マノア・フォールズ・トレイルを歩いてマノアの滝でリフレッシュ 森のエネルギーに触れるハワイ

  • 20年ぶりハワイの過ごし方3
  • 2017年12月27日

 今回のハワイ旅は、海だけではなく山も満喫することができました。行った所はワイキキから車で約20分のマノア・バレー。コオラウ山脈のふもとに位置するこの場所は年間を通じて温暖で雨の多いエリアで、映画「ジュラシック・ワールド」やTVドラマ「LOST」の撮影地としても知られています。ここにある「マノア・フォールズ・トレイル」を歩いてきました。

片道1.3kmの「マノア・フォールズ・トレイル」。しっかり整備されているので初心者でもオッケー。お子さん連れも多く見かけました

 駐車場に車を止めて歩き出すこと5分ほどで目の前に圧巻の景色が広がります。思わず「うわ~!」と声をあげてしまったほど。なにがすごいってその植生! 雨がもたらす恵みが緑の濃さに表れていて、熱帯雨林の森全体からパワーが感じられるのです。鳥の鳴き声に誘われるように、わくわくしながら森に入っていきました。

駐車場からほんの数分でこの景色。恐竜が出てきそうな雰囲気です

 このトレイル、ワイキキからバスなどで気軽に来られる人気のアクティビティーですが、足元がぬかるんでいることが多いので、靴は歩きやすく汚れてもいいスニーカーがベスト。ビーチサンダルは滑るので避けたほうがいいかも。服装は軽装でオッケーですが、蚊が多いので長袖長ズボンをオススメします。あれば虫よけスプレーも持っていきましょう。

最初はこのような平坦(へいたん)な道

 実は今回、このマノア・フォールズ・トレイルに特別な方が同行してくれました。日本でも定評のあるフラワーエッセンスブランド「Hawaiian Rainforest Naturals(ハワイアン レインフォレスト ナチュラルズ)」の創業者の一人、メリア・グットナウさんです。フラワーエッセンスは、エッセンシャルオイルやアロマオイルなどと違って直接口にふくんで大丈夫。5~6滴を舌下に垂らしたり、水で薄めて飲んだりします。花の持つエネルギーが私たちの感情のバランスを整えてくれる作用があると言われています。

本格的なトレッキングがスタート。ジャングルっぽくなってきました

 2016年7月にオープンした「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ」内の高級スパ「ザ・リッツ・カールトン スパ」では、メリアさん監修のスパメニューを取りそろえています。「トリートメントを作る時は、その場所のエネルギーを入れるようにしているの」と話してくれたメリアさん。実は考案したオリジナルスパメニューは、ここマノア・バレーからインスピレーションを受けて作ったのだそう。というのも、このマノア地区がある山々からの風がホテルのほうに吹いていき、マノアで降った雨がホテルのほうに流れていく“山から海へ”という地形的なつながりがあるからなのです。私、あとで地図を見て納得しちゃいました!

一生に一度?!究極のぜいたく体験「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ」のウェルネスプログラム

「歩きながら鳥の鳴き声や植物を見てネイチャーからのエネルギーを感じて!」とメリアさん

 メリアさんが監修したスパメニューは「HO'OMALU:センス・オブ・ピース」「HUKI HUKI:リニュー」「MANOA MIST:リバイタライズ」の3種。目の肥えたセレブリティーに好評を得ているシグネチャーアイランドスパトリートメントです。私は今回そのうちの「MANOA MIST:リバイタライズ」を体験してきました。シュガーとハチミツのスクラブで全身を活性化し、続いてククイナッツオイルを使ってのロミロミマッサージというもので、“マノアミスト”というネーミング通り、施術の後はお肌がしっとり潤いましたよ。なので、リアルなマノアミストの中を歩くこのトレイルも、きっとお肌にいいはず! そう思いながら歩いていました。

感情を落ち着かせ、気持ちのバランスをとれると言われているフラワーエッセンスは就寝前などに舌に数滴垂らすと効果的。そう、飲めるのです!

 メリアさんと一緒に歩いていると、彼女の視線やさりげない仕草から、マノアの森が育む植物や花に敬意を表しているのがよくわかりました。それはきっと、ハワイにはスピリチュアルな力「マナ」がすべてのものに宿っているという古来からの考えからでしょう。ところでメリアさんは、普段はハワイ島でフラワーエッセンスに使う花を摘んでいるそうですが、ハワイ島の花はとてもエネルギーが強く、そのような花からとったフラワーエッセンスは癒やし効果絶大。フラワーエッセンスのエネルギーを感じるにはリラックスして感覚を開くことが重要で、このマノア・バレーのような場所は最適なのだそうですよ。

これはフラワーエッセンスにも使われているワイルドアザレア。ラベンダー色の美しい花があちこちに咲いていました

雨がしっとりと森を湿らせて神秘的な雰囲気をかもしだしています。まさにレインフォレスト

 バニヤンの木の根のアーチがあったり、竹林があったりと変化に富んでいるトレイルの終点は、落差60mのマノアの滝。白い糸となって流れ落ちる滝をバックに記念写真を撮る人たちでいっぱいでした。どうやらここが映画「ジュラシック・ワールド」で、恐竜に追われて絶体絶命のピンチになった兄弟が飛び込んだ滝のシーンを撮影したと言われているらしいのですが真相やいかに? とにもかくにも、恐竜が出てきそうなジャングルの雰囲気を味わえるというのは間違いありません。

  

森の持つエネルギーをおすそ分けしてもらったような、素晴らしいトレイルでした

取材協力:
ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ
http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/hawaii/waikiki

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!