永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(93) “生”を感じる瞬間の美しさ 永瀬正敏が撮ったトルコ

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回は、トルコ・アンタルヤの街角で撮った男性のカット。海の美しいリゾート地でシャッターを押した永瀬さんの思いとは?

(93) “生”を感じる瞬間の美しさ 永瀬正敏が撮ったトルコ

©Masatoshi Nagase

その男性は無心で作業をしていた。
周りの雑音に流されず、道端で淡々と。

トルコ・アンタルヤ。
アンタルヤはトルコでも有数のリゾート地。
地中海の青い海が望めるターコイズコーストと呼ばれ、
ヨーロッパや世界中から多くの人々が訪れている。

その街角で出会った一人の男性。

僕はこういうシチュエーションに弱い。
出会ったときには間髪をいれずレンズを向けてしまう。

もちろん広がる青い海、素晴らしい建造物もたくさん撮影した。
前回前々回と紹介したような素晴らしい歴史的建造物も。
歴史を物語る建物や文化を感じるものもシャッターを押さざるをえない衝動にかられる。

でも、どの国に伺っても必ず撮影しているのは、
働く人々や生活の一部が感じられる姿だ。
働く人々の美しさ、たくましさが僕はとても好きだ。
写真に残したいと強く思う。

この男性の時が刻まれた顔のシワ、ほこりまみれのパンツ……。
一生懸命ゴミを分別し、出されていたその姿が、
青い海に負けず劣らず美しいと僕は思った。
そして、できることなら彼のことをもっと知りたいとも思った。

同じような“生”を感じる瞬間をとらえた作品が多々ある。
また機会を見てこの連載で紹介させてもらえればと思う。

バックナンバー

>>連載一覧へ

PROFILE

永瀬正敏

1966年宮崎県生まれ。1983年、映画「ションベン・ライダー」(相米慎二監督)でデビュー。ジム・ジャームッシュ監督「ミステリー・トレイン」(89年)、山田洋次監督「息子」(91年)など国内外の約100本の作品に出演し、数々の賞を受賞。カンヌ映画祭では、河瀬直美監督「あん」(2015年)、ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」(16年)、河瀬直美監督「光」(17年)と、出演作が3年連続で出品された。近年の出演作にオダギリジョー監督「ある船頭の話」、周防正行監督「カツベン!」、甲斐さやか監督「赤い雪」 、大森立嗣監督「星の子」など。 写真家としても多くの個展を開き、20年以上のキャリアを持つ。2021年1月16日から3月21日まで、愛知県の「高浜市やきものの里かわら美術館」で写真展が開催される。2018年、芸術選奨・文部科学大臣賞を受賞。

(92)古い建物に吹き込む新たな命 永瀬正敏が撮った台北

一覧へ戻る

(94) 余裕の心がもたらす決定的瞬間 永瀬正敏が撮った台北

RECOMMENDおすすめの記事