&notes

ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ」が横浜のみなとみらいに開業へ

  • &TRAVEL編集部
  • 2017年10月17日

みなとみらい地区に開業予定の「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」のスカイロビー(完成イメージ)

 ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が横浜に――。会員制リゾートホテルなどを展開するリゾートトラストは16日、横浜市西区のみなとみらい地区に「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」を2020年初夏に開業すると発表した。

>>大人リピーター女子の定番ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」おすすめの過ごし方

ラウンジ(完成イメージ)

 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」は地上14階、地下1階建て。隣接する同社運営の会員制リゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」とあわせて延べ床面積は約4万8100平米。外観は波をイメージし、ハワイの「カハラ」で象徴的なシャンデリアを、ロビーに設置する予定という。

プレミアスイート(完成イメージ)

 客室はスーペリアルーム(51平米)からプレミアスイートルーム(120平米)まで6タイプあり、全146室。価格は一番安いタイプ(スーペリアルーム、51平米)の部屋で10万円程度を見込んでいる。「カハラ」は非会員でも宿泊できる。

スーペリアルーム(完成イメージ)

 ハワイにある「カハラ」はワイキキの中心部から車で15分ほど、高級住宅街の中にある高級ホテル。各国の要人や国家元首、著名人などが宿泊し、日本人の利用者も多い。1基1トン以上、28,000枚のビーチガラスでつくられているシャンデリアは、高級感があり、ホテルの象徴的な存在として知られている。

ハワイの「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」

 16日に開かれた会見で同社の伊藤勝康社長は横浜に開業する理由として「みなとみらいは、都市機能とリゾート性を併せ持つ。歴史や景観も魅力」と説明した。

記者会見に臨んだリゾートトラストの荻野重利・ホテルレストラン本部副部長、伊藤勝康社長、ハワイのザ・カハラ・ホテル&リゾートのジェラルド・グレノン総支配人(写真左から)

 同社はハワイにあるザ・カハラ・ホテル&リゾートを2014年に買収。横浜を第一号とし、今後「カハラ」ブランドで、沖縄やバリ、プーケットなどの南国リゾートのほか、シンガポール、香港などで世界展開をしていく考えだ。伊藤社長は「会員制で培った最上級のサービスで『日本のラグジュアリーホテルここにあり』と打って出たい」と意気込みを語った。(&TRAVEL編集部)

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!