1日1旅

ブドウ畑に囲まれたファエンツァのアグリツーリズモ

1階に下りると、バーバラが朝食の準備をしてくれていた。「ボンジョルノ! エスプレッソにする? コーヒー?」。朝の支度で忙しくしながらも、寝ぼけまなこの私に軽くハグしてくれた。彼女は宿のおかみさんだが、温かく気取らない接し方が、まるで実家に帰ってきたかのような気分にさせてくれる。ブドウ畑に囲まれた、農家が営む宿に泊まって本当によかった。彼女の手作りクッキーをほお張りながら心底思った。

(イタリア・ファエンツァ)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

アンコール・トムの橋に連なる石像たち

一覧へ戻る

新しい旅へと思いをはせる キューバの夜

RECOMMENDおすすめの記事