魅せられて 必見のヨーロッパ

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

ツアーの行き先としてはメジャーでないけれど足を運べばとりこになる街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる「魅せられて 必見のヨーロッパ」。2018年秋に訪れたクロアチアの旅、今回はビシェヴォ島の「青の洞窟」訪問記です。まさに、目の覚めるような青さでした。

小さな漁村で中世にタイムスリップ  クロアチアの旅(6) ヴィス島・コミジャはこちら
世界遺産の宮殿で生活する人々 クロアチアの旅(5) スプリットはこちら
おいしい! 新鮮なスカンピ  クロアチアの旅(4) オパティヤからシベニクへはこちら
可愛い! 「世界でもっとも小さい」町  クロアチアの旅 (3) フムはこちら
ローマ帝国の巨大な円形闘技場が クロアチアの旅 (2) プーラはこちら
迷路のような路地と紺碧のアドリア海 クロアチアの旅 (1) ロヴィニはこちら

ヴィス島からボートタクシーでビシェヴォ島へ

前回紹介したヴィス島のコミジャから、絶景と言われるビシェヴォ島の「青の洞窟」を訪ねます。コミジャ発着のツアーに参加しました。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

この城塞の先にある桟橋から、乗り合いのタクシーボートに乗ります

桟橋で待っていると、ボートで釣りをする人が。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

(左)地元の人が釣りをしています、(右)釣れたのは大きなウナギのような魚です

仕事の前に時々釣りをするそうで、うらやましいライフスタイルです。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

すぐにタクシーボートに乗り込んで出発

ビシェヴォ島は、コミジャから8キロ余りのところにあります。青い海がどこまでも続きます。

沖合は波が高くて、ボートが上下に大揺れしてジェットコースターのようです。皆が歓声を上げると、運転手さんがわざと、さらに揺れるように運転します。
私も楽しくて、爽快感を味わっていましたが、「アッ、カメラに波がかからないようにしないと!」と我に返り、慌ててカメラとカメラバッグをウィンドブレーカーで覆いました。

「青の洞窟」に到着

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

大きな岩が見えてきました

「青の洞窟」に着きました。この岩の穴へ入ると言われて、「えっ、こんな小さな穴から?」と、びっくり。一瞬不安になりました。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

この穴へタクシーボートが入ります

運転手さんが「伏せてください」と言うので、皆が背をかがめました。ちょっと閉所恐怖症の私はかなり緊張気味でしたが、無事に中へ入れました。

ただひたすらに、青の世界に酔う

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

洞窟の中は、まさに青の世界!

目を疑うほどの色彩。コバルトブルーのグラデーションがあまりに美しくて、「アッ!」と全員が声をあげて、息を飲みました。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

周囲の岩にまで青が映るかのようです


青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

揺れながら光り、色調を変える青い海面


青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

謎めいて、神秘的でさえあります

コミジャ観光局のパンフレットによれば、この洞窟は1884年、オーストリアの外交官で画家や探検家でもあったオイゲン・フォン・ランゾネット=フィレッツ(1838~1926)が広く紹介し、以来、一般にも公開されています。

潮の干満にもよりますが、この穴は高さ約1.5m、幅2.5mだそうです。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

出口が見えます

小さな穴の奥の洞窟の中は、別世界でした。名残惜しいです。

外へ出てみると、洞窟の中にいた時間は長い時間にも、また、一瞬にも思えました。
確認すると、洞窟の中にいたのはたった10分間。これほど濃密な10分間は、なかなか体験できません。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

青の洞窟近くの小さな湾で、タクシーボートを降りました


青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

湾内の様子

洞窟に近い小さな湾でタクシーボートを降りました。吸い込まれそうに透明な海です。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

周囲の風景

どこもかしこも、絶景です。

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

タクシーボートを操縦してくれた方々

何と、半分閉まったような桟橋の小屋でビールを売っていました!
青の洞窟の息をのむ美しさに、のどが渇いて、一気にビールを飲みました。「あぁおいしい」

青の洞窟は青、青、青の世界  クロアチアの旅(7) ビシェヴォ島

(左)クロアチアのビール「カルロヴァチュコ」、(右)帰りのタクシーボート

帰りは、皆が口数少なく静かにコミジャへ帰還。青の洞窟の迫力の余韻に酔っていました。

イタリアのカプリ島にある著名な「青の洞窟」へも行ったことがあるのですが、天候のせいか、ビシェヴォ島の洞窟のほうがより迫力を感じました。

私のクロアチアの旅は、この後、沿岸地方を離れて内陸部へ向かいます。

■クロアチア・ハートフルセンター
https://croatia.heteml.jp/chc/

■Croatian National Tourist Board
https://croatia.hr/en-GB

PROFILE

相原恭子(文・写真)

慶應大学卒業。ドイツ政府観光局勤務を経て、作家&写真家。「ドイツ地ビール夢の旅」(東京書籍)、「ドイツビールの愉しみ」(岩波書店)、「ベルギー美味しい旅」(小学館)、「京都 舞妓と芸妓の奥座敷」(文春新書)、「京都 花街ファッションの美と心」(淡交社)、英語の著書「Geisha – A living tradition」(フランス語、ハンガリー語、ポーランド語版も各国で刊行)など著書多数。国内はもちろん、国際交流基金・日本大使館の主催でスペイン、ハンガリー、エストニアで講演会や写真展多数。NHK「知る楽」「美の壺」、ラジオ深夜便「明日へのことば」「ないとエッセー」、ハンガリーTV2、エストニア国営放送など出演多数。
https://blog.goo.ne.jp/goethekyoko

小さな漁村で中世にタイムスリップ  クロアチアの旅(6)  ヴィス島・コミジャ

一覧へ戻る

エメラルド色した「水の王国」 クロアチアの旅 (8) プリトヴィツェ湖群国立公園

RECOMMENDおすすめの記事