楽しいひとり温泉

温泉+湯巡り とろける馬刺しに温泉リレー 「熊本県・黒川温泉」

  • 文・写真 温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト 石井宏子
  • 2018年9月18日

湯小屋に入ると美しい竹林の露天風呂

ここは、どんな雰囲気かしら。温泉の入り口の扉を開ける時のワクワク感も湯巡りのだいご味です。どんな景色の露天風呂かなあとか、お湯の色はどんな感じかなあとか、温泉との出会いが楽しみです。ざぶんとつかり、「うーん。このお湯はとろとろする」などと感触を確かめたりして。温泉を満喫するのです。こうして、何カ所も温泉を巡るのは、とても楽しいものです。

熊本県南小国町・黒川温泉の中心部に建つ「ふもと旅館」は、なんと、宿の中だけで15も温泉があります。源泉が毎分193リットルと豊富なので、どの湯船も全部源泉かけ流し、男女別露天風呂、男女別内湯、宿泊者はいつでも無料で入れる貸し切り風呂が九つ、足湯、そして温泉蒸気を顔にあてて美顔器のように温泉浴をする顔湯まであって、宿の中だけでも温泉ざんまいなのです。

ほんのり紅茶色の温泉でぽかぽかと温まる

湯小屋の門を通って急な石段を登っていくと女性専用露天風呂の「うえん湯」に到着、竹林の緑が鮮やかで風情のある温泉です。泉質は単純温泉ですが、少し鉄分を含んでいて、ほんのり紅茶色の美しいお湯。山間の渓流沿いにあるので、爽やかな風が心地よくて、のんびり入っていると、気が付けば体の芯まであたたまってぽかぽかです。下には男性用の露天風呂「もみじの湯」があります。こちらは渓流に近くて、水音を聞きながら楽しめる温泉、夜は女性専用時間もあります。

広い露天風呂を独り占めするぜいたくな時間

九つある貸し切り風呂のひとつ「麓(ろく)の湯」。切り石風呂の野趣あふれる雰囲気です。5人くらいは入れそうな広さですが、空いていたら、もちろん、独り占めが可能。「は~~。幸せ。ここまで旅してきてよかった~」。ひとり温泉ならではのぜいたくな時間が過ごせます。

丸太につかまって入る名物の「たち湯」

巨大な内湯の「たち湯」は、一番人気の貸し切り風呂。奥に行くほど深くなっていて、なんと一番深いところは150センチ。足がつかないほど深いのです。さあ、一体どうやって入るかというと、真ん中にある丸太につかまって入ります。ふわふわ、ふわふわと、まるで宇宙遊泳。コリや疲れがすーっと温泉に消えていくようです。

うすにごりの温泉は山のミネラルたっぷり

小さな内湯「檜(ひのき)風呂」は、おひとり様にぴったりの貸し切り風呂。「なんだか、落ち着く~」。檜の香りにつつまれて、うすにごりのお湯につかり、とっても癒やされる温泉です。

女将が考案する料理は地元の旬の食材がたっぷり

「田舎のおばちゃん料理なのよ」と、女将(おかみ)の松崎久美子さん。「おいしいものをたっぷり用意しているからいっぱい食べてね」。料理は全部女将が考えた献立です。野菜や山菜の小さな料理が何品ものった前菜は、それもこれも、しみじみおいしいものばかり。おいしいものをちょっとずつ食べたい、おひとりさま心にささります。

熊本産霜降り馬刺しは、とろけるおいしさ

熊本・阿蘇は、お肉がおいしいところだけれど、この宿のお肉は、特にすごい。女将のおめがねにかなったものしか仕入れないという馬刺しは霜降りで、甘みとうまみたっぷり。口に入れた瞬間にとろけます。

地元小国名産のそばを使ったサラダ

地元小国そばのサラダ仕立ては、三杯酢でさっぱりと。もう、おなかいっぱいと思っているのに、すっと入ってしまいます。

肥後牛サーロインは名物の鍬焼きで

肥後牛サーロインは、宿オリジナルの鍬(くわ)焼きでいただきます。ジューシーな肉汁がはじけて、幸せになる逸品。元気をつけて、ぐっすり眠って、明日は外湯の湯巡りへ出かけます。

次の日は、入湯手形で湯巡りへ

翌日は「黒川温泉入湯手形」で、他の宿の温泉を巡ります。黒川温泉にある28軒の宿から3カ所選んで入ることができます。黒川温泉は、宿によって泉質や温泉の色や感触が違うのも楽しみ。露天風呂もそれぞれ雰囲気が異なるので「ここはどんなかな?」とテンションがあがります。3湯入った後は、地蔵堂に願掛けまいりをして奉納することができます。

■「楽しいひとり温泉」ポイント
1.マイペースで温泉ざんまい
2.宿の中に15も温泉がある
3.女将厳選の肉で元気をチャージ

ふもと旅館
http://www.fumotoryokan.com/

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

石井宏子(いしい・ひろこ)

いしいひろこ

温泉ビューティー研究家・トラベルジャーナリスト。日本・世界の温泉や大自然を旅して写真撮影・執筆をする旅行作家。テレビにも出演。温泉・自然・食で美しくなる旅を研究する。海外ブランドのマーケティング・広報の経験から温泉地の企画や研修もサポート。日本温泉気候物理医学会会員、日本温泉科学会会員、日本旅のペンクラブ会員、気候療法士(ドイツ)、温泉入浴指導員。著書「癒されてきれいになる おひとりさま温泉」(朝日新聞出版)「地球のチカラをチャージ! 海温泉 山温泉 花温泉 76」(マガジンハウス)ほか。新著「感動の温泉宿100」(文春新書)が10月に発売された。公式サイトhttp://www.onsenbeauty.com

今、あなたにオススメ

Pickup!