ちょっと冒険ひとり旅

まずは未完のサグラダ・ファミリアから ガウディ建築巡り#1

そろそろ遠くに旅したい!とうずうずしている人も多いのでは。旅行ライターの山田静さんがちょっぴり冒険できる旅を紹介するシリーズ。今回からは2019年3月に訪れた、バルセロナでのアントニオ・ガウディの建築巡りです。行けるようになったときのために、必見スポットと効率よく回るコツをご紹介。まずは、サグラダ・ファミリア聖堂からスタートです!

(トップ写真はサグラダ・ファミリア聖堂「生誕のファサード」)

※新型コロナウイルス感染防止のため、現在サグラダ・ファミリア聖堂をはじめバルセロナの主要な見どころは閉鎖されています。

■何回目かのひとり旅、ちょっとだけ冒険してみたい。そんな旅人のヒントになりそうな旅先や旅のスタイルを紹介している連載「ちょっと冒険ひとり旅」。京都で旅館の運営をしながら、旅行ライターとしても活躍する山田静さんが、飛行機やバスを乗り継いで比較的簡単に行ける、旅しがいのあるスポットをご紹介していきます。バックナンバーはこちら

世界一有名な未完の建築

色、色、色。

外観は色味の少ない石造りの建築だが、一歩中に足を踏み入れると、まばゆいほどの色彩と光に包まれ、非日常の世界へ引き込まれる。森のように立ち並ぶ純白の柱、壁いっぱいに配されたステンドグラス、細かな技巧が凝らされた中央祭壇を見上げると、ガウディが思い描いた天上世界の輝かしさにため息が出る。

建築家アントニオ・ガウディ(1852〜1926)が半生をかけて取り組んだ未完の聖堂、サグラダ・ファミリア。日々、少しずつ変化していくまさに一期一会の名建築だ。

内部

聖堂を支える白い柱。上に向かって枝分かれした柱は強度もあり、樹木のようなイメージも抱かせる。ガウディは自然から着想を得ることが多かったという

ステンドグラス

ステンドグラス

聖堂の東側には寒色系、西側には暖色系のステンドグラスが配される。差し込む日光を意識しての色のバランスだ

内部

100年以上前の設計だが、白を基調にさまざまな色、直線と曲線が組み合わされた聖堂内部は外部とまったく異なる景観で、なぜかSF映画で見た近未来を思い出させる

生誕のファサード

ガウディが生前手掛けた生誕のファサード。キリストの誕生と幼少期が刻まれている。詰め込まれた情報量の多さ!

受難のファサード

1954年に着工された受難のファサード。キリストの死が刻まれており、生誕のファサードに比べるとシンプルな線がよりドラマチックな印象を与える

内部

受難のファサード、生誕のファサードは途中までエレベーターで上れる。下りは長い長いらせん階段だ

彫刻

らせん階段のところどころにのぞき窓があり、彫刻や建築現場を近くで観察できる

バルセロナ市街

生誕のファサード、下りのらせん階段途中からのバルセロナ市街の眺め

装飾

装飾

下りの階段途中、のぞき窓からはさまざまな装飾をじっくり観察できる。制作途中のものも多い

2026年の完成は危うい?

1882年着工のサグラダ・ファミリア聖堂。1883年からガウディが建築を担当し、熱心なカトリック信者でもある彼は1926年に電車にはねられ亡くなるまで聖堂建築に没頭した。その設計には謎めいた部分も多く、加えて弟子たちが作成した資料の多くがスペイン内戦で紛失。跡を継いだ人々は手探りで完成を目指してきた。

完成まで300年かかると言われていた聖堂だが、情報技術の発達で一気に工期が短縮され、2013年にはガウディ没後100年の2026年に完成予定、と発表された。ただ、新型コロナウイルス流行のため現在工事は停滞しており、発表通りの完成は危ぶまれている。

外観

工事現場やクレーンが好きな人(筆者)にはこの光景だけでもたまらない。関わっている皆さんには申し訳ないが、このまましばらく工事が続いてほしい気持ちもある

模型

地下博物館に置かれた模型。3DプリンターやCGを駆使することで、工期が飛躍的に早まったという

季節問わず大勢の人でにぎわうサグラダ・ファミリア聖堂のチケットは、公式サイトからの事前購入がいい。価格もお得だし入場口での行列も避けられる。

入場料はオーディオガイドつきで26ユーロ(以下、訪問当時の事前購入価格)だが、日本語オーディオガイドと塔への入場がセットになった33ユーロのチケットがオススメだ。塔の上から絶景が、というわけではないが、展望台やのぞき窓から細部をより近くに、じっくり眺めることができる。塔は受難のファサードと生誕のファサード、二つのどちらかが選べ、エレベーターで上ってらせん階段を下りる。ガウディが手掛けたのは生誕のファサードだが、比較的すいているのは受難のファサードなので、ゆったり歩きたいなら受難のファサードのほうがいい。

トータルの見学時間は少なくとも3時間は見ておきたい。外観をひととおり見るのに1時間、塔への上り下りで1時間、聖堂内部と地下博物館で1時間はかかる。

逆さづり模型

地下博物館にある「逆さづり模型」。ガウディ考案のもので、この模型だけでも美しく見飽きない。ほかにも設計図や写真が豊富に展示されている

予約のときに入場時間と塔の見学時間を指定するが、聖堂内部の見学には夕方がおすすめだ。壁一面を覆うステンドグラスに西日が差し込むと、オレンジ、黄色、赤のガラスを通して内装が赤く染まる。日の傾きで刻々と変わる堂内の彩りは、自然と芸術の力が一体となって表現する神の世界そのものだ。

ステンドグラス

夕方17時すぎ、西側のステンドグラスから夕日が差し込み、あたりが赤く染まった。息をのむ美しさだ

ライトアップ

夜のライトアップもまた美しい

カタルーニャの州都・バルセロナは小さなエリアに見どころがぎゅっと詰まった地。ガウディが残した建築は世界遺産に登録されているものだけでも六つあり、ほかにも住宅や学校、教会、街灯などが今も現役の建物として使われている。たくさんの建築をどうやって巡るのが効率的なのか、次回以降考えていきたい。

■サグラダ・ファミリア聖堂のチケットサイト
※新型コロナウイルス感染防止のため、現在サグラダ・ファミリア聖堂をはじめバルセロナの主要な見どころは閉鎖されています。
https://sagradafamilia.org/en/tickets

>>連載一覧へ

BOOK

まずは未完のサグラダ・ファミリアから ガウディ建築巡り#1

京都で町家旅館はじめました(双葉社)

京都に開業した町家旅館のマネジャーをつとめることになった著者が、開業準備から実際の運営に至るまでのドタバタとドキドキ、そして京都のお気に入りスポットなどを綴(つづ)ったエッセーガイド。1540円(税込み)。

 

まずは未完のサグラダ・ファミリアから ガウディ建築巡り#1

旅の賢人たちがつくった
スペイン旅行最強ナビ(辰巳出版)

連載「ちょっと冒険ひとり旅」著者の山田静さんが中心となり、スペイン旅行のノウハウを解説した1冊。バルセロナ、マドリード、アンダルシア地方、バスク地方など、スペインの魅力的な場所を網羅。行き先選びから日程作り、航空券やホテル、トラブル対策までスペイン旅行の準備から帰国までを完全カバー。1650円(税込み)。

PROFILE

山田静

女子旅を元気にしたいと1999年に結成した「ひとり旅活性化委員会」主宰。旅の編集者・ライターとして、『旅の賢人たちがつくった ヨーロッパ旅行最強ナビ』『旅の賢人たちがつくった 女子ひとり海外旅行最強ナビ』(辰巳出版)、『決定版女ひとり旅読本』(双葉社)など企画編集多数。最新刊『旅の賢人たちがつくった スペイン旅行最強ナビ』(辰巳出版)。2016年6月中旬、京都に開業した小さな旅館「京町家 楽遊」の運営も担当。

どこ歩く? 何持って行く? 楽しむコツを紹介 「京都一周トレイル」で冒険旅#7

一覧へ戻る

中も外も目を見張る世界遺産の住宅 ガウディ建築巡り#2

RECOMMENDおすすめの記事