観光列車「ラ・マル せとうち」に乗って、直島へ ちょっと特別な春旅

写真

 3年に1度の瀬戸内国際芸術祭が人気で、今では世界中から観光客が訪れるアートの島、直島。今回は直島への海の玄関口、宇野港まで観光列車「ラ・マル せとうち」に乗って、ちょっと特別な列車の旅をしてきました。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    こだまゆき

    フリーライター。知らない土地での朝食がなによりも楽しみなフォト派のライター。iPhoneで撮るのも一眼レフで撮るのもどちらも好き。自由で気ままな女性ならではの目線で旅のレポートをお伝えしています。執筆業は旅関連の他、ガジェット、雑誌コラム、インタビューなど。趣味は顔ハメパネル。

    [PR]