早春の京都を味わい尽くす、非公開文化財特別公開と世界遺産朝イチ拝観

写真

すがすがしい新緑に、真夏の川床、燃える大文字送り火、そして秋の紅葉と、四季折々の表情を見せる京都。では冬の魅力は何かと言いますと……雪化粧をまとった神社仏閣はもちろんですが、比較的閑散期にあたるこの時期だけに許された特別な体験かもしれません。

そのひとつが、実に53回目となる京都市観光協会などによる企画「京の冬の旅」での、非公開文化財特別公開。この冬は「京都にみる日本の絵画〜近代から現代〜」をテーマに建仁寺塔頭(たっちゅう)寺院や転法輪寺といった名刹(めいさつ)で秘仏・秘宝を拝観することができるそうです。

またJRのCMコピーでおなじみの「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンでは「春はあけぼの 京都の世界遺産いちばん乗りツアー」と題し、人気スポットへ一般拝観時間の前に入場し、存分に撮影が楽しめるレア体験が用意されているとか。

それは是非とも味わいたい!というわけでミニくまちゃんは一路冬の京都へ。もちろんグルメも気になるところ。はてさて、どんな道中になりますやら。

※一部寺院では特別に許可を得て撮影しています
(文・写真 熊山准)

●春はあけぼの 世界遺産いちばん乗りツアー
http://souda-kyoto.jp/travelplan/akebono_sp/index.html

●京の冬の旅
https://www.kyokanko.or.jp/huyu2018/

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    [PR]