魅せられて 必見のヨーロッパ

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

ツアーの行き先としてはメジャーでないけれど足を運べばとりこになる街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる「魅せられて 必見のヨーロッパ」。2018年秋に訪れたクロアチアの旅、今回は南部のスプリット。世界遺産の宮殿の中に街の人々が暮らしている、趣のある街です。

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへから続く
可愛い! 「世界でもっとも小さい」町  クロアチアの旅 (3) フムはこちら
ローマ帝国の巨大な円形闘技場が クロアチアの旅 (2) プーラはこちら
迷路のような路地と紺碧のアドリア海 クロアチアの旅 (1) ロヴィニはこちら

住居もオフィスも宮殿の中

前回紹介したシベニクから南へ、約1時間余りのドライブでスプリットに到着。人口約18万人。首都ザグレブに次ぐ第2の都市です。「スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿」として、世界遺産に登録されています。この町の旧市街は、ディオクレティアヌス宮殿そのものといった趣で、そこで人々の生活が営まれています。住居はもちろん、オフィスや商店なども宮殿の中にあります。地下空間も迫力があって、見ごたえ十分です。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

スプリットに到着

まだ日差しが強いとはいえ10月末なので日没が早く、午後6時過ぎに到着するともうかなり暗くなっています。


世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

旧市街を歩く

早速、宮殿(旧市街)を散策してみましょう。スプリットを訪ねるのはこれが3度目ですが、夜の散歩は神秘的な雰囲気を感じて好きです。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

地元の人はもちろん、ヨーロッパ各国、アジアからも観光客が訪れます

引退したローマ皇帝ディオクレティアヌスの住まい

ここスプリットに近いサロナ(現在のソリン)に生まれたローマ帝国のディオクレティアヌス帝(在位284~305)は、退位して故郷へもどり、老後を過ごす宮殿を建設しました。それが、このディオクレティアヌス宮殿です。自ら退位して隠居したローマ皇帝は珍しいようです。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

ロマンチックな霧雨の中を散策するカップルも

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

子供連れで散歩する人も

路地には洗濯物が干してあり、生活感があります。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

まさに遺跡を実感する住居

現代人の日常が、1700年も前に建設が始まった宮殿に息吹を与えています。建物が時を越えて利用されていることが、究極のエコロジーにも思えてきました。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

修復した部分とオリジナルの部分の対比が、不思議な空間を作っています

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

宮殿の地下

宮殿の地下へ入ってみると、その広大さに圧倒されます。ディオクレティアヌス帝が建設を始めた当時の広さは3万平方メートルと言われています。

異民族に追われた人々が宮殿に逃げ込み都市化

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

迷路のようで、別世界に迷い込んだ気持ちになります

サロナの人々は、7世紀初頭にアヴァール人とスラブ人の攻撃を受けました。逃げ場を失った彼らは、堅牢なこの宮殿の中へ逃げ込み、住居を作りました。その頃の遺構も残っています。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

いかにも文化財といった雰囲気です

保存のために「立ち入り禁止」とせず、時を越えて人々と共存しています。まさに「生きている歴史」ですね。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

たくさんの部屋があります

立て札の説明によると、この古い木は、1950年代に発掘されたディオクレティアヌス時代のものとされる木製の梁(はり)です。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

ディオクレティアヌス帝の胸像も展示されています

地上部分は修復や増築、部分的に壊されるなどされてきましたが、地下は建設当時の姿が比較的残っています。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

外から眺めるディオクレティアヌス宮殿

プロムナードを歩く人たちの群れに加わって、私も海面に明かりが揺らぐ港を眺めました。タイムトンネルから出てきたような気持ちです。

一夜明け、街の美しさを堪能

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

朝のディオクレティアヌス宮殿

出発の朝です。

世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリット

美しいスプリットの町の眺望

スプリットの港からヴィス島へ向かうフェリーに乗り、スプリットの町を眺めました。山々が海に迫るユニークな風景。その美しさに見とれました。

次回はヴィス島の港町コミジャを歩き、お料理とお菓子も楽しみます。

■クロアチア・ハートフルセンター
https://croatia.heteml.jp/chc/

■Croatian National Tourist Board
https://croatia.hr/en-GB

PROFILE

相原恭子(文・写真)

慶應大学卒業。ドイツ政府観光局勤務を経て、作家&写真家。「ドイツ地ビール夢の旅」(東京書籍)、「ドイツビールの愉しみ」(岩波書店)、「ベルギー美味しい旅」(小学館)、「京都 舞妓と芸妓の奥座敷」(文春新書)、「京都 花街ファッションの美と心」(淡交社)、英語の著書「Geisha – A living tradition」(フランス語、ハンガリー語、ポーランド語版も各国で刊行)など著書多数。国内はもちろん、国際交流基金・日本大使館の主催でスペイン、ハンガリー、エストニアで講演会や写真展多数。NHK「知る楽」「美の壺」、ラジオ深夜便「明日へのことば」「ないとエッセー」、ハンガリーTV2、エストニア国営放送など出演多数。
https://blog.goo.ne.jp/goethekyoko

おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへ

一覧へ戻る

小さな漁村で中世にタイムスリップ  クロアチアの旅(6)  ヴィス島・コミジャ

RECOMMENDおすすめの記事