京都ゆるり休日さんぽ

花街と和菓子が育んだ美 祇園・鍵善良房の小さな美術館「ZENBI」

くずきりで知られる祇園の老舗和菓子店「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」が今年1月、小さな美術館をオープンしました。四条通のにぎわいから1本通りをそれた、閑静な石畳の路地の一角。同じく「鍵善」が手がける「ZEN CAFE」をはじめ、レース模様の吹きガラスを扱う「PONTE」や洗練された手土産の店「」など、当連載で紹介してきたショップが並ぶ界隈(かいわい)は、大人の祇園歩きにぴったりです。

■暮らすように、小さな旅にでかけるように、自然体の京都を楽しむ。連載「京都ゆるり休日さんぽ」はそんな気持ちで、毎週金曜日に京都の素敵なスポットをご案内しています。
(文:大橋知沙/写真:津久井珠美)

花街の文化とともに、和菓子店と作り手が深めた絆

「鍵善良房」の本店に置かれている、どっしりとした大飾棚をご存じでしょうか? 流麗な木目や精巧な金具の一つひとつ、時を経ていっそう風格をたたえるその棚は、のちに木工芸の分野で初の人間国宝となる黒田辰秋氏(故人)が鍵善のために制作したもの。黒田氏をはじめ、ゆかりある作り手から託された作品群を、祇園を訪れる人々と分かち合うことができればと「ZENBI」のプロジェクトはスタートしました。

本店ショーウィンドーの飾板にも見られる「宝結文」が彫られた煙草(たばこ)入れ

本店ショーウィンドーの飾板にも見られる「宝結文」が彫られた煙草(たばこ)入れ

「12代目・今西善造は黒田氏のものづくりにほれ込み、店の内装をすべて任せたいと考えていたようです。若くして亡くなったため、その夢はかないませんでしたが、菓子箱やくずきりの螺鈿(らでん)用器など黒田氏の作品がたくさん残されていました。それら作品群や歴代当主が受け継いできた文化をアーカイブして、みなさんに見ていただける機会を作れたらと考えていたんです」

黒田氏独特の「ひねり」の意匠の漆器などが展示される1階展示室

黒田氏独特の「ひねり」の意匠の漆器などが展示される1階展示室

そう語るのは、15代目当主・今西善也さん。5年ほど前から構想を練り、総合ディレクターのイムラアートギャラリー・井村優三氏、ミュージアムショップ「Z plus(ジープラス)」のディレクターも務めるアンティークショップ「昂(こう)-KYOTO-」の永松仁美氏らとともに、「ZEN CAFE」の向かいの建物で準備を進めてきました。

外側に「ひねり」の造形を、内側に螺鈿を施した水差し。水をたたえると螺鈿のきらめきが一層引き立つ

外側に「ひねり」の造形を、内側に螺鈿を施した水差し。水をたたえると螺鈿のきらめきが一層引き立つ

「赤漆宝結文飾板」と螺鈿のくずきり用器。花街特有の仕出し文化を物語る岡持ちも

「赤漆宝結文飾板」と螺鈿のくずきり用器。花街特有の仕出し文化を物語る岡持ちも

開館記念展では、本店のショーウィンドーに合わせて作られた「赤漆宝結文飾板」や名物「くずきり」の螺鈿用器などの所蔵品が展示され、鍵善と黒田氏の絆がうかがいしれます。

「今」の感性で、継承される美と出会う場に

季節や時間帯によって光のうつろいが異なるテラス

季節や時間帯によって光のうつろいが異なるテラス

鉄を錆(さび)加工した格子の外観が古き良き街並みに溶け込みながらも、館内の光を取り込むテラスや吹き抜けの階段、鑑賞の小休憩となるライブラリーは、現代の感覚にフィットする空間。鑑賞券には鍵善の銘菓「菊寿糖」のミニサイズ「小菊」が付き、ささやかなおもてなしに心が和みます。

鑑賞券は黒田氏の作風を赤地に空押し印刷で表現。「小菊」が二つ添えられる

鑑賞券は黒田氏の作風を赤地に空押し印刷で表現。「小菊」が二つ添えられる

「老舗や和菓子屋というと、重厚なイメージを持たれる方もいます。だからこそ、今の人たちが『きれいだな』と感じる場所でありたい。今のライフスタイルに合うかたちで、文化や芸術を取り入れるきっかけになればと思います」

黒田氏が大切にしていた言葉「運鈍根(うんどんこん)」の書。窓辺のスペースはライブラリーで、展覧会の図録、民芸運動や和菓子に関する本などが閲覧できる

黒田氏が大切にしていた言葉「運鈍根(うんどんこん)」の書。窓辺のスペースはライブラリーで、展覧会の図録、民芸運動や和菓子に関する本などが閲覧できる

ミュージアムショップ「Z plus」では、「手のひらにのるギフト」をテーマに、京都の作り手に特別にあつらえてもらった工芸品が並びます。鍵善を象徴する黒田氏の「宝結文(たからむすびもん)」をあしらったグッズをはじめ、植物染め、金工、木工とさまざまな作家が手がけた品々は、ここでしか買えないものばかり。時々で変わる鍵善の干菓子が季節のうつろいを伝えます。

「Z plus」では図録やグッズのほか、アンティークショップ「昂−KYOTO−」の店主・永松仁美氏がセレクトした現代の工芸品が並ぶ

「Z plus」では図録やグッズのほか、アンティークショップ「昂−KYOTO−」の店主・永松仁美氏がセレクトした現代の工芸品が並ぶ

「美術館とミュージアムショップ、ZEN CAFE、本店、とめぐって、祇園歩きを楽しんでもらえたらうれしいです。こけら落としとなる本展終了後は、祇園の街と関わりのある展示、お菓子の木型などの展示なども考えています」

型絵染作家・関美穂子氏が紙箱の図案を、木工作家・佃眞吾氏が木枠の箱を手がけた「マッチ箱」(右側二つ、1箱15,000円)。季節によって色や模様が変わる落雁(らくがん)「うつろひ」(900円、いずれも税込み)

型絵染作家・関美穂子氏が紙箱の図案を、木工作家・佃眞吾氏が木枠の箱を手がけた「マッチ箱」(右側二つ、1箱15,000円)。季節によって色や模様が変わる落雁(らくがん)「うつろひ」(900円、いずれも税込み)

祇園の街とともに歩んだ300年の歴史、ゆかりある作り手から託された作品は、鍵善の財産。小さな美術館が街に新たな人の流れを生み、文化や芸術と出会い、心を豊かにうるおす養分となるならば、その価値はどこまでも広がります。花街と和菓子に培われた、文化と美の物語をどうぞ感じてみてください。

通路を挟んで左が「ZENBI」、右が「Z plus」。開館記念特別展「黒田辰秋と鍵善良房 結ばれた美への約束」は6月27日(日)まで

通路を挟んで左が「ZENBI」、右が「Z plus」。開館記念特別展「黒田辰秋と鍵善良房 結ばれた美への約束」は6月27日(日)まで

ZENBI−鍵善良房−
https://zenbi.kagizen.com/

■「京都ゆるり休日さんぽ」のバックナンバーはこちら

BOOK

花街と和菓子が育んだ美 祇園・鍵善良房の小さな美術館「ZENBI」

京都のいいとこ。

大橋知沙さんの著書「京都のいいとこ。」(朝日新聞出版)が2019年6月7日に出版されました。&TRAVELの人気連載「京都ゆるり休日さんぽ」で2016年11月~2019年4月まで掲載した記事の中から厳選、加筆修正、新たに取材した京都のスポット90軒を紹介しています。エリア別に記事を再編して、わかりやすい地図も付いています。この本が京都への旅の一助になれば幸いです。税別1200円。


PROFILE

  • 大橋知沙

    編集者・ライター。東京でインテリア・ライフスタイル系の編集者を経て、2010年京都に移住。京都のガイドブックやWEB、ライフスタイル誌などを中心に取材・執筆を手がける。本WEBの連載「京都ゆるり休日さんぽ」をまとめた著書に『京都のいいとこ。』(朝日新聞出版)。編集・執筆に参加した本に『京都手みやげと贈り物カタログ』(朝日新聞出版)、『活版印刷の本』(グラフィック社)、『LETTERS』(手紙社)など。自身も築約80年の古い家で、職人や作家のつくるモノとの暮らしを実践中。

  • 津久井珠美

    1976年京都府生まれ。立命館大学(西洋史学科)卒業後、1年間映写技師として働き、写真を本格的に始める。2000〜2002年、写真家・平間至氏に師事。京都に戻り、雑誌、書籍、広告など、多岐にわたり撮影に携わる。

大人が夢中で遊ぶ、つながる 町家宿&イベントスペース「草と本」

一覧へ戻る

大人も子どもも夢中のハンバーグ 地元に愛される洋食店「浅井食堂」

RECOMMENDおすすめの記事