上から撮るか、下から撮るか

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

ドローンによる空中撮影から水中での撮影まで、ひとひねりした視点の写真を得意とする写真家、野見山大地さんの連載「上から撮るか、下から撮るか」。今回は、コロナ禍の前に訪れた、冬のアイスランド後編です。首都レイキャビク周辺を紹介した前回に続き、東部や北部など、遠隔地へも足を運びました。

氷と炎の国アイスランドを、冬に一周した旅の後編です。アイスランドは南海岸に観光名所が集中しており、レイキャビク発着の観光ツアーは南海岸を回るものがほとんどです。それ以外の景色を見に行くためには、車を借りてセルフドライブで巡るのが一般的です。自由気ままに車を走らせ、数多くの名もなき絶景に出合うことができます。

【動画】移りゆくオーロラ(タイムラプス)

>> 連載一覧へ

火山島らしい黒い浜 ブラックサンドビーチ

南海岸には、ブラックサンドビーチという黒い玄武岩の砂に覆われた浜が広がります。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

南海岸の黒い砂浜

【動画】黒い砂浜を空から

レイニスフィヤラには世界的に有名なビーチもあります。

玄武岩の洞窟や柱状節理を見ると、炎の国という呼び名を改めて思い起こします。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

柱状節理

スーパーブルーの青い氷 氷河にできる氷の洞窟

冬のアイスランドは吹雪や路面凍結などがあるため、一般的にドライブは推奨されていません。ですが、冬にしか見ることができない景観があるからこそ、旅をしたくなるのです。

そのひとつが「氷の洞窟」です。ヴァトナヨークトル氷河で毎年10月から3月の間にアクセスできる自然の洞窟です。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

四輪駆動車で氷の洞窟を目指す

自然の産物ゆえ、毎年形も大きさも場所も違います。それゆえ、スーパーブルーと呼ばれる青い氷の洞窟に出合えた時の感動は言葉にできません。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

氷の洞窟

夜空を見上げれば、オーロラが

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

神秘的なオーロラ

冬のアイスランドの一番の見所はオーロラではないでしょうか。車で本島を1周中、何げなく夜空を見上げると、オーロラの神秘的な光が降り注いでいました。運が良ければ、毎日オーロラを見ることができるかもしれません。

神々しい山 ハイキングも人気 ストックスネス

南東部にあるストックスネス岬はハイキングコースとして人気です。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

ストックスネス岬までの一本道

黒い砂浜の背後にそびえ立つ山々は神々しく、人気の景勝地です。サーファーに人気のサーフスポットでもあります。

【動画】ストックスネスを空から

銀世界のミーヴァトン湖と、偽クレーター

北東部にはダイヤモンドサークルと呼ばれる観光ルートがあります。約260kmのコースには湖や滝など数多くの観光スポットがあります。なかでもミーヴァトン湖は外せないでしょう。

ミーヴァトン湖は面積約37平方キロの火山湖で、冬は一面の銀世界になってしまいますが、夏は緑が生い茂り野鳥の宝庫となります。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

ミーヴァトン湖を空から

湖の南岸では、スクトゥスターザガルの偽クレーターと呼ばれる不思議な地形を見ることができます。

火山が多いアイスランドにはクレーター(火口)が多く存在するのですが、この偽クレーターは火口ではなく、溶岩が水に流れ込んで水蒸気爆発した跡だそうです。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

偽クレーターを空から

洞窟に湧く温泉と、ゴーザフォスの滝

湖の東にはグリョウタギャウの洞窟があります。世界中でヒットしたドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地としても有名になりました。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

洞窟に湧く温泉

洞窟の中には天然の温泉が湧き出ていますが、高温であることなどから入浴は禁止されています。

また、ゴーザフォスの滝も人気です。神々の滝という意味の名前だけあり、軽々しく人間を寄せ付けない雰囲気を感じます

【動画】ゴーザフォスの滝を空から

アイスランド第二の都市 アークレイリ

アークレイリはアイスランド第二の都市です。人口は1万8千人ほどの、ダイヤモンドサークル巡りの拠点となる街です。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

アークレイリの街並み

コンパクトで、北欧ならではのデザインをした街並みです。


真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

アークレイリ教会を空から

街の小高い丘にはアークレイリ教会があり、街のシンボルとして親しまれています。

真っ黒なビーチ! スーパーブルーの洞窟はいずこ アイスランド(後編)

ハートの模様が入った信号


PROFILE

野見山大地

写真家
1993年、日本人の父とタイ人の母の間に生まれる。幼少期をタイで過ごす。自分の目で世界を見るために写真家を志し、カメラを片手に世界一周、アフリカ縦断を行う。これまで70カ国以上を訪れた。資格マニアでもあり、車やバイクの大型免許、ゾウ使い、小型船舶、ドローン操縦者、ダイブマスター、調理師などの資格を持つ。写真家として国内外で活動し個展開催や写真集も出版する。都内を中心に展開するタイ料理屋「チャオタイ」の副社長でもある。

湖のような露天温泉 裏から見られる滝 アイスランド(前編)

一覧へ戻る

モザイク? いえこれは…… ゴリラに会える森も ウガンダ

RECOMMENDおすすめの記事