宇賀なつみ わたしには旅をさせよ

スリランカでどうしても見たかった場所へ 宇賀なつみがつづる旅(18)

フリーアナウンサーの宇賀なつみさんは、じつは旅が大好き。見知らぬ街に身を置いて、移ろう心をありのままにつづる連載「わたしには旅をさせよ」をお届けします。今回は、ある目的で訪れた、2017年のスリランカの旅です。

(文・写真:宇賀なつみ)

「あるべき姿 スリランカ」

泊まりたいホテルから、旅先を決めることがある。

アジアのリゾートをいくつか訪れて、
インフィニティープールにすっかり魅了された頃、
ジェフリー・バワの名前を知った。

スリランカの裕福な家庭に生まれ、
元弁護士で、30代後半で建築の資格をとり、
世界的に有名な建築家となった人物。

彼の作品を写真で見た。
どれも、光と影のバランスが美しく、
どうしてもこの目で見てみたいと思うようになった。

2017年2月。
私は、バワの設計したホテルに泊まるため、
遅めの冬休みにスリランカへ飛んだ。

まずは中心都市のコロンボ。
ごちゃごちゃした問屋街を歩いていたと思えば、
いつの間にか高級住宅地に入っている。
この面白さは、今しか味わえないのだろう。

20円ほどの切符を買って乗った列車は、
窓もドアもなく、そのまま海に飛び込めそうだった。

この街には、「ナンバー11」という、
バワの自宅兼仕事場だった建物があり、
予約をすれば見学が可能だ。

あちこちに光が差し、風が抜けていった。
坪庭や手すりなど、全てが芸術品で、
こんな家に本当に暮らしていたんだろうかと、疑わしくなった。

次に向かったのは、ゴール。
灯台や教会など西欧の面影が残り、
要塞(ようさい)に囲まれた旧市街は、
歴史がぎゅっと詰まった、おもちゃ箱のようだった。

ここでは、バワの晩年の傑作と言われる、
「ジェットウィング・ライトハウス」に泊まった。

スリランカでどうしても見たかった場所へ 宇賀なつみがつづる旅(18)

海岸や草木はそのままに、
自然に「作り足していく」ような感覚だろうか。
海からあがって、そのまま浜に腰掛けたようなホテルだった。

朝から晩まで海を眺めていた。
時々プールで泳いで、本を読んだ。

テラスで食事をしていると、リスが近寄ってくる。
「おなかがすいたよう」と、話しかけられているような気分になった。
ここでは、動物ものびのびしている。

スリランカでどうしても見たかった場所へ 宇賀なつみがつづる旅(18)

最後に、最も泊まりたかったホテル、
「ヘリタンス・カンダラマ」を訪れた。

列車や高速道路はないので、車で5時間ほど走った。
途中から、どんどん森の奥へ入っていく。
こんなところにホテルがあるのだろうかと、少し不安になる。

すると、おもちゃのような奇妙な鳴き声を聞いた。
運転手が「ほら、ピーコックだよ」と教えてくれる。
私はこの時、人生で初めて野生のクジャクを見た。

「たまにエレファントもいるから、気をつけてね」と言われたけど、
どうやって気をつけたらいいのかわからない。
とにかく、そこは森の奥だった。

スリランカでどうしても見たかった場所へ 宇賀なつみがつづる旅(18)

お目当てのホテルは、想像以上だった。
岩がゴロゴロと放置され、ツタがそこら中に垂れ下がっていて、
あくまで主役は、この自然なのだ。
ホテルは、その邪魔をしないように建てられている。

こんなに夢中で写真を撮ったホテルは、他にない。
廊下は真っすぐでないといけないなんて、
崖はむき出しじゃいけないなんて、誰が決めたんだっけ。

朝目覚めた瞬間から、いつも何かの鳴き声がした。
部屋のベランダには、たくさんの動物がやってきた。
1分1秒、変わっていく空の色を、深呼吸しながら見上げていた。

最後の夜は、満月だった。
スリランカでは、満月の日はお休みで、
皆禁酒をするらしく、お酒は売ってもらえなかった。

行ってみないとわからないことが、たくさんある。
ノンアルコールで過ごした夜が長かったのだろう。
手帳に色々と書き記していた。

「人間・動物・自然が一体」
きっと、これが本来あるべき姿で、
境目を勝手に作ったのは、私たちなんだ。

「私は私に飽きてきた」
さて、これはどんな意味だったんだろう。
忘れてしまったようで、今でも変わらないようで……

これでいいやと思ってしまうのは、もったいない。
ついつい、知った気になっていることはないだろうか?

自分に飽きることが、一番怖い。
いくつになっても、初めての経験に驚きたい。

そのために、旅が必要なのだ。

連載「宇賀なつみ わたしには旅をさせよ」バックナンバーはこちら

PROFILE

宇賀なつみ

東京都出身。テレビ朝日「報道ステーション」の気象キャスターとしてデビュー。同番組スポーツキャスターとして、トップアスリートへのインタビューやスポーツ中継等を務めた後、「グッド!モーニング」「羽鳥慎一モーニングショー」など、情報・バラエティー番組を幅広く担当。2019年にフリーランスとなり、現在はテレビ朝日「池上彰のニュースそうだったのか!!」や、自身初の冠番組「川柳居酒屋なつみ」を担当。TBSラジオ「テンカイズ」やTOKYO FM「SUNDAYʼS POST」など、ラジオパーソナリティーにも挑戦している。2020年4月からは、MCを務める、関西テレビ・フジテレビ系「土曜はナニする!?」がスタートした。

特別な存在に気付いた香港 宇賀なつみがつづる旅(17)

一覧へ戻る

3人で過ごした週末の鳥取 宇賀なつみがつづる旅(19)

RECOMMENDおすすめの記事