鎌倉の風に吹かれて

芥川賞作家の大道珠貴さんが、住んでいる鎌倉を舞台にした旅情や人間模様を描く、各回読み切り短編小説です。

文: 大道珠貴