1日1旅

スペイン・セゴビア

2018年3月19日

20180319

子豚の丸焼きなんて、絵本の中でしか見たことなかった。コチニージョ・アサードと呼ばれるこの料理はセゴビアの郷土料理。外はパリッと、中はふっくらとしてとてもおいしい。料理される子豚には厳しい基準があり、特定の母豚から生まれた、生後3週間以内・5キロ以下の子豚なのだと言う。この世に生まれてすぐに食される子豚を思うと、大切に食べなくては、と実感する。食べるということは、命をいただく、ということなのだ。

PROFILE

かさい・ありさ

葛西亜理沙(かさい・ありさ)

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

http://www.arisakasai.com/

[PR]