アートなかまくらでの夕食、かんじきトレッキングも 豪雪地・秋山郷の「かたくりの宿」

写真

日本有数の、いや世界的に見ても有数の豪雪地帯と言われる越後の秘境・秋山郷。四季折々で日本の田舎の原風景が楽しめる場所です。そんな秋山郷の入り口、結東集落にある「かたくりの宿」は、廃校となった小学校に温泉を引いて改装した宿泊施設。3年に1度の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」ではプールにアート作品が置かれました。春から秋までの期間限定の宿でしたが、今シーズンから金、土限定で冬季営業をスタート。アートなかまくらの中でのディナーや雪上トレッキングなどが用意された豪雪地帯ならではのプログラムとなっています。ここではまつだい「農舞台」で始まったアートブックのイベントや越後妻有里山現代美術館[キナーレ]での催しなども写真でご紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    [PR]