻き取っています。最後に6メートルあるハリスを手でたぐって、見事、魚はネットイン。60センチを楽に超える立派なワラサでした。うらやましい。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

良型のワラサを釣り上げ笑顔の和田さん

ついに待望のアタリが! でも、巻き上げはやけに軽快

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

なんとか1匹と念じて竿先を眺める筆者

このままでは、私だけが手ぶらに。でも、これ以上ハリスを細くすると、せっかくワラサが針がかりしても糸が切れてしまいます。何とか1匹。辛抱強く、何度も何度もコマセを巻き続けていると、ついに私にも待望のアタリがありました。

でも、先ほどのバラシとは何かが違う。竿の突っ込みは「ストン」くらいで、リールの回転音も軽快なまま。タモに収まったのは、ワラサに出世する前のイナダ。50センチ弱でした。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

最後の最後でオデコ(釣果ゼロ)を免れ笑顔の筆者

結局、和田さんと私は釣果1匹ずつ。午後1時過ぎに納竿となりました。

「もっと釣れると思ったんだけど……」。帰路の会話に、往路の勢いが無くなったのは、言うまでもありません。とは言うものの、釣りをしていると、貧果はすぐに忘れてしまうんですよね。来年こそは、でかいワラサでクーラー満タンに! 年がいもなくポジティブな気持ちになれるのが、「ワラサ祭り」の魅力なんです。

年に一度の「ワラサ祭り」 出かけてみたら 神奈川県・三浦半島

イナダは刺し身に。小型でも脂がのっていた

成銀丸
http://www.naruginmaru.com/

>> 連載一覧へ

PROFILE

  • 釣り大好きライター陣

    安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

  • 西田健作

    朝日新聞記者
    1971年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。15年ほど前に千葉県浦安市に引っ越し、ディズニーランドのすぐ近くで魚が釣れることを知り、釣りにはまる。朝日新聞社では文化くらし報道部で宗教・歴史・美術担当。2020年4月から7年ぶりに管理職(デスク)から現場の記者に戻ってはりきる一方で、相変わらず週末の釣りにのめり込んでいる。

本州最南端! 和歌山・串本町でカセに乗り五目釣り

一覧へ戻る

爆釣! 大阪湾・洲本沖のタチウオ 夫婦でウハウハ62尾

RECOMMENDおすすめの記事