クルーズへの招待状

ついに完成した客船「セレブリティ・エッジ」、バハマ沖“魔法のじゅうたん”で飲むビールは格別

  • 文・上田寿美子
  • 2019年2月5日

バハマ沖の「セレブリティ・エッジ」(写真=全て上田英夫)

昨年9月、本連載で造船の模様を紹介した客船「セレブリティ・エッジ」がついに完成しました。そこで、アメリカ・フロリダ州フォート・ローダーデール発着の2泊3日の披露クルーズと、3泊4日のバハマクルーズに乗船し、できたばかりの最新鋭の客船を体験してきました。

まるで魔法?! 浮桟橋が絶景バーやロマンチックなレストランに

この船で最も話題を集めたものが、船の右舷側に取り付けられた上下に移動するエレベーター式の施設「マジックカーペット」(魔法のじゅうたん)です。まず、最初の写真をご覧ください。これは、バハマ沖に浮かぶセレブリティ・エッジをテンダーボート(上陸艇)から撮影したものです。この時マジックカーペットは、デッキ2(2階)まで下りてきて、大型客船からテンダーボートに乗り移るための浮桟橋の役目を果たしてくれました。

デッキ16まで上昇し“空飛ぶじゅうたん”のようなバーに変身

午後になるとマジックカーペットはセレブリティ・エッジの最上階・デッキ16まで上がり、オーシャンバーになりました。9月に取材した時を振り返れば、ここから見えたのは、建造中の船や駐車場でした。しかし、今回のバハマ沖のクルーズでは、空中に張り出したマジックカーペットから目の覚めるような紺碧(こんぺき)の海を見ることができ、バーで味わうビールが格別なものになりました。

夜はオープンエアのテラスレストランになった「マジックカーペット」

その夜マジックカーペットは、デッキ5に移動し、その階にある海鮮料理とすしのレストラン「ローオンファイブ」の屋外テラス席に早変わり。漆黒の海に浮かぶオープンエアのマジックカーペットにはイルミネーションがともり、一層ロマンチックな雰囲気となりました。ロブスター、生ガキ、スモークサーモンそして巻きずしなどに舌鼓を打ちながら夜の海で“魔法のじゅうたんに乗る”のは幻想的でもありました。

洋上の楽園「エデン」、マティーニグラス形のジャグジーも

秘密めいた洋上のパラダイス「エデン」

箱を開けると煙の出る不思議なカクテル

エデン近辺で突如始まる「エデニスト」たちのパフォーマンス

ユニークな新施設「エデン」も完成しました。ここは、旧約聖書・創世記に登場するアダムとイブが住んでいた楽園をデザインテーマにした3層構造のスペースで、一番下がレストラン、2階部分がバーのある広場、3階部分はラウンジとなっています。エデンバーではふたを開けると煙が出てくる玉手箱のようなカクテル「Veldt」(南アフリカの草原地帯)、大きなパイプ状ガラスの器で一度に4人分を作るカクテル「Village」(村)など、自然を意識しためずらしい演出のカクテルなどを楽しめます。うっそうと植物が茂るエデンとその近辺には、突如「エデニスト」と呼ばれるパフォーマーが現れ、舞踊、アクロバット、楽器演奏などを始めるサプライズもあり、“洋上の楽園”は摩訶(まか)不思議な魅力を放つのでした。

草花を植えた屋上庭園ルーフトップガーデン

X形の煙突の下にあるルーフトップガーデンは、たくさんの草花を植え、大型スクリーンをはめ込んだ、野外劇場のような出来栄えとなりました。太陽の下でバスケットボール、アメリカンフットボールなどのスポーツ中継を見ることもできます。

マティーニグラス形ジャグジーも夜はライトアップ

デッキ15はプールのあるリゾートデッキ。一画には、マティーニグラス形のジャグジーも出来上がっていました。入り口は、デッキ16にあり、絶景を眺めながらジャグジーにつかれば心も体もリラックス。夜になると“マティーニグラス”もライトアップされ、プールエリアは大人のムードになっていきました。

バハマ、一番の魅力は美しい海!

ピンク色が印象的なバハマの国会議事堂

ところで、今回唯一の訪問地となったニュープロビデンス島にあるバハマの首都ナッソーの港には、世界の客船がやってきます。2018年、ナッソー港は客船を約1110回、乗船客300万人超を迎え入れたというクルーズで人気の港です。英国統治下時代の雰囲気が残るベイストリート。ピンク色の国会議事堂など、カラフルでかわいらしい町並みは散策するだけでもエキゾチック。さらに、イルカと触れ合うブルーラグーン島ツアーなど、上陸オプショナルツアーも多彩です。しかし、一番の魅力は美しい海。ナッソー港停泊中に船のレストランの窓側のテーブルで食事をしていると突如1頭のイルカがジャンプする姿が目に飛び込み、初めて来た時と変わらぬ青い海に感激しました。

目が覚めるほど青いバハマの海

現在セレブリティ・エッジは、主にフロリダ州フォート・ローダーデール発着のカリブ海クルーズを行っています。そして、夏にはヨーロッパに移動し地中海クルーズを開始する予定です。ぜひ、世界最新鋭の客船に乗りマジックカーペットからカリブ海や地中海の絶景をお楽しみください。

■このクルーズの問い合わせ先
http://www.celebritycruises.jp

[PR]

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

PROFILE

上田寿美子(うえだ・すみこ)

sumiko ueda

クルーズライター、クルーズジャーナリスト。日本旅行作家協会会員、日本外国特派員協会会員。クルーズ旅行の楽しさを伝え続けて30年。外国客船の命名式に日本を代表するジャーナリストとして招かれるなど、世界的に活動するクルーズライター。旅行会社等のクルーズ講演も行う。著書に「豪華客船はお気に召すまま」(情報センター出版局)、「世界のロマンチッククルーズ」(弘済出版社)、「ゼロからわかる豪華客船で行くクルーズの旅」(産業編集センター)、「上田寿美子のクルーズ!万才」(クルーズトラベラーカンパニー)など。2013年からクルーズ・オブ・ザ・イヤー選考委員。

今、あなたにオススメ

Pickup!