楽しいひとり温泉

温泉+月見 月をめでる仕掛けがたっぷり かみのやま温泉・名月荘

  • 文・写真 温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト 石井宏子
  • 2019年1月29日

蔵王石をくりぬいた圧巻の貸し切り風呂

最近、話題に上るスーパームーン。通常の満月よりも大きく見えて迫力がありますよね。ちょうど日没の暗くなるころに月の出が重なると、地平線の近くに黄金色の大きな月が昇る姿を眺めることができて感動もひとしおです。

山から昇る月をめでる温泉宿「名月荘」には、様々な場所から蔵王連峰の稜線(りょうせん)と月を楽しむことができる仕掛けがあります。

たとえば、貸し切り風呂。大きな蔵王石をくりぬいた巨石風呂が湯小屋にすっぽりと収まった迫力の温泉です。壁のスリットを開ければ、温泉の中から蔵王連峰や月を眺める至福の絶景。ものすごく温まり、ポカポカになれる温泉です。

ロビーからも蔵王連峰の絶景が望める

渡り廊下の途中には、大きな月見台もしつらえてあります。館内のロビーからも、山の稜線が一望できます。名月荘は、館内にうれしい仕掛けがたくさんあるので、温泉に行くついでにぷらぷらと館内散策するのが楽しいのです。

セラーには地元のワインや日本酒が並ぶ

山形のおいしいものや、ちょっと手元に置いておきたくなる雑貨などがそろう充実の売店をのぞいたら、その横にある扉の中へ。ここはワインセラーになっているのですが、山形のワインや地酒の日本酒がずらりと並んでいます。

どんな味わいかとか、どんな作り手かなど説明のカードが添えられているので、「今夜の夕食には、どれを飲もうかな」と、じっくり選んでリクエストをすることができる仕組みです。ワインも銘柄によっては、食事の時間に合わせて事前にデキャンタージュしておいしい状態にしておいてくれます。

ヒバの香りに癒やされる大浴場

男女別大浴場の内湯は、壁や湯船の縁は青森ヒバ、湯船の中や洗い場は御影石(みかげいし)とぜいたくな造り。低めに切り取られた窓から見える庭の風景に心癒やされます。泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉でpH8.2の弱アルカリ性。肌に寄り添うような優しい感触で、しっとりと潤います。

湯上がり処では玉こんにゃくのふるまい

温泉から出ると待っていたのは、山形名物玉こんにゃく。「これなら、おやつにいただいてもヘルシーよね」と、安心してパクリ。

コーヒーやおやつも楽しめる共有スペース

図書室で本を選んで、コーヒーブレーク。館内だけでも楽しいのですが、さらに、広い敷地の庭へ出れば、ゆったりしたソファでくつろげる談話室やお蔵のギャラリー、立湯ができる貸し切り風呂、森の中のヨガルーム、ボディートリートメントサロンなど、部屋にいる暇がないほどです。

部屋ごとに異なる仕掛けがゲストを楽しませる

部屋の中もすごく楽しい。名月荘にリピーターが多いのは、実は部屋にも秘密があります。離れスタイルの部屋が21室あり、それぞれ趣が異なります。しかも、ほぼ1年に1室のサイクルで部屋をリニューアル。今回はどこが変わったのかしら、と、また泊まりに来たくなってしまうのです。

2017年3月にリニューアルした「裄(ゆき)」は、専用の庭へと続くテラスが特徴。

美しい和室の隣にはくつろげるダイニング

部屋には和室の隣に専用のダイニングがあり、畳でごろ寝もできるし、椅子とテーブルで食事をしたり、自宅のリビングのようにお茶菓子を食べながらテレビを見たりと、旅館の中に現代の日本の家のライフスタイルが合体しているような造り。すてきな温泉宿にいるけれど、でも気取らずにくつろげる、そんな独特の空間がゲストの心をつかんでいるのです。

ズワイガニを土佐酢のジュレで味わう

庄内の海の幸や地元の山菜やきのこ、果物や野菜、山形牛とおいしいもの王国山形を満喫する料理を、部屋のダイニングでのんびり味わうのは、ひとり温泉のごほうび。この日は、庄内トラフグの湯引きや、山形牛ステーキ、ズワイガニの土佐酢かけなどを、山形の白ワインと合わせて楽しみました。

おいしいフィナーレは名月荘地鶏うどん

「もう、おなかがいっぱい」と、ギブアップしかけた頃に、満を持して登場するのは、名月荘地鶏うどん。「案外つるつると、入ってしまいますよ」と、にこやかにスタッフさんが目の前でこしらえてくれます。「ほんとだ」。地鶏のだしもおいしくて、セリのシャキシャキした風味やスダチの爽やかさも、いいアクセント。太い平麺がつるんつるんで、なんと、まあ、おいしいことか。ほんとうに、つるつると入ってしまいました。

■「楽しいひとり温泉」ポイント
1.館内散策が楽しい
2.貸し切り風呂からの絶景
3.部屋のダイニングでくつろげる

山形県・かみのやま温泉 名月荘
https://www.meigetsuso.co.jp/
*本館のひとり宿泊は電話で問い合わせ。(+1万5000円)

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

石井宏子(いしい・ひろこ)

いしいひろこ

温泉ビューティー研究家・トラベルジャーナリスト。日本・世界の温泉や大自然を旅して写真撮影・執筆をする旅行作家。テレビにも出演。温泉・自然・食で美しくなる旅を研究する。海外ブランドのマーケティング・広報の経験から温泉地の企画や研修もサポート。日本温泉気候物理医学会会員、日本温泉科学会会員、日本旅のペンクラブ会員、気候療法士(ドイツ)、温泉入浴指導員。著書「癒されてきれいになる おひとりさま温泉」(朝日新聞出版)「地球のチカラをチャージ! 海温泉 山温泉 花温泉 76」(マガジンハウス)ほか。新著「感動の温泉宿100」(文春新書)が10月に発売された。公式サイトhttp://www.onsenbeauty.com

今、あなたにオススメ

Pickup!