永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(85)灼熱の太陽と真っ黒な看板 永瀬正敏が撮ったカタール

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回は、本連載初登場のカタール。この一枚に込められた永瀬さんの思いとは。

(85)灼熱の太陽と真っ黒な看板 永瀬正敏が撮ったカタール

©Masatoshi Nagase

どの国でも、最初に目にするのは車窓からの風景。

空港に降り立ち、移動の車や列車の窓から見える景色を体感すると、
異国の街に降り立ったんだという実感が湧く。

僕は空港からの移動車に乗り込んだ瞬間、いつもまずカメラを取り出す。
そして流れ行く景色を目に焼き付けて、ある時からカメラをその風景に向ける。

これから起こりうるさまざまな出来事に大きな期待と少しの不安を抱えながら、
目にする景色が、旅の始まりを告げている。
その瞬間をカメラに収めておきたい、いつもそう思うのだ。
移動のスピードに負け、使い物にならない写真も中にはある。
でもそれも含めて、その国での初めての高揚感が写り込んでいる気がする。

この作品もそんな一枚。
カタールのドーハへ初めて伺った時のものだ。
アラビア語の看板が目に留まり、シャッターを切った。
遠くには「ラクダに注意」?の標識。

真夏には気温が50℃近くにもなる灼熱(しゃくねつ)の太陽にさらされた、
乾いた大地の中にそびえ立つ真っ黒な看板、
このコントラストがこの旅の始まりを出迎えてくれた。

バックナンバー

>>連載一覧へ

PROFILE

永瀬正敏

1966年宮崎県生まれ。1983年、映画「ションベン・ライダー」(相米慎二監督)でデビュー。ジム・ジャームッシュ監督「ミステリー・トレイン」(89年)、山田洋次監督「息子」(91年)など国内外の約100本の作品に出演し、数々の賞を受賞。カンヌ映画祭では、河瀬直美監督「あん」(2015年)、ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」(16年)、河瀬直美監督「光」(17年)と、出演作が3年連続で出品された。近年の出演作にオダギリジョー監督「ある船頭の話」、周防正行監督「カツベン!」、甲斐さやか監督「赤い雪」 、大森立嗣監督「星の子」など。 写真家としても多くの個展を開き、20年以上のキャリアを持つ。2021年1月16日から3月21日まで、愛知県の「高浜市やきものの里かわら美術館」で写真展が開催される。2018年、芸術選奨・文部科学大臣賞を受賞。

(84) 灰の数ほど捧げられた祈り 永瀬正敏が撮った台湾

一覧へ戻る

(86) ラクダは嵐の前の静けさ? 永瀬正敏が撮ったカタール

RECOMMENDおすすめの記事