北アルプスを背に一面のソバの花 ジビエ料理を堪能 長野・中山高原

  • 文・写真 こだまゆき
  • 2018年9月14日

夏野菜たっぷりの前菜も楽しめる農園カフェ ラビットの『猪と夏野菜のカレー温泉卵添え』

長野市と大町市を結ぶ県道31号沿いに、春は菜の花、夏の終わりには真っ白のそばの花がじゅうたんを敷き詰めたように咲く中山高原があります。標高900メートルのこの場所は市街地と比べて涼しく、冬は雪に覆われる高涼地。晴れていれば鹿島槍ケ岳など3000メートル級の山々が一望できるダイナミックな山岳風景は「ここは外国?!」と思ってしまうほどです。

<写真をもっと見る>

毎年8月下旬から9月中旬は、真っ白なそばの花が咲き誇る大町市の中山高原

クローズアップするとこんなに可憐なそばの花

そんな中山高原にある「農園カフェ ラビット」は、私のお気に入りのお店。3年前のそばの花のシーズンに初めて訪れた際に立ち寄って以来のファンなのです。そばの花の開花が例年より早かった今年は、8月下旬に訪れることができました。

そば畑をのぞむ絶好の場所にあります

気取らず落ち着ける店内では、地元の特産品などの販売も

お店を切り盛りするのは、長野県が認定する信州ジビエマイスターでもある児玉信子さんです。農園で野菜を作り出してからまもなく、シカやイノシシなどに農作物を荒らされはじめたことがきっかけで数年前に狩猟免許を取得。くくりわなを取り付けて捕獲し、食肉としての処理まですべてご自身でこなします。

「命をいただく大事さが感じられるようになりました」と児玉さんは話します。

テラス席からは夏野菜やハーブを作っている農園がよく見えます

店内ではその日の早朝に収穫したみずみずしい野菜が売られていて、この日私もたくさん買い込んできちゃいました。カゴにどっさり入ったインゲンが“ひとつかみ200円”と、かなり大雑把に売られているものも。

朝採れの新鮮野菜。めずらしい形のズッキーニやつやつやのナス、種類の違うじゃがいもなどを購入

「ここは5月末まで霜が降りるんです。そして9月末にはまた霜が降りちゃう。だからこの4カ月の間にどれだけ夏野菜を作れるかが勝負なんです。夏の間は大忙しですが、収穫は本当に楽しいですね」(児玉さん)

手間ひまかけてたっぷりの愛情をこめて作られた夏野菜とジビエ料理を、この日は外のテーブル席でいただくことにしました。太陽の光をたっぷり浴びる農園と、その先に広がるそばの花のじゅうたんを眺めながら――。

「イノシシと夏野菜のカレー 温泉卵添え」にはステーキといってもいいくらいの大きさの肉がごろり

いただいた「イノシシと夏野菜のカレー 温泉卵添え」は、前菜とスープ、ライスが付いて1500円。イノシシ肉はフォークとナイフで切り分けないと食べられないほど大きくボリューム満点です。臭みはなく、ほどよい食感がスパイスの効いたカレーに絶妙にマッチしていました。肉をさばくところから手がけているので、どう調理したらおいしいか児玉さんにはわかるのでしょう。

デザートにそばの実をぱらぱらとかけたバニラアイス。食感が楽しい!

前菜に盛られたシシトウやトマト、キュウリ。冷製ポタージュになったズッキーニ。カレーに乗っていたナスやインゲンやカラーピーマン。それらの夏野菜が作られた農園の目の前で食べるという、ぜいたくなシチュエーション。

笑顔がすてきな店主の児玉信子さん

「若鶏のグリル定食」や「ナスのアラビアータ」など、ジビエ以外のメニューも用意されています。メニューはすべて日替わりなので、行ってからのお楽しみ。自家製ブレンドのコーヒーやアイスクリーム、各種ケーキなどもおすすめですよ。

ヤギのサクラちゃん。お子さま連れに大人気

「農園カフェ ラビット」は、毎年12月~3月の冬季は休業します。年内は11月いっぱいまで営業するとのことなので、山の恵みたっぷりの料理を堪能してみては?

この春から仲間入りしたという2匹の羊は、いつも一緒に行動しています

さて、中山高原のそばの花は写真愛好家に人気の被写体です。この日はそばの花が朝露にぬれる早朝に着いたのですが、私のほかにも数人がカメラを構えていました。このそばの花は管理している地元の菜の花農業生産組合によって7月下旬に種まきされたもの。これからだんだんと茶色っぽくなっていき、毎年10月に収穫となります。

大町市美麻新行地区。そば畑の横にある水車が目印です

「農園カフェ ラビット」から車で2、3分の美麻新行地区は、昔からそば処として知られています。中山高原で採れたそばは、この新行にある何軒かのおそば屋さんで食べることができるそうですよ。全国からそば好きが集まるという「新行そば祭り」は10月10日~20日に開催されます。

新行に数軒あるおそば屋さんのひとつ「美郷」

季節の天ぷらがついてくる「美郷」のざるそば。そば粉で作った“うすやき”や、自家製漬物がほっとするお味

★農園カフェ ラビット
長野県大町市大町8295-48(中山高原)
定休日:火曜日
営業時間:11:00~15:00
https://www.facebook.com/nouen.cafe.rabbit/
駐車場:あり(中山高原の駐車場を利用)
上信越自動車道の長野ICから約40km
長野自動車道の安曇野ICから約33km

<写真をもっと見る>

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

こだまゆき

こだまゆき

フリーライター。知らない土地での朝食がなによりも楽しみなフォト派のライター。iPhoneで撮るのも一眼レフで撮るのもどちらも好き。自由で気ままな女性ならではの目線で旅のレポートをお伝えしています。執筆業は旅関連の他、ガジェット、雑誌コラム、インタビューなど。趣味は顔ハメパネル。

今、あなたにオススメ

Pickup!