1日1旅

写真家の卵!?も訪れるヘイト・アシュベリー

「将来は写真家になるのかな」。カラフルな壁を真剣に撮る彼女の姿を見て思った。サンフランシスコのヘイト・アシュベリーはヒッピー文化が生まれた場所として知られ、今も“LOVE&PEACE”サインや、レインボーカラーのフラッグが掲げられて、個性的な人や壁装飾を多く見かける。私も学生の頃は、カメラをぶら下げて、この場所に課題を撮りにきたものだ。彼女の姿が大学時代の自分と重なった。

(アメリカ・サンフランシスコ)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

地球が創造した美しい岩山 カタ・ジュタ

一覧へ戻る

ギッシリと家が立つブリジゲッラの街並み

RECOMMENDおすすめの記事