&Discovery

韓国・大学路~梨花洞壁画村 小劇場の聖地からウォールアート満載の坂の街へ

  • &TRAVEL編集部
  • 2017年12月28日

大学路の街角。劇場公演の垂れ幕や看板の前を多くの人が行き交う

 飛行機に乗り込めば、ほんの数時間。グルメやショッピング、そして最近では写真映えする可愛いインテリアのカフェ、古いたたずまいの家屋をリノベーションし韓国伝統茶をふるまう店――。気軽に行ける海外旅行先でありながら、日本からの旅行客をひき付ける魅力がつまっているのが韓国・ソウルだ。

 今回、そんなソウルにまだまだある、それほどメジャーになっていない魅力を探しに、東大門にほど近い一角を訪ねた。「恵化(ヘファ 혜화)」駅周辺に広がる演劇の街「大学路(テハンノ 대학로)」と、そこから山の上に位置する駱山公園に向かう坂道に広がるストリートアートの迷路「梨花洞壁画村(イファドンビョックァマウル 이화동 벽화마을)」。ストリートから生まれた熱気に包まれたエリアだ。東大門(トンデムン)からは地下鉄で1駅と気軽に立ち寄れるこの場所で、意外と知られていないソウルの表情に出会ってみよう。

160の劇場がひしめきあう大学路で韓国ミュージカルを体感

 

 大学路は、160もの中小の劇場がひしめきあい、日夜、プロの劇団が舞台を競いあう世界最大規模の演劇街。街のいたるところに公演告知の看板や垂れ幕、ポスターがかけられ、劇場の前には人だかり。路上に並ぶ屋台やパフォーマーの姿もあいまって、通りを少し歩くだけで、舞台上から飛び出し街全体にまで広がるその熱気を感じることができる。

 

 韓国の舞台といえば、常設の劇場があるほど定番となったノンバーバルショー「NANTA」の印象が日本では強いが、大学路にある中小の劇場の多くでは1~数カ月単位で公演が入れ替わり、多彩な新作が次から次へと生まれていく。見る側と演じる側が一体となって作り上げられる舞台には、今息づく文化を、他の観客のリアクションとともに味わうことができる、抗いがたい独特の魅力がある。

 韓国語がわからないのに舞台なんて……と腰が引けるかもしれないが、ロングラン中の人気公演には、日本語字幕付きで観劇できるものもある。特にミュージカルであれば、目の前で繰り広げられる高いクオリティーの歌唱やダンス、物語に、言葉の壁を越えてぐっと引き込まれるはず。もちろん韓国語がわかるなら、リアルな会話やアドリブまで存分に楽しめる。さらに、地元の観客の反応をリアルタイムに体感できるのも鑑賞のポイント。時に共感し、時に違いを楽しみながら、ソウルの人々の感性に触れてみよう。

「あなただけ ONLY YOU」の一幕(「大学路公演観光フェスティバル」 屋外ステージでのガラショーで撮影)

 そんな日本語字幕付きで見られる舞台をいくつかご紹介。例えば、初演から11周年を迎える恋愛ドラマ『あなたの初恋探します(別題:キム・ジョンウク探し 김종욱 찾기)』。映画化もされ、過去に日本版の公演も行われた「鉄板」とも言える公演だ。主人公の女性が、かつて旅行中に運命的な出会いをした初恋の男性を探すという筋書きの恋愛コメディー。運命的な再会を信じるあまりあえて相手の連絡先も聞かなかったため、名前だけをたよりに(しかもその姓は、最もポピュラーな「キム」さん)男性を探しだそうとする主人公を中心に、ドタバタ劇のなかで、登場人物の過去が交錯していく。ポップな演出でキュンとするシーンも盛り込まれていて、気軽に楽しく見られる作品だ。

「女神様が見ている」の一幕(「大学路公演観光フェスティバル」 屋外ステージでのガラショーで撮影)

 心に残る作品として、朝鮮戦争のまっただ中で、難破した船とともに離島に取り残された両軍兵士の協力と葛藤を描く『女神様が見ている (여신님이 보고 계셔)』と2世代にわたる男女と親子の絆を描いた『ONLY YOU(別題:あなただけ 당신만이)』もおすすめ。

 『女神様が見ている』は、船を修理できる技術を持ちながら、心に深い傷をうけ子どもに戻ってしまったように行動する北朝鮮軍の兵士スンホに修理をしてもらうため、他の兵士たちが協力し架空の「女神様」がいるかのように振る舞い、女神様が喜ぶよう「仲良し」を装うなかで交流を深めていくという物語。敵対関係を越えて困難に立ち向かい、絆を深めた兵士たちが、島での「仲間」と軍人としての立場のあいだで、何を選択し、どんな結末を迎えるのか――。脱出の時が近づく中盤から終盤の展開が見どころだ。

[PR]

 「ONLY YOU」は、平凡な夫婦の新婚から人生の黄昏時まで、ときにぶつかり、ときに支えあいながら年月を重ねる姿を、1990年代のヒットナンバーで彩りながら描くミュージカル。また、夫婦の長女と純粋無垢なパティシエの男性という、もう一つのカップルとの対比も面白い。ぶっきらぼうで大黒柱的な「親父」である夫とは対照的な、優しく時に頼りないパティシエの若者。それぞれを愛する母と娘。その価値観のすれ違いを描きつつ、どの愛の形も否定することのない脚本に、心が温まる。同行してくれていた現地のガイドによると韓国語の釜山方言でのリアルな会話が再現されているとのことで、韓国語の勉強にもなりそう。「可愛い」と言われる東南方言に、愛にあふれたストーリーのなかで触れてみよう。

 大学路での公演のチケットは劇場窓口のほか、大学路のランドマークであるマロニエ公園にあるインフォメーションセンターや恵化駅4番出口出てすぐの「ソウル演劇センター」などで購入できる。当日券も買えるので、旅行中、急に予定があいたときに試しに訪ねてみるというのも良さそうだ。

大学路のインフォメーションセンター。公演の当日券も買える

大学路の要チェック店! インパクト大のフルーツ焼酎

 道行く人も多く活気にあふれた大学路には、露店のほか、カフェなどの飲食店も多く集まっているので、舞台が始まるまでの時間つぶしにも便利。見終わってからの食事にも困ることはなさそうだ。

 そんな大学路にある注目のお店が「パンジョ(반저)」。この店のウリは韓国名物「フルーツ焼酎」で、しかも生のフルーツをくりぬいた器に注がれて出てくるというインパクト大のスタイル。店員さんおすすめのメロンとパイナップルを飲んでみると、酸味も甘みも、まさに果実そのものの風味。アルコール度数は3~5パーセントほどらしく、強いお酒ではないものの、一つ1リットルと量が多く、またすいすい飲めてしまうので飲み過ぎには注意しよう。

木のインテリアが特徴的なパンジョの店内。テラス席も用意されている

店舗情報

営業時間:14:00~26:00

住所:鍾路区東崇洞 1-49(종로구 동숭동 1-49)

次々と現れるウォールアートが楽しい! 梨花洞壁画村

 気軽に行ける韓国とはいえ、せっかくの旅行なら、他では見られない風景を目に焼き付けたい。そんな人には、「梨花洞壁画村」がおすすめ。2006年に始まった芸術プロジェクトによって、ウォールアートにあふれたアートの街に変貌をとげた坂道に広がる住宅街だ。カメラ好きや韓国リピーターの人気を集め、Instagramにもここで撮影された写真が多く投稿されている。

 坂に広がる迷路のような家並みのなかを、ところどころに配置された地図に書かれた順路にそって進んでいくと、頭上や足もと、あるいは目の前など、いたるところに作品を見つけることができる。作品を見逃さないようにキョロキョロと見回しているうちに、アートに注目していたはずが、どこか素朴で懐かしいような、梨花洞の家並み自体にも愛着がわいてくる。

 そして時折、この地域に住んでいると思われる子どもが坂の路地を駆け下りていく。あくまでここは地元の人々がそれぞれの生活を営む場所なのだ。なので、よそから来た私たちは、できるだけ迷惑をかけず、彼らが彼らの暮らしを過ごせるように配慮しなくてはいけない。大きな声でしゃべったり、道をふさいだりはしないよう、十分気をつけたい。

家々の向こうにソウルの市街地を見下ろす。アートだけでなく、坂の街ならではの景色にも目を奪われる

 この街にストリートアートが集まったのは、2006年に始まった「梨花駱山アートプロジェクト」が、アートの振興と街おこしを目的として、この一帯に、複数のアーティストのウォールペイントや立体作品を配置したことが始まり。今でも新たなアートが描かれているほか、この街のアートに魅せられてカフェやクラフトショップ、アートスペース、ゲストハウスなども多く集まり、変化を続けている。

大学路、猫とポストカードに囲まれる店 イファサンチョム

 壁画村のなかほどにある「イファサンチョム(이화상점)」も、そんなお店の一つ。昔ながらの商店や新しいカフェなどが並ぶ一角を歩いていると、ひときわ目を引く、ひまわりのような鮮やかな黄色の外壁が現れる。近寄ってみると、道に向かって開けたカウンター上には可愛い絵はがきが並び、なかをのぞくと猫があくびをしている。

 頭上に"Hello, stranger?"と書かれた入り口から足を踏み入れてみると、店内も木製の棚やカラフルに塗装された壁を飾る、たくさんの絵はがきが。ここは、ソウル生まれソウル育ちのデザイナー、イ・イェスルさんが開いたお店。壁画のある街並みをイラストや写真として切り取ったポストカードや、ポップで優しいタッチで描かれた韓国料理のイラストレシピ、さらに、友人のアーティストによる作品も展示・販売されている。

 大学でタイポグラフィーやイラストレーション、ブックデザインを学んだ後、デザイン事務所で働いていたイさんが梨花洞壁画村のことを知り、ここに住む人の温かさや街並み、そこに集まるアートに魅了されたのは6年ほど前。4年前にはこのエリアに引っ越し、2年前に自らの店を構えた。猫とアートを愛し、大学路の演劇を見るのも好きというイさん。編集部員が訪れたとき、店内には名作ミュージカルのナンバーが流れていた。新たな才能が生まれ、行き交う大学路と梨花洞。この地にイさんが作り上げたこだわりのお店で、思い出に残るお土産を手に入れてみてはいかがだろうか。

店舗情報

営業時間:月~木 10:00~19:00/金~日 11:00~19:00
住所:鍾路区栗谷路19 68-24(종로구 율곡로19길 68-24)
https://www.facebook.com/ehwasangjeom/

韓国のお土産をプレゼント

 韓国のチェーン系コーヒーショップで見つけたシンプルで可愛いデザインのカフェグッズと、記事で紹介したイファサンチョムの韓国料理イラストレシピセットをプレゼント。すべてのプレゼントに、「イファサンチョム」のポストカードをセットにしてお届けします。(2018年1月14日締め切り)

賞品
「イファサンチョム」の韓国料理イラストレシピセット(2名)
「HOLLYS COFFEE」のタンブラー(1名)
「Angel-in-us Coffee」のコーヒーカップとソーサー(ネイビーとミントをセットで1名に)

ご応募はこちら 

左上:「イファサンチョム」の韓国料理イラストレシピセット、右上:「HOLLYS COFFEE」のタンブラー、左下:「Angel-in-us Coffee」のコーヒーカップとソーサー 右下:「イファサンチョム」のポストカードの例

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!