宇賀なつみ わたしには旅をさせよ

特別な存在に気付いた香港 宇賀なつみがつづる旅(17)

フリーアナウンサーの宇賀なつみさんは、じつは旅が大好き。見知らぬ街に身を置いて、移ろう心をありのままにつづる連載「わたしには旅をさせよ」をお届けします。今回は「特別なひと」と訪れた、2014年の香港の旅です。

(文・写真:宇賀なつみ)

「特別なひと 香港」

私には、3歳年下の妹がいる。

10代の頃から仲が良く、何でも話ができたし、
しっかり者で料理上手で、
実家にいた頃は、私の方が甘えていたような気がする。

そんな妹も社会人になって数年経った頃、
お正月休みに、ふたりでどこかへ行こうという話になった。

2014年1月。
私たちは、3日間の休みをどうにか捻出し、香港へ飛んだ。

第一印象は、パワフルでスピーディー。
街の隅々まで活気にあふれていて、
時間が速く進んでいる感じがした。

とにかくたくさん歩いた。
坂道のアートや路上の床屋、2階建てトラムなど、
日本とは少し違う日常を見つけては、
うれしくなって感想を言い合った。

旅先では、有名観光地を訪れるより、
日本と少しだけ違う日常を見つけることが好きなのは、
ふたりとも同じだった。

外壁

とにかくたくさん食べた。
地元の人でにぎわう店を積極的に選んだ。

階段の途中に机と椅子が並んでいて、
その横で具材を炒めたり、ガシガシと洗い物をしたりするような、
そんな店のご飯がとてもおいしそうで、
不衛生なのではと不安になることもなく、
皆食べているんだからと、気にせず食べた。

名前のわからない色々な料理を試してみたが、
どれもものすごくおいしくて、
いつも200~300円でおなかいっぱいになれた。

日帰りで、マカオにも行った。
ポルトガル統治時代の面影がしっかり残っていて、
写真を撮るのが楽しかった。

暗くなってからの街は、また美しかった。
おしゃれなポルトガル料理店で食事をしながら、
仕事のこと、家族のこと、恋のこと。
色々な話をした。

夜の街

これまでもたくさん話をしてきたつもりだったけど、
お互い社会人になって、
やっと大人同士の話ができるようになったことがうれしくて、
赤白とワインを2本空けてしまった。

かなり気分が良くなった後、
せっかくマカオまで来たのだからと、カジノへ行った。

ふたりとも酔っていたのだろう。
当時の私たちにしては思い切って、
財布に入っていた香港ドル札のほとんどを、チップに換えた。

おじさまばかりのテーブルに入れてもらって、
ブラックジャックを数時間楽しんだのだが、
最終的に換金すると、ふたりとも倍以上に増えていた。

手加減してもらったのだろうか。
カジノの仕組みはよくわからないが、
上機嫌で帰りのフェリーに乗った。

こうして思い返してみると、
当たり前にそこにいる妹として、家族としてではなく、
ひとりの人間として向き合って、
同じ時間をたっぷり過ごしたのは、
あの時が初めてだったのかもしれない。

同時に、家族であり友人でもあるのは、
世界中で彼女だけ。
ものすごく特別なひとなんだと気付いた。

またいつかふたりで行きたいな。

その時は、もう少しおしゃれをして、
もう少し賭けてみようか。

連載「宇賀なつみ わたしには旅をさせよ」バックナンバーはこちら

PROFILE

宇賀なつみ

東京都出身。テレビ朝日「報道ステーション」の気象キャスターとしてデビュー。同番組スポーツキャスターとして、トップアスリートへのインタビューやスポーツ中継等を務めた後、「グッド!モーニング」「羽鳥慎一モーニングショー」など、情報・バラエティー番組を幅広く担当。2019年にフリーランスとなり、現在はテレビ朝日「池上彰のニュースそうだったのか!!」や、自身初の冠番組「川柳居酒屋なつみ」を担当。TBSラジオ「テンカイズ」やTOKYO FM「SUNDAYʼS POST」など、ラジオパーソナリティーにも挑戦している。2020年4月からは、MCを務める、関西テレビ・フジテレビ系「土曜はナニする!?」がスタートした。

癒やしを求めて鬼怒川温泉へ 宇賀なつみがつづる旅(16)

一覧へ戻る

スリランカでどうしても見たかった場所へ 宇賀なつみがつづる旅(18)

RECOMMENDおすすめの記事