楽しいひとり温泉

クルーズ級の海絶景と洞窟から湧く湯 熱海「ニューさがみや」

海が見たい。ただ静かに海を眺めてぼんやりと過ごしたい。熱海伊豆山温泉のホテルニューさがみやへ出かけました。全室がオーシャンビューで海が目の前。まるで船旅をしているかのように、ずっと海を眺めて過ごせます。刻々と変わる海と空の色、海を照らす月光の道、水平線から昇る朝日、結局、温泉と食事と寝ている時間以外はずっと窓辺で海を見て過ごしました。(トップ写真:ホテルニューさがみや・露天風呂付き特別室温泉からの日の出)

■連載「楽しいひとり温泉」は、全国各地の温泉をめぐり、温泉・自然・食で美しくなる旅を研究する、温泉ビューティー研究家の石井宏子さんが、テーマごとにひとり温泉にぴったりなお宿を紹介します。

オーシャンビュー客室から迫力の海景色

部屋の窓から相模湾が一望

部屋の窓から相模湾が一望

熱海駅から、宿の無料送迎バスに乗り約7分、海辺に建つホテルニューさがみやへ到着です。宿の裏には1300年ほど前に発見されたという「走り湯」の源泉があり、洞窟の奥からごうごうと湧いています。数々のご利益があるといわれる伊豆山神社の参道はここから始まっています。

客室は全室オーシャンビューで、かなたまで広がる海や、ぽつんと浮かぶ初島を眺めて過ごすことができます。窓辺の椅子に腰かけて海を見ていると、なんだか豪華客船で船旅をしているような気分。チェックインしてから帰るまで、ずっと海と一緒です。ひとり宿泊なら部屋食も選べる和室10畳で。家族や友達とのご褒美旅なら、テラスにかけ流しの露天風呂がある特別室もあります。

三つの貸し切り露天風呂に追加料金なしで入れる

貸し切り露天風呂「般若(はんにゃ)の湯」は広めの湯船

貸し切り露天風呂「般若(はんにゃ)の湯」は広めの湯船

最上階には男女別の露天風呂と、三つの貸し切り露天風呂があります。貸し切り露天風呂は空いていれば何度でも無料で利用できるので、人との距離を気にせず絶景の海温泉を独り占め。三つの貸し切り風呂は湯船の形や配置で、少し雰囲気が違う海の景色を楽しめます。

貸し切り露天風呂は三つとも雰囲気が違う

貸し切り露天風呂は三つとも雰囲気が違う

貸し切り露天風呂「逢初(あいぞめ)の湯」は深めの陶器の湯船です。すっぽりと肩まで湯に浸ると海に浮かんでいるような気分、波音にも癒やされます。泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物温泉、pH7.9弱アルカリ性。塩が肌の上に塩皮膜をつくってベールのように包み、温まった熱や肌の水分の放出を防いで、ぽかぽかしっとりが持続します。

暮れゆく海に月光の道、部屋食であわびの踊り焼き

海にできる月光の道が幻想的

海にできる月光の道が幻想的

温泉から戻ってみると、暮れゆく海は深いブルーに変わり、空には大きな月がでていました。月に照らされて、水面には光の道ができ、波に揺れてキラキラと輝きます。見とれていると「お食事の用意をさせていただきます」。今夜は部屋食でのんびりです。

目でも季節が楽しめる懐石料理

目でも季節が楽しめる懐石料理

ていねいにつくられた季節の懐石料理は、盛り付けも美しくておいしい。これは冬に出かけた時の前菜で、こはだの笹寿司(ささずし)、むかごのチーズ焼き、あん肝のだいだい酢など、静岡の地酒とよく合います。別の器には、アイガモとエリンギのバター焼き、横には生麩(ふ)の柿がちょこんとのっています。

静岡の地酒とあわせたいお造り

静岡の地酒とあわせたいお造り

お造りは、とろける本マグロ、黒瀬ブリ、マダイ、ホタテの4種盛り。

名物「アワビの踊り焼き」

名物「アワビの踊り焼き」

よきところで、名物のアワビの踊り焼きに点火。鉄板の上で踊り出すアワビは、ガラスのふたをしめておかないと逃げ出しそうな勢いです。身をはずして、厚めに切って、レモンとバターで味わいます。幸せな瞬間です。

料理長特製・ちりめん山椒(さんしょう)をのせて

料理長特製・ちりめん山椒(さんしょう)をのせて

アマダイの松の実焼きや肉料理も登場し、とってもおなかいっぱいなのですが、料理長特製のちりめん山椒(さんしょう)と一緒にいただくごはんは、しめに欠かせません。ちりめん山椒は泊まるたびに売店で買って帰る逸品。こちらの宿の名物なのです。

夜は、空いている時間を見計らって、大浴場の内湯へ。深くて広い湯船で手足をストレッチしてリラックスします。

ありがたい「日の出コール」で目覚めの朝湯

日の出コールで感動の瞬間を逃がさない

日の出コールで感動の瞬間を逃がさない

熱海は海から日が昇ります。宿のありがたいサービスは「日の出コール」。夜寝る前にお願いしておけば、日の出が見られるお天気の時にだけ、部屋に電話をかけて起こしてくれるのです。水平線から太陽が顔を出しました。部屋からこんな情景が眺められるとは……。

朝日を浴びて温泉で元気をチャージ

朝日を浴びて温泉で元気をチャージ

そうだ。温泉へ行こう。屋上の露天風呂で朝の光を浴びながらパワーチャージ。きらきら輝く太陽を思わず拝みたくなってしまいます。ゆっくり朝食を楽しんでホテル発11時の送迎バスまでのんびり。よい心の休暇になりました。

熱海駅前から散歩、老舗の町中華でランチ

「中華料理 味の幸華」

「中華料理 味の幸華」

熱海駅のロッカーに荷物を預けて、熱海温泉をてくてくとお散歩します。駅から熱海サンビーチまでは下り坂で、色々なお店や源泉に触れられるところがあったりして楽しい。風情ある糸川沿いを歩いて向かった先は老舗の町中華、1931年創業の「中華料理 味の幸華」です。店主の飯田豪さんは3代目、代々引き継ぐジャンボ焼売(シューマイ)はひとつひとつ皮まで手作りを今も守り続けています。”肉々しい”のに、ふんわりジューシー、ほおばればうまみたっぷりの肉汁がじわっと広がります。

具だくさんの揚げあんかけ焼きそばも人気

具だくさんの揚げあんかけ焼きそばも人気

ひとりで行くなら、揚げあんかけ焼きそば。具がたっぷりのとろりとしたあんが絡んで、たまらないおいしさ。刻んでほんの少し入っている自家製チャーシューのうまみが絶妙のアクセントになっています。

熱海伊豆山温泉 ホテルニューさがみや
https://www.atami-sagamiya.com/

*平日限定お一人様プランあり。和室10畳以外の部屋を希望する場合は電話で。

中華料理 味の幸華
https://ajinokouka.com/

*火曜定休

■「楽しいひとり温泉」ポイント
1.海の絶景に癒やされる
2.何度も入れる貸し切り露天風呂
3.部屋で美食を満喫

BOOK

クルーズ級の海絶景と洞窟から湧く湯 熱海「ニューさがみや」

全国ごほうびひとり旅温泉手帖 いい湯、いい宿、旅ごはん!

石井宏子さんの著書「全国ごほうびひとり旅温泉手帖 いい湯、いい宿、旅ごはん!」(世界文化社)。温泉ビューティー研究家・旅行作家ならではの、旅してみつけた、女性がひとりで安心して楽しめる温泉宿を紹介するハンディーな一冊。公共交通機関で行ける、自分へのごほうびで泊まりたい、いい宿を全国から厳選し、あわせて、女性目線で選んだ周辺の立ち寄り先、ランチやスイーツも取り上げます。ひとりでも楽しい観光列車も登場します。税別1400円。

PROFILE

石井宏子

温泉ビューティー研究家・トラベルジャーナリスト。日本・世界の温泉や大自然を旅して写真撮影・執筆をする旅行作家。テレビにも出演。温泉・自然・食で美しくなる旅を研究する。海外ブランドのマーケティング・広報の経験から温泉地の企画や研修もサポート。日本温泉気候物理医学会会員、日本温泉科学会会員、日本旅のペンクラブ会員、気候療法士(ドイツ)、温泉入浴指導員。著書に「癒されてきれいになる おひとりさま温泉」(朝日新聞出版)、「地球のチカラをチャージ! 海温泉 山温泉 花温泉 76」(マガジンハウス)、「感動の温泉宿100」(文春新書)などのほか、「全国ごほうびひとり旅温泉手帖 いい湯、いい宿、旅ごはん!」(世界文化社)が11月に発売された。

温泉+アート 那須の薬膳ランチと、薬湯の板室温泉「大黒屋」

一覧へ戻る

森の一軒宿、白濁硫黄泉の秘湯 白神矢立 湯源郷の宿「日景温泉」

RECOMMENDおすすめの記事