魅せられて 必見のヨーロッパ

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

ツアーの行き先としてはメジャーでないけれど足を運べばとりこになる街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる「魅せられて 必見のヨーロッパ」。2018年秋に訪れたクロアチアの旅、今回はオパティヤから南下してビオグラード・ナ・モルを経由し、シベニクまで、アドリア海沿岸のリゾート地を巡ります。

可愛い! 「世界でもっとも小さい」町  クロアチアの旅 (3) フムから続く
ローマ帝国の巨大な円形闘技場が クロアチアの旅 (2) プーラはこちら
迷路のような路地と紺碧のアドリア海 クロアチアの旅 (1) ロヴィニはこちら

王侯貴族の保養地オパティヤ

前回公開のイストラ半島のフムからアドリア海沿岸を南下して、シベニクまで250㎞ほどのドライブ。途中、海に面した保養地オパティヤを散策。さらに南下してビオグラード・ナ・モルでカフェに立ち寄りました。

どこまでも青い海と空、吹き抜けるアドリア海の風を満喫しました。
イストラ半島の東側沿岸のオパティヤは、ハンガリー国王を兼ねたオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(1830~1916)が避寒のために滞在した、気候と景色の良い町です。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

王侯貴族のリゾートとして栄えたオパティヤ

岩の上に立つのは彫刻家で画家のズボンコ・カルが制作した「カモメと少女」。オパティヤの象徴とも言われます。

マリンスポーツが盛んなビオグラード・ナ・モル

アドリア海沿岸をさらに南下してザダルを過ぎ、ビオグラード・ナ・モルに到着。クルーザーが停泊し、マリンスポーツが盛んな観光地です。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

ビオグラード・ナ・モルの港を歩きながら、透明な青い海に見とれます

海に近いカフェバー「トンチ」へ向かいます。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

ビオグラード・ナ・モルのカフェバー「トンチ」

10月とはいえ日差しが強く、快い海風に当たりながらコーヒータイムを楽しみました。

城塞の街・シベニクへ

シベニクに到着しました。この町が最初に文書に現れたのは1066年。城塞がいくつもあり、城塞の町とも呼ばれます。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

シベニクに到着

車をとめて少し歩くと、丘の上に聖ミカエル城塞がそびえています。上ってみました。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

聖ミカエル城塞から眺める旧市街と海

絶景! 日の光に輝く海と入り江の風景に心が癒やされます。中央のドームを持つ白い建物は聖ヤコブ大聖堂です。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

聖ミカエル城塞からの眺望

どこか日本の景色をも思わせる海と島の山並みに、郷愁を感じます。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

旧市街を歩いてみる

階段が多い町です。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

家々の間を抜けてうねるように続く細い路地

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

渡り廊下でつながっている建物

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

街角で見かけたちょっとコワイ頭像

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

修道院や庭園を修復する人たちの姿が

歴史的建造物や街並みを美しく保存するには常に修復が必要です。

世界遺産・聖ヤコブ大聖堂を訪ねる

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

聖ヤコブ大聖堂

聖ヤコブ大聖堂は、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。15世紀から16世紀にかけて、約100年がかりで建てられました。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

(左)聖ヤコブ大聖堂には大天使ミカエルの像が
(右)聖ヤコブ大聖堂内部。修道女の姿が印象的でした

美しい建物のレストラン おいしいスカンピ

見学の後は、レストラン「グラドゥスカ・ヴィエチュニツァ」でランチ。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

レストラン「グラドゥスカ・ヴィエチュニツァ」

美しい歴史的建物です。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

ヘルシーな野菜の前菜

この青菜はダルマチア地方などでよく見かけます。緑の香りが爽やかで、おいしい野菜。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

スカンピのグリル

イタリア料理によく登場する、スカンピと呼ばれる手長エビは、クロアチアでも同様にスカンピと呼ばれます。殻を外して食べるのがちょっと大変ですが、新鮮な焼きたては香ばしくておいしい! レモンとザクロがのっていてカラフル。南欧を感じます。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

デザート

クレープに包まれたアイスクリームにチョコレートがかかり、さらに生クリームが添えてあります。甘くてボリュームたっぷり。クロアチアの太陽のようにおおらかな味わいです。

細い石畳の路地と抜けるような青い海と空。秋とはいえ、南欧らしい強い日差しで日に焼けました。夏のリゾート気分でさらにアドリア海沿岸の旅は続きます。

■クロアチア・ハートフルセンター
https://croatia.heteml.jp/chc/

■Croatian National Tourist Board
https://croatia.hr/en-GB

PROFILE

相原恭子(文・写真)

慶應大学卒業。ドイツ政府観光局勤務を経て、作家&写真家。「ドイツ地ビール夢の旅」(東京書籍)、「ドイツビールの愉しみ」(岩波書店)、「ベルギー美味しい旅」(小学館)、「京都 舞妓と芸妓の奥座敷」(文春新書)、「京都 花街ファッションの美と心」(淡交社)、英語の著書「Geisha – A living tradition」(フランス語、ハンガリー語、ポーランド語版も各国で刊行)など著書多数。国内はもちろん、国際交流基金・日本大使館の主催でスペイン、ハンガリー、エストニアで講演会や写真展多数。NHK「知る楽」「美の壺」、ラジオ深夜便「明日へのことば」「ないとエッセー」、ハンガリーTV2、エストニア国営放送など出演多数。
https://blog.goo.ne.jp/goethekyoko

可愛い! 「世界でもっとも小さい」町  クロアチアの旅 (3) フム

一覧へ戻る

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

RECOMMENDおすすめの記事