地中海、カリブ海、アラスカをクルーズ コスパ最高の世界一周[PR]

  • 2018年12月6日

ジュール・ヴェルヌが小説「八十日間世界一周」を発表してから約1世紀半。豪華客船を使った夢の旅行が2019年、身近なものになろうとしている。JTBがプレミアムクラスの外国客船「サン・プリンセス」をチャーターし、来年4月に日本を出発する98日間の世界一周クルーズを実施する。20カ国・31の港に停泊し、208万円からの旅行代金というコストパフォーマンスが大きな魅力だ。

サン・プリンセス

王道コースで巡る31の寄港地の見どころは?

今回の世界一周クルーズで巡るコースは、人気の寄港地をぎゅっと詰め込んでいる。特に地中海、カリブ海、アラスカは、単独のクルーズ旅行としても定番の人気を誇っており、それら「世界3大海域」を日本から出発して一度に回ることができるのは、世界一周ならではの“いい所取り”だ。

地中海の旅のハイライトは、水の都ベネチア(イタリア)への入港時に、ジュデッカ運河から街並みを見下ろす圧巻の風景。この運河、約9万6千トン以上の大型船は通行できない。7万7千トンのサン・プリンセスだからこそ味わえる経験だ。ベネチアには1泊停泊するため、世界遺産のサン・マルコ広場やドゥカーレ宮殿などでの観光もゆっくりと楽しめる。

ベネチアの風景を船上から見渡すことができる

断崖絶壁の上に広がる白壁の家並みが美しいサントリーニ島(ギリシャ)、「アドリア海の真珠」と呼ばれるドブロブニク(クロアチア)、数々の世界遺産が立ち並ぶバルセロナ(スペイン)など、5月にかけて人気の観光地を訪れていく。

サントリーニ島

カリブ海では、滝登りやドルフィンスイムなどのアウトドア体験ができるオーチョ・リオス(ジャマイカ)、世界遺産のカラフルな街並みで知られるキュラソー島(オランダ領)に寄港する。透明度の高い海もリゾート気分を高めてくれるだろう。

キュラソー島の街並み

夏にしかできないアラスカの船旅では、ダイナミックな氷河を目の当たりにできるハバード・グレーシャー、アザラシやラッコに遭遇することもあるカレッジフィヨルドを船上から眺め、地球の四季を感じながらクルーズも終盤を迎える。

アラスカでは氷河を見ることも

スエズ運河とパナマ運河の両方を航行するのも、このクルーズの魅力だ。ほかにも、ハリウッドセレブのリゾート地でもあるカボ・サン・ルーカス(メキシコ)、氷河など多様性に富んだ自然が魅力のレイキャビク(アイスランド)など、めったに行く機会がない場所に行けるのも、この旅のポイントと言えるだろう。

パナマ運河を通るサン・プリンセス

日本人向けの細やかな気配りやサービスも

JTBのチャータークルーズは、バルコニー付きの客室であればこれまで通常500万円前後の旅行代金だったのが、約6~7割に料金を抑えた。日本発着クルーズを始めた2013年から、延べ20万人以上の乗船実績を持つ米国のプリンセス・クルーズ社の客船を使用。手ごろな旅行代金と、日本人向けにカスタマイズされた質の高いサービスを両立させた。

「サン・プリンセス」は全長261メートル、7万7441トンの中型客船で、乗船定員は2000人。優雅でゆったりとした雰囲気の船内には、プールデッキに備えられた大型液晶スクリーンやシアター、スパ、フィットネスなどの設備がそろう。本格的なコースを提供するメインダイニングや、5時から23時まで営業のビュッフェレストランなどは基本的に無料で利用できるなど、食事面も充実している。

  

さらに今回のクルーズでは特別に、約50人の日本語スタッフが乗船し、和定食や、日替わりの麺類を楽しめる。別途料金を支払えば、寿司(すし)レストランで居酒屋仕様のメニューも楽しめる。船内新聞、船内放送、レストランのメニューなども日本語で案内。客室には、湯沸かし器と日本茶のセットを常備し、ベッドの下の収納ボックスを特設するなど、細やかな気配りも加えられている。

発着地は、横浜、名古屋、神戸の3港から選べる。約100日分の荷物も、事前に宅配で送れば、運ぶのに苦労せずに済む。

全国13カ所で説明会を実施

日本に約50人のクルーズマスターの一人でもあるJTB営業部長の齋藤和宏さんは「コストパフォーマンス最高の世界一周クルーズを世の中に生み出したかった。最高級ではないが高品質でありながらお手ごろな旅行代金で世界一周ができる」と語る。

JTB営業部長 齋藤和宏さん

予約は順調で、スイートなどの客室は既に満室となっている。乗船客の年齢は60代以上が中心だが、20代や30代も通常より多く、齋藤さんも驚いているという。18~54日間の区間乗船パッケージツアーの申し込みも11月末から始まった。

年末年始にかけて、北は札幌、南は長崎まで全国20カ所で説明会を開催。「旅の始まりは出発日ではないです。旅を申込んだ瞬間から旅へのワクワク感がスタートします。まずは全国の説明会にお越しください」と齋藤さん。さすがに世界一周旅行をすぐ決断するのは難しいので、説明会に参加していろいろと質問をぶつけてみるのも良いかもしれない。

2019年サン・プリンセス 世界一周チャータークルーズ
http://www.jtb.co.jp/cruise/sunprincessworldcruise2019

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!